モスクワオリンピックの裏で…


自分のブログの記事を他人の要請で更新するのは初めてです。
先日フラッシュ画像をあれやこれやと物色しているときに
不意に出くわしたのがこれからご紹介する一本です。
他人というのは次男の遊のことで、彼の強い要望でUPします。
前回UPしたクリップが気に入っていたので、しばらくの間は
あれを一番上においておきたかったんですけどねぇ…。(苦笑)

これを見て「あっ!」と感じる方は、相当の通ですよ。
では、続きで…。 <続きはこちらから>
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 21:54:02 | 掘り出し画像 | TrackBack(0) | Comment(10) | トップ↑
鶏とワカメのスープ


鶏ワカメスープ  鶏とワカメだけで、「ええぇっ!」と思う味になる。
 単純といえば単純極まりないスープだが、
 単純なものほどゴマカシが利かないものだ。
 ゴマカシというのは調味などのことではない。
 調理の過程での手抜きを、ゴマカシと言う。
 家庭料理の陥りやすい罠も、まさにそこにある。 
鶏とワカメしか入っていないのだから、素材が良ければ美味しくなるだろうというのは違う。
美味しくするためには、欠かすことのできない大切なプロセスがある。

そのプロセスとは…
<続きはこちらから>
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 22:22:55 | 韓国料理 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
フェロモン


pub_danier_leather.jpg


休日のひと時、こんな大人のクリップはいかがでしょう。
皮革専門店のコマーシャルクリップのようなのですが、
セット・音楽・俳優・プロット、いずれも高品質ですよ。
画像クリックで、再生が始まります。

それにしても、フェロモン垂れ流しの彼女は何者?
2006 / 01 / 29 ( Sun ) 18:28:13 | 掘り出し画像 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
新しいブログ


たった今、作業を終了しました。

過去のFC2のログをぜ~んぶここにまとめてしまいました。
そして、その空いたスペースに新しいブログを立てました。

「マルシェの台所から」というタイトルで、あたしが店で作る料理を、
料理人の視点からご紹介していこうという試みです。
左側のリンク欄に同タイトルがありますので、そこから飛んでください。
ちなみに、コレです。
http://shinzahyper.blog20.fc2.com/

材料や調味料の分量などを細かく記すことはしません。
それよりも、何が料理のポイントになるのかを書いています。
料理を職業とする人間が、どんなことを考えながら料理をするのか、
そこいらをお伝えできれば面白いのではないかと思っています。

どなた様も、ここ同様にご贔屓くださいまし。
2006 / 01 / 27 ( Fri ) 23:24:28 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
牡蠣の辛味炒め


さて本日より、マルシェの台所をお届けしようと思う。
どんな素材をどのように調理するのか、現場の生の声が伝われば幸いだ。
ご家庭で真似できるものもあるし、そうでないものもある。
材料や調味料の分量はあえて記さないが、ご希望があればお教えする。
あたしはレシピを隠すのが、そしてレシピを明かさない料理人が大嫌いなのだ。
同じレシピで作っても、条件によって味は変わってくる。
どんな条件下でも同じ味を出せるのがプロ、秘密を多く持つのがプロなのではない。

第一弾は本日のランチメニュー。

<続きはこちらから>
2006 / 01 / 27 ( Fri ) 23:10:28 | 中国料理-四川 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
芝居ではなく、人間を観る


歌舞伎座の前にこんな看板が置かれています。
大看板

中村鴈冶郎改め坂田藤十郎、昭和6年生まれです。
http://www.actors.or.jp/meikan/members/actors/a0248_tojyuro.html

上方和事(かみがたわごと)と呼ばれる特有のはんなりした雰囲気の芝居、
それを江戸時代に確立させたのが坂田藤十郎です。
新・藤十郎は、あえて上方和事の原点に立ち返るつもりなのでしょう。

それだけではありません。

<続きはこちらから>
2006 / 01 / 24 ( Tue ) 19:04:03 | 歌舞伎 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
歌舞伎座に身を置く日


封印していた過去ログを、先ほど解き放ちました。
このところ本来の自分を見失っていたような部分もありました。
自分の履歴を包み隠すことなく、正面から対峙したいと思います。

さて今日は貴重な平日休み。
久しぶりに歌舞伎座へ行ってこようと思っています。
一昨年の「新之助→海老蔵」、昨年の「勘九郎→勘三郎」と大きな名前の
襲名が続いた歌舞伎界ですが、今月は「鴈冶郎→藤十郎」というこれまた大きな襲名。
詳細はこちらをどうぞ。
http://www.shochiku.co.jp/play/tojyuro/index.html
扇千景さんのご主人、中村玉緒さんの実のお兄さん、ですね。
「坂田藤十郎」という名前の持つ意味は上記のURL内で説明されています。

歌舞伎座のあの古めかしい空間に自分の身を置くのが好きです。
三味線や太鼓の音も、長唄や義太夫も、日本人のDNAに響きます。
自分の体に正真正銘の日本人の血が流れていることを感じて、
心臓がいつもよりもちょっとだけ速く強く打つ、あの瞬間が好きです。

実は今月は行かれないのではないかと思い、諦めかけていました。
実際に、チケットの予約もまったくしておりませんでした。
ですが幸い時間が取れてチケットも取れたので、急遽乗り込みます。
漏れ聞くところによると相当気合の入った舞台だとか。
きっと、熱いレポートをお届けできることでしょう。

こんなことをしつつ、ゆっくりでもいいから本来の自分に戻りたいものです。

2006 / 01 / 23 ( Mon ) 11:56:09 | 歌舞伎 | TrackBack(1) | Comment(3) | トップ↑
北海道の百人一首


百人一首カミさんの両親は北海道の出です。
母方の爺さん手作りという百人一首が出てきました。
右の列の読み札は買ったもののようです。
左の木の札が取り札でこれが手書き。
砂糖か何かの箱ですが、ふたの裏書には
昭和六年六月吉日と書かれていますね。
義母が生まれるよりも前の話で、
佐藤秀太郎というのは爺さんの名前です。

さて、北海道の方はご存知でしょうが…

<続きはこちらから>
2006 / 01 / 19 ( Thu ) 18:44:53 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(11) | トップ↑
インフルエンザ


長男の席の周りの子が全滅だというのは、つい昨日聞いた話。
「お前もインフル確定だな!」などと励ましてやりました。
それが今朝になって、ホントに熱が出ちゃったんですよ。
昨晩飲み過ぎて早々に沈没したあたしは、今朝06:30ぐらいから
活動し始めていたんですけど、長男が起きてきて一言、
「父ちゃん、ざむ゛い゛~~~っ゛!
その時点で、熱は38.7度ありました。
そりゃ寒いわ。

で…
<続きはこちらから>
2006 / 01 / 17 ( Tue ) 22:08:37 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
ちょっと嬉しかったこと~志ん輔師匠のこと


昨年末、自宅のごく近くで古今亭志ん輔師匠を拝見しました。
「師匠、このあたりにお住まいなんですか?」とお尋ねしたら、
「はい、そうなんですよ。」なんてな話になりまして、でも
そのときは平凡なご挨拶だけでお別れしました。

ところが、その後、大変なことになっちまったんです。

<続きはこちらから>
2006 / 01 / 15 ( Sun ) 22:03:32 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
一応の終結。


昨夜みゅうさんから来たメールに、「自分がやった。ごめんなさい。」と書かれていました。
まず、言ってくれて「ありがとう」とお礼を申し上げます。
あやさんとのっこさんに、メールがあった旨を連絡したところ、
「ではこれで終わりにしましょう。」というお返事を頂戴しました。
そんなわけで、今回の件については終わりと言えば終わりです。
ですが、あたしはあたしで感じたことがありますので、それを
正直に率直に綴っておきたいと思い今回の記事をUPする次第です。

相当長い文章になりますので、続きに書きます。



<続きはこちらから>
2006 / 01 / 13 ( Fri ) 23:16:58 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
みなさ~ん!


大変長らくご無沙汰いたしました。
皆様には、ご健勝でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

さて、あたしこと新三でございますが、このような形で
新しいブログに挑む運びと相成りました。
前のはちょっと使いにくい部分もあったので、似ていて
なおかつ使い勝手のいいものを探しておりました。
このサーバーもこのテンプレも、なかなかよさそうです。
え?前のに似てる?タイトルまで似てる?
おお!よく覚えておいででした、そこのあなた。
記憶力抜群、ノーベル賞不確実です。

中傷だの嫌がらせだのでいちいち止めてたら、
ブログの運営なんかしちゃあいられませんや。
かかってきたいヤツは、いくらでもかかって来いってんだ。

せっかくなので、過去のブログを集めておきました。
遡って読んでいると、「おぉ!」なんて名前も出てきて
それはそれは懐かしい気分に浸れます。
それから、以前のブログでリンクさせていただいていた方、
初期状態として勝手にリンクを置かせていただいております。
こういう勝手なヤツですので、もしご迷惑ならお申し出ください。
滞りなくリンクを外します。

さ、気分一新、妊婦は妊娠、清原三振、ああ安心と。

あ、そうだそうだ。
バイクのブログ、一時的にここに統合してみます。
最近あまりバイクに乗れないので、みんな一緒くたにします。
あのテンプレ気に入ってたんですけど、機能優先てことで。
過去ログには、あれも置いておきますので。

では皆様、改めてよろしくお願い申し上げます。
おっ、いぇい!

2006 / 01 / 12 ( Thu ) 19:57:09 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(13) | トップ↑
このブログの最後に


皆様こんばんは。
ご機嫌よろしゅうございます。

前の記事の最後の修正から半日余。
みゅうさんからの回答をここに頂戴することは
結局のところ叶いませんでした。
メールは頂戴しましたのでパソコンは使っておいでと
勝手ながら想像しているところです。
それでいて回答を頂戴できなかったのは、その意思がない、
そういうことだとこれも勝手に判断させていただきます。
やはりGuiltyと、ダメ押しをしておきましょう。
面白いことに、今日の日中「例のIP」を含む内容のものが
どこからかあたしのパソコンに2件届いております。
今後の暇つぶしに、そして乗りかかった船として、
いずれそれらを追いかけてみたいと思っております。

「このブログは閉じる」、そう書きました。
ですがこれは、あたしが中傷に屈するということではありません。
また、HPを止めてしまうということでもありません。
皆様にはいつものようにトップページ~メニューページとお進みいただいて、
コラムなりゲームなりお気に入りのページへお越しください。
さらに、本日の夜半になれば、新しいページにもご案内できるはずです。
皆様にはぜひそちらもご覧いただきたいと思っております。

ブログを始めて二年余り、このサーバーにして半年。
長いことお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
リンクさせていただいている皆様にお願いがあります。
リンクの撤去は、「新しいページ」をご覧になってからにしてください。
ご覧になれば、その理由がお分かりいただけると思います。
これまでのお付き合い、新三、心より感謝いたしております。

さ、キリがないのでこの辺でキーボードから離れましょう。
では、またすぐに後ほどいずれ、うふふ。

あ、また忘れるところでした。
この記事には、コメントできません。
では皆様、笑顔でさようなら。

2006 / 01 / 12 ( Thu ) 19:09:15 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
さて、とぉ…。


果てしないスクロール、ご勘弁を。

連日不穏な記事で、お目障りなことと存じます。
ですが、ブログ運営者の端くれとして、再度UPいたします。
まずは、こちらをご覧ください。
http://miyu141.blog20.fc2.com/
明日の朝になったら消えていることでしょうけれど…。

追記:やっぱり消えてました。0時に消すという予告どおりでした。
1月12日 06:54

このブログの管理人であるあった「みゅうさん」という方、この方が
今回の「あや姫中傷カキコ」の張本人だとあたしは思っています。
彼女に直接物申そうと思ったのですが、投稿拒否されました。
しかも、現在(23:37)はコメント不可になっているようです。
あたしがここで高らかに発表するからには、確固たる理由があります。
それは必要に応じて公開していく所存です。
そして、こうして「みゅうさん」を犯人扱いする以上は、あたしにも
それなりの覚悟はあります。

でもって、この記事はコメントOKです。
ドドンとこ~~い!


ですが、その前にするべきことをしておきます。

あやさん、今回は申し訳ありませんでした。
私のHP及びブログに出入りしておいでの方々の中に、
よもや貴方の中傷をする人間が潜んでいるとは思ってもみませんでした。
管理運営にあたるものとして、このような面目ないことはありません。
伏してお詫びを申し上げるしだいです。
平素のご厚情に甘えて、平にご容赦くださいますようお願いいたします。

今のところは、ブログの管理者としてのお詫びにとどめます。
ご容赦のあるなしは、またの機会にでも。(あればですが)
ご覧の皆様、またすぐに記事を上げます。
ご高覧をお願いいたします。


おっとっと!
続きをUPしようと思っていましたら、ご当人からレスがありました。
前々回の競馬場の記事にレスをくださったようなので、
ご覧の皆様はそちらをクリックし直していただけますでしょうか。
ちょっと、チャットしに行ってきます。

帰りました。1/12 01:16
どうしてもお詫びをしたい方が、もうお一人いらっしゃいます。

寝不足さん、この度はお騒がせして申し訳ありません。
今回はあやさんへの中傷カキコ、そしてそのIPの持ち主が
私のHPやブログにおいでくださっていたみゅうさん。
みゅうさんは、そもそもあたしのHPから貴兄のHPへ行ったと記憶しています。
尻鳥の「どすこいワルツ」にカーソルを当てたときの衝撃は、
やや時間が経過した今でも忘れることができません。
私は私なりに相当なショックだったのですが、貴兄も同様の、
いや、それ以上のショックを受けておいでと拝察します。
HPの先輩として、言葉の先達としてのご厚誼、感謝しております。
こんなことになっちまいましたので、正直伺いづらいです。
今しがた掲示板を拝見したら、まだバトルの最中…。
仕方がないので、今日のところはここで勘弁してください。
HP及びブログ管理人としての至らなさからご迷惑をおかけしたこと、
重ね重ねお詫び申し上げます。

今後のことについては、あたしからどうのこうのは申し上げられません。
リンクバナーを外されるのであれば、お答えとして真摯に受け止めます。
一方、ご寛容なお裁きにすがりたいという気もないでもありません。
元を正せばあやさん経由のお付き合いですので、ややこしいです。
でも、自分の気持ちに正直なところを申し上げました。
それでは失礼いたします。


あ~あ、誰も相手してくれなくなっちゃった…。
みゅうさんにIPのことを聞いても答えがないので、
次の手段に訴えることにあいなりました。
パソコンて、こんなこともできるんですね。
IP

こうやって泥仕合になってしまっては喧嘩両成敗、
あたしも大人気ないのは十分承知の上です。
でも例のIPが誰のものか、これだけは何を失ってもはっきりさせます。
まずはこの画像をクリックなさってください。
上の画像、上部はは前々回の記事にカキコされたみゅうさんのコメントです。
お名前の右横に表示されているのは、いつものトリップですね。
みゅうさんの投稿時刻、1月12日の00:31:02です。
00時31分02秒ですね。
その下にちょっとあるのは、それに対するあたしのレスです。
そしてさらに下、これがアクセスログというやつです。
まず最上段、ご訪問の日時です。
その次の段、左は前回訪問日時です。早い話が5分前ですね。
その右、これがとっても重要で、初回訪問日時です。
あたしのブログに初めておいでいただいたのが昨年の8月21日日曜日、
時間は午後10時54分05秒です。
その右はアクセス回数、毎度どうも!ってぐらいの数です。
ご贔屓、ありがとうござんすって感じですよ。
さてその下の段が問題のIPです。
この瞬間このIPは世界にたった一つしかありません。
これが例のIPと一致しているということなんですよね。
さらに「初回訪問日時」が重要だというのは次の理由です。
plalaというプロバイダーは変動IPをも採用していて、
ドメインの i 以下にある数字は変わる場合もあります。
ではありますが、「初回訪問日時」これだけは変わりません。
逆に言えば、「初回訪問日時」が同一であれば、端末を特定できます。
ついでに言えば、アクセス回数も端末ごとの積算です。

みゅうさんにお尋ねしたいのですが、これをもってこのIPが
アナタのものだと断定するのは無理があると思われますか。
むしろこのIPがアナタのものでないなら、それを立証する
客観的な事実を示していただきたいものです。

アナタがあたしに不快感を抱いておいでなのは分かりました。
ですが、プライベートはプライベート、ブログはブログです。
無関係のあやさんを中傷し、無関係の第三者のブログに書き込む。
それがどれだけ社会性を欠くことか自覚がありますか。
だいいち、なぜターゲットがあやさんなのでしょう。
「俺ンとこに来いよ!」と思いますが、もう謝罪など求めはしません。
「自分が中傷記事を書いた」と宣言してください。
もしそうでないのなら、それを立証してください。
あたしの望みはそれだけです。

あたしのアドレスが分からないようですので、プライベートに関しては、
ご遠慮なく管理人宛に書き込んでくださいね。
公開でコメントなさると冷静なお客様を刺激しかねませんので。
つい先ほどまでご自分のブログを管理されていた方ですから、
その程度のマナーはお分かりになっていることでしょう。
あたしからはもう何も申し上げることはありません。

さてこれをお読みの皆様、恥ずかしいところをお目にかけました。

その昔、東京がまだ江戸と呼ばれていた頃のことです。
敵討ちという制度は幕府公認のものでした。
敵討ちは目上を殺されたときのみ許されるのです。
自分の藩に在籍したままでは藩に迷惑がかかるので、
敵討ちを志す武士は必ず脱藩したものです。
そして本懐を遂げた暁には、自らの命を絶ちました。

あやさんは年こそお若いのですが、あたしの
最も大切な友人の中のお一人です。
また、パソコンやネット、HPに関してはあたしの師匠です。
師匠をコケにされてそれを看過することはできません。
あたしなりの敵討ちと思っていただいて結構です。

この件が落着しましたら、いずれにしてもこのブログを閉じます。
それがあたしの腹切りです。
同情も応援も、そしてできれば非難も、どうかご無用に願います。
事情はともあれ女性を公衆の面前でそしったわけですから、
その罪は万死に値すると言っていいでしょう。
仮にこのことで師匠に破門されようが友人を失おうがそれはそれです。
自分の正義を貫けないのであれば、それは自分の死と同値です。

久しぶりに長い文章を書いて疲れましたが、清々しました。
腹切りまでもう少し余裕があるでしょうから、自分の
過去ログでも振り返ってみることにします。

丙戌 1月12日 04:13


2006 / 01 / 11 ( Wed ) 23:48:20 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
残念なご報告です。


前回の競馬の記事のコメント欄、お読みいただけましたか。
今回の記事では、残念なご報告をしなければなりません。

i218-47-222-240.s02.a001.ap.plala.or.jp

このIPについて、あたしなりに調べてみました。
いくつか判明したことがありますので、ありていに書いておきます。

① あたしのブログにも以前からアクセスがあったこと
 例えば最も新しいアクセスは本日1月10日、15:46でした。
 その前は同じく今日の12:12、さらにその前は…やめておきます。
 さかのぼると、昨年の8月までたどることができます。
 それ以前のことは分かりません。
 なぜなら、それ以前はこのブログが存在しないからです。

② その方は、ここに書き込みもしてくださったこと
 ただロムするだけの方だったらどんなに良かったでしょう。
 書き込みをしてくださったということは、あたしもそれに
 レスをしていたということになります。
 ここでは何食わぬ顔でやりとりをしているにもかかわらず、
 人に対する中傷カキコをこともあろうに第三者のところで…。
 
 あたしがその方のコメントを削除することは簡単なのですが、
 それでは誰が張本人なのかどなたにも分かってしまいます。
 あたしは、そんな大人気ない真似はしたくありません。
 だいいちこのブログでは、まだ何も問題が起きていません。

③ 皆さんが、今日の様子を心配してくださっていたこと
 数多くのアクセスを頂戴いたしまして、ありがとう存じます。
 あたしは皆さんもご存知の通りの短気者です。
 「瞬間湯沸かし器」の異名を取っていた頃もあるほどなんです。
 だもんですから、新三のバカタレが早まったことをするのではと
 ご心配くださった方もあったようです。(興味本位の方もアリ?)
 年を重ねて丸くなったのか、どうやら湯を沸かさずに済みそうです。
 
④ 上記のIPに関しては、禁止事項などは設定しないこと
 アクセス禁止・投稿禁止も考えていました。(ここいらが短気)
 例えばplalaをキーワードにして弾いてしまえば、
 日本中全てのplalaユーザーを弾くことになってしまいます。
 それはブログ運営者としての見識に反すると、あたしは思います。
 直接イヤガラセがあったりすれば話は別ですけれど、
 今のところそうではないというのはすでに申し上げた通りで、
 一連の事件はここで起こったわけではないんです。
 あたしゃそんなにケツの穴が小さいわけじゃないよと、
 ここはひとつ自惚れておくことにいたしましょう。

最後に、ここをご覧くださる皆様に改めてお願いがあります。
ウェブの世界は匿名性が高いように見えて、実は明け透けです。
あたしの知識でも上記のこと程度なら調べられるんです。
やましいことがなければ、何を恐れることもありはしません。
ですが、自分がされたらイヤだろうと思うことは、
他人に対しても絶対にしないという強い気持ちを持ってください。
相手の顔が見えない分だけ、実社会以上にマナーが大切です。
ネチケットと言いますけれど、こんなに不透明なものもありません。
ネットライフを楽しむ権利は誰にでもあるもので、不可侵です。
心ない一部の人間のためにみんなが不愉快な思いをするのでは、
インターネットなんてない方がいいということになります。
でも、それではあまりにも寂しすぎます。
ネットがなくなることではありません。
人の心が殺伐としてしまうことが寂しいと言いたいんです。

さ、長くなりましたので、能書きはこれぐらいにしておきましょう。
皆様のネットライフがますます充実することを切に願います。

                              新三

追記
申し忘れておりましたが、この記事にはコメントできません。
ご意見などがあるようでしたら、左側のリンクからあたしの
掲示板へジャンプなさって、そこへお願いいたします。 1月11日



2006 / 01 / 10 ( Tue ) 23:12:52 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
蔵を建てよう


皆様、お手数ですがコメント欄をご一読願います。
2006.01.10 10:53 新三

讃岐うどん定食

社員食堂か病院の食事みたいですよね、これ。
「讃岐うどん定食」ということだったのですが、讃岐の面影ゼロ。
なぜあたしがこのようなお粗末な食事をしたかというと、
ごくごく非日常的な場所に居たからなんです。

その場所とは…
<続きはこちらから>
2006 / 01 / 09 ( Mon ) 19:05:07 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
七草粥


七草
春の七草って、な~~んだ?
などというバカバカしいことは言いません。
ググれば一発でヒットします。
なぜ今日七草粥を食べるのでしょうか。
どんな意味を持つ行事なのでしょう。



今日は「人日(じんじつ)」といって、五節句の初めです。
今では桃の節句と端午の節句だけが残った形ですが、
七月七日と九月九日も含めて五節句という習慣がありました。
七草粥はもとより、節句そのものが中国伝来の習慣です。
どうせググるのならば、「人日」か「節句」でどうぞ。

で、七草粥を作ってみました。
お粥の画像は続きでご覧ください。


<続きはこちらから>
2006 / 01 / 07 ( Sat ) 19:21:58 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(3) | トップ↑
うぅわあぁあ~~ぁ!


みかさんのブログにリンクさせていただいて、
気分をよくしていたのも束の間、新年早々やってもうた…。
便座、あり いきなりトイレの話でご無礼仕ります。
 ウチは男三人女一人の家族構成なので、
 便座は上がっていることが多いんですな。
 でも所要時間の長い方をしたいときには
 男だって便座を下ろしてその上にしゃがみます。

でも、だが、しかし、それなのに…。


<続きはこちらから>
2006 / 01 / 04 ( Wed ) 18:54:28 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
新年の抱負


皆様、あけましておめでとうございます。

お節 元日は朝から酒を飲みます。
 老母にもカミさんにも子供たちにも、
 一口ずつ酒を飲ませました。
 お屠蘇の代わりといったところです。
 お節を小さな器に盛ったら、器の品評会…。
 家族はすぐに食事になりましたが、
あたしはただ独り黙然と酒を飲み続けました。
そして飲みながら、今年の抱負なんてものを考えてみました。

今年の抱負は…

<続きはこちらから>
2006 / 01 / 02 ( Mon ) 17:59:18 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
| ホーム |