ちょっと変わった誕生日プレゼント


ずっと欲しい欲しいと思ってはいたんですよ。
そして、ついに購入したのが2月1日。

年パス、ただし上野

そしたら家族が800円ずつ出し合って、誕生日プレゼントにしてくれました。
ヤツラにしてみりゃ、プレゼント用に私の好みの酒を探したり買ったりすれば、
どうしたって時間と金の両方を使うことになってしまいますからね。
内容の濃い、いいプレゼントだと単純に喜んでいます。

不思議なもんで、年パスがあると思うと園内の回り方が変わります。
がっついてあっちもこっちも回るということがなくなりました。
その日の気分で、見たいものだけ見るというスタイルですね。
私は、パンダ舎はほぼスルーです。
ちっちゃい動物もあまり好きではありません。
好きなのは、猛禽類と爬虫類・両生類。
別格で、ハシビロコウでしょうか。

ヨコビロコウ

横にデデンとしていて、これはヨコビロコウ。

シリビロコウ

こちらに尻を向けているので、こいつはシリビロコウ。

上野動物園には5羽の個体がいるそうですが、区別できるようになるかもしれません。
上野御徒町エリアは昼飲みのパラダイスでもありますので、園内の動物だけではなく、
アメ横近辺で野生の人間の生態観察をするのもまた学術的な意義の大きいことです。
休日は、できる限りアチラ方面に足を運びたいと思うオッサンです。
2017 / 03 / 09 ( Thu ) 14:08:44 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
節分が年々残念になっていく気がする


恵方巻きなんて習慣は知らん、そう言い始めてもう15年経ちますか。
つまり、例のコンビニが恵方巻き商戦を仕掛けて15年ぐらいですね。
購買層も海苔巻きにばかり流れて、打豆やイワシは今ひとつです。
スーパーでは柊の葉も見かけましたが、売れ残りも見られました。
節分の本義である【追儺】が軽視されるのは、残念でなりません。
「節分そば」という言葉も聞きますが、私はまったく知りません。
知らないというのは、我が家にはそういう習慣はなかったということです。
この手の行事は家庭家庭でやり方があるもので、少なくとも私の両親は、
節分だからと蕎麦を食べることはただの一度もありませんでした。
柊、イワシ、豆まき、それが我が家の節分の全てだったのです。
父も母も、昨今の節分を見てあの世で苦笑いしていることでしょう。

節分の次の日は、立春です。
暦の上では春なのに…という寒がりさんも、多くおいでのことでしょう。
ですが、立春を迎えれば春になった、という安直なものではありません。
「春が立つ」とは、「寒さが底を過ぎ、暖かくなり始める」程度のことです。
本格的に暖かくなるまでには、まだまだ日数を要します。
暑さ寒さも彼岸まで、あとひと月半ぐらいは辛抱するとしましょう。

近所にある成願寺の門の前には、紅白の枝垂れ梅が一対あります。
成願寺の梅 
画像は、今月一日の宵に梅と月と金星を無理やり収めたものです。
この梅が咲き始めることは、私の身に変化が起きる予兆になっています。
すなわち、花粉が飛散し始めるぞというサインなのです。
春の到来はありがたくもあり鬱陶しくもある、そんな個人事情です。

節分のあり方が変わっていくことを考えると、やや複雑な思いです。
ですが、そういう時代に生きているのだと思うしかありません。
クリスマスの次に嫌いな行事も、すぐそこに迫っています。
しばらくの間は、酒を相手に伝統行事の何たるかを考えてみます。

<鬼も来よ 春立つ宵の ひとり酒 義衛>
2017 / 02 / 05 ( Sun ) 12:56:13 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
生まれて初めて福袋的な物を買ったという、ね


<年玉や 水引かけて 山の芋 村上鬼城>

里の芋に対して山の芋、つまり山芋です。
自然薯などは言わずもがな、大和芋あたりもだいぶ高価になりました。
山芋がお年玉なら、貰う方は大歓迎といったところでしょう。

さて私、本日、人生初の福袋(的なモノ)を購入してしまいました。

<続きはこちらから>
2017 / 01 / 02 ( Mon ) 15:26:14 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム | 次ページ