スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
今夜のご注文は?


<茎右往左往菓子器のさくらんぼ 虚子>

築地市場に買出しに行く時に必ず寄るマグロ屋があります。
店の仕入れとは別に、こんなものを買ってくるのが余禄です。

中落ち いつもあるとは限りません。
 でも見かければ必ず買ってきます。
 子供たちの大好物なんですよね。
 あたしが築地に出かける時は
 こっそり期待をかけているようです。
 知らんぷりはさすがに気が引けます。


でも問題が一つ…。
<続きはこちらから>
スポンサーサイト
2006 / 05 / 30 ( Tue ) 21:57:55 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
WYSIWYGテキストエディター


fc2が2月に導入したこの機能を使うのは初めて。
でも、おそらく今日が最後です。
だって、「記事を書く」ページが開くのが遅いんですもの。
短気なあたしには、向いていないような気がします。

で、どんなことができるのか実験。
まずは
フォントとサイズを変えてみましょう。

次はこれ
字の色を変えてみます。


テキストの背景に色をつけます。

なんだかな。
あんまり必要とも思えないなぁ…。

画像でもUPしてみるとしましょうか。

滝つぼ 

 

 



表を入れたりもできるようですね。
 

知られざる新三の実態

職業 おっさん
特技 おっさん
最近 おっさん

う~~ん、表を使わなければならない状況に直面したことはないなぁ。
やっぱり今までのスタイルで十分な気がします。
だいいちあたしはHPをやっているわけですから、凝ったことをしたければ
そっちでやればいいんじゃないかって気がしてきました。

最後に「WYSIWYG」って何かと思って調べてみたら、
What you see is what you get. の略なんだそうです。
「アナタの見ているものは、アナタが得るもの」、早い話が
「見たまんまが表示されますよ~」ってことだそうです。
そして「WYSIWYG」の内容は、HTMLの知識がなくても
このような多種多彩な表示が可能だという親切な
HTMLへのテキスト翻訳機能ということのようです。

休日のお勉強はここまで。
さ、ダービーダービー♪

2006 / 05 / 28 ( Sun ) 11:19:34 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
純米酒


<庭土に皐月の蠅の親しさよ 龍之介>

純米なら何でもいいというわけにもいかないのが現実です。
それでも、アルコールが添加された酒よりはましです。
いつもの酒ディスカウントストアでコレを見つけて、
ちょっとだけためらいました。
だって一升税込みで1,500円だってんですもの!
怪しいと思いながらも、購入しました。
ダメなら料理酒でもいいかなと思いまして。

<続きはこちらから>
2006 / 05 / 26 ( Fri ) 22:44:59 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
五月歌舞伎座、團菊祭


<青蛙おのれもペンキぬりたてか 龍之介>

昨日、平日休みを使って歌舞伎座の夜の部を観劇してきた。

二年前の五月、子息新之助が海老蔵を襲名する興行のさなか、
父である当代團十郎は病に倒れた。
治療に専念して昨年一時的に復帰したものの、再発。
今回は医師団の絶対的な了承を取り付けた上での復帰、
完全復帰と言って差し支えないのだと思う。
<続きはこちらから>
2006 / 05 / 23 ( Tue ) 00:06:42 | 歌舞伎 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
毒を食らわば皿まで


前回は怒りのあまり俳句を忘れたようです。

<あまぐもの鯵割いてゐるとき迅き 万太郎>

だからスーパーで生鮮食料品を買うのはイヤなんだよね。
などと思いつつ、次の日に別の用事で別のスーパーに行ったんです。

性懲りもなく… そしたら、これ。(笑)
 10本で300円(税込み)ってんですよ。
 …はい、買っちゃいました。
 フライでも猫の餌でもいいやと思ってね。
 朝方に真鶴に揚がった鯵なんだそうです。
 これが思いのほか食えるんだわ。


感動的に旨いとかそういうレベルではないんですけど、
普通の刺身として食える範囲内な訳です。
刺身だけでこんなに食えっこないので、塩をして、
それから酢で〆て、「アジ酢」にしてみました。
うっかり全部食べちゃったので写真はありません。
でも6本で280円の鯵は食えなくて、10本300円の鯵は食える。
なんとも不思議な体験をしたものだと思います。

はぁ~、長生きはするもんだ。

EggMANさんのブログへのリンクを置きました。(左、リンク欄)
スルーは厳重に罰せられますのでご用心を。
2006 / 05 / 20 ( Sat ) 21:32:55 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
チキンカレー、サクサクタマネギ


インド熱は、まだ冷めやらない。
こんな料理を作ろうと思うこと自体が、すでにおかしいのだ。
何となれば、あたしにはインド料理の経験が全くないのだから。
外で食べて美味しかったから、自分でも作ってみたいと思った。
思ったはいいけれど、どうやって作ればいいんだよ?
こうなると、頼りになるのは書物ということになるか。
で、作ってみた。
試作カレー
 チキン・ピアツァとか、それに似たような表記をされるようだ。




<続きはこちらから>
2006 / 05 / 19 ( Fri ) 21:25:57 | インド料理 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
鯵は、お好きですか?


近くのスーパーで、火曜日に「築地祭り」ってのが
催されているらしいんですよ、最近は。
あたしはスーパーを使わないので、興味なし。
というスタンスでいたのですが、気になりました~~。
鯵1尾50円、6尾で280円也~。
どんな鯵なんだろうと思って、出向きました。
そしたら、こんな鯵でした。
鯵

大きさが不揃いなのはいいんですけど、身がユルイのね、これ。
でも、清水の舞台から飛び降りたつもりで、買いましたよ。
280円でいい思いができたら、ビバでしょう!?

さ、調理調理。 <続きはこちらから>
2006 / 05 / 17 ( Wed ) 22:04:30 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
カタカナ、ムツカシィね


<田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 草田男>

ソース

オイルの入ったソースってのは、あるんでしょうかね?
もし皆さんの身近にあるようでしたら、教えてください。
あたしはスーパーを6軒回りましたが、オイル入りのソースには
お目にかかることはできませんでした。

で、話はちょっと別。 <続きはこちらから>
2006 / 05 / 13 ( Sat ) 23:08:17 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
ロールキャベツ


ロールキャベツという料理は、案外ヴァリエーションが豊富だ。
「キャベツで巻く」ことだけは共通だが、その中身と煮汁。
挽肉を入れる人、野菜だけを使う人、和食材を好む人。
透明なコンソメ、トマトソース、カレー風味。
あたしの父はコンビーフに茹でたジャガイモを混ぜて中身とし、
缶詰のコーンクリームスープで煮ていたものだった。

この料理の本質は意外なところにある。


<続きはこちらから>
2006 / 05 / 13 ( Sat ) 19:28:39 | 西洋料理 | TrackBack(1) | Comment(9) | トップ↑
「NACK5」と「ぎょうざの満洲」


<目には青葉 山ほととぎす 初鰹 素堂>

当選 最近、NACK5というFM局をよく聴いています。
 09:00~13:00のナック・ウィズ・ユーと
 13:00~17:00のナック・オン・タウンがお気に入り。
 連休前に、ナック・ウィズ・ユーの番組内で
 「餃子20人前20名様にプレゼント」という
 豪儀な企画があったので応募したら


当たっちゃいました。
写真の餃子、6個一人前なので、全部でなんと120個~!
おめでとう、あたし。
<続きはこちらから>
2006 / 05 / 10 ( Wed ) 20:45:44 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(16) | トップ↑
端午の節句


<手作りの柏餅とて志野の皿 秋桜子>
今回から、俳句を記事の先頭に置くことにします。
更新するとなくなってしまうのは、なんだか寂しいので。(笑)

今日は日本全国津々浦々、どこへ行っても子供の日ですな。
子供の日というのは戦後の呼び方で、あたしなどはやはり
端午の節句という呼び方の方が日本らしくて好きですよ。
ここを覗いてくださった皆様に、柏餅の画像をプレゼント。
秋桜子の句とは違って、志野の皿ではありませんけれど。

柏餅と菖蒲 左の緑色の餅には漉し餡が、そして
 右の桃色の餅には味噌餡が入っています。
 これは近所の和菓子屋さんのご自慢の品。
 ついでに菖蒲も写しておきましたので、
 菖蒲湯の気分もご一緒にどうぞ。
 菖蒲という音が尚武に通じるから、
 この理由付けがいかにもサムライの国。

こんなことに微笑ましさを感じられるのも、サムライの世ではないからですね。
微笑ましいついでに今日は誰でも楽しめる遊びをご紹介しましょう。

<続きはこちらから>
2006 / 05 / 05 ( Fri ) 15:12:45 | 日記 | TrackBack(1) | Comment(10) | トップ↑
豆ご飯


この時期、たけのこご飯以外にも欠かせないのがこいつ。
グリーンピースの炊き込み、いわゆる豆ご飯だ。

豆ご飯 家庭で3合のご飯を炊くとして
 豆はサヤつきで300グラム弱というところ。
 剥くと、重量はほぼ半分になってしまう。
 豆ご飯の最大のポイントはここにあるので、
 「剥きたての豆を使う」ことに尽きる。
 そしてもう一つ。
<続きはこちらから>
2006 / 05 / 02 ( Tue ) 19:25:16 | 日本料理 | TrackBack(1) | Comment(4) | トップ↑
スロットの景品


昨日、舎弟が一升瓶を二本携えてふらりとやってきました。
スロットで勝ったからというので、儲けた金で買ったのかと思ったらさにあらず。
スロットの景品に日本酒の一升瓶があるということらしいんです。
あたしは競馬と麻雀以外のギャンブルはずっと昔に止めましたので、
最近のスロットの景品にはどんなものがあるのか、全く分かりません。

その酒というのがまたすごいんですよ。

<続きはこちらから>
2006 / 05 / 01 ( Mon ) 19:44:41 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。