まだまだギョニソ


<咲けば散る 定め知りてか さくらさくら さらぬさまにぞ 咲き初めにける 新三>
今日は俳句ではなくて自作の短歌を書いておくことにいたします。
初句から結句までそれぞれの第一音を「サ」で統一した遊びの歌で、
作ったのはもう三年ぐらい前になるのでしょうか。
東京の桜も本格的に咲き始めたようで、週末は花見に興じる方も多いことでしょう。

あたしは、相も変わらず「サクラ色のギョニソフェスタ」開催中です。
今回は春の彩りのチャーハンを作ってみたというお話でございます。

<続きはこちらから>
2007 / 03 / 31 ( Sat ) 18:30:44 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
怒涛のギョニソ


<青天の辛夷や墓のにほひする 森澄雄>
食えないものにはとんと興味を持たないあたしですが、辛夷の花はそれと分かります。
というのも高校の花が辛夷だったからで、学園祭も「辛夷祭」という名称でした。
さすがに辛夷の花に「墓のにほひ」を感じることはまだまだできませんが、
今でも辛夷の花を見ると、すべてに充実していた高校時代を懐かしく思い出します。

で、辛夷は辛夷として花より団子、本日もギョニソまっしぐらです。


<続きはこちらから>
2007 / 03 / 28 ( Wed ) 13:00:19 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
ギョニソ


<スケーターワルツ氷上の傷すぐ潤う 中島秀子>
先週は随筆を書き下ろしてUP、軽い疲れとたっぷりの満足感があります。
昨日は昨日で、世界フィギュアを見てちょっと感動したあたしです。
俳句の文字色を、安藤美姫さんのコスチュームみたいにしてみました。

前回紹介した「魚肉館」を読んでいるうちに、魚肉ソーセージが猛然と食べたくなってしまいました。
んでもって、近所のスーパーに突撃してガッパリ買い込んできましたよ。

ホレ!
ギョニソ
今回はニッスイの「ジャンボソーセージ まぐろ10%入り」を開封しました。
右下の画像で分かるとおり、実にバサバサしていて食べにくいったらありません。
スパイスが必要以上に利いていて味も濃く、2/3食べたところで降参しました。
賞味期限が近かったので105円が75円でしたが、何だかなぁ…。
残った1/3は遊がモリモリ食べて「美味しいけど…」なんか言ってたんですが、
ヤローもしかして味覚がおかしいんじゃないかと心配になります。

そんなわけで、ギョニソ探索の旅の出足は極めて(´・ω・`)ショボーンでした。
2007 / 03 / 25 ( Sun ) 15:29:29 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
あんかけ焼きそば 麺の下処理


日本のソース焼きそばにも捨てがたい味がありますが、今回は本格中国料理です。
生麺を蒸すところから始めて、あんかけ焼きそばを完成させたいと思います。
ただ、プロセス写真が多くなりそうなので、何回かに分けてご紹介いたします。

まずは麺の下処理です。


<続きはこちらから>
2007 / 03 / 22 ( Thu ) 16:53:37 | 中国料理全般 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
20-Twenty


<つられ呑むビールの泡を拭く拳 幕内ゆたか>
花見にビールもありでしょうけれど、ビールは言うまでもなく夏の季語です。

休みの日など、特別にすることがないときには昼からグイグイ飲みます。
最近では、ただ飲むのではなくて、ネット遊びをしながら飲むことが多くなりました。
今日はあちこち見ているうちに、ついフラフラとYouTubeのアカウントを取ってしまいました。
で、ビールのCMを見ていたらこんな面白いのをめっけたのでご紹介しますぜ。
画像クリックでYoutubeのページに飛んで、30秒のクリップが流れ始めます。
セリフが大事なので、大き過ぎない程度に音を出してご覧くださいますように。
バドライト
アメリカらしい屈託のない笑いで、こういうの大好きなんですよね。
最後の"Bartender, 20(twenty) Budlights!"では、つい声を上げて笑ってしまいますた。

ビールの次はツマミってことで、こんな素敵なサイトも見つけてしまいました。
この鷹揚な表紙(トップページ)のデザインに、えも言われぬ感性がみてとれます。
魚肉館
優れた意匠もむべなるかな、このサイトの運営者はデザインの仕事をされているようです。
徹底的に魚肉ソーセージだけを採り上げた潔さ、見事の一言です。
楽しいし、ちょっと役に立つし、だいいちビジュアルが洗練されていますよね。
あたしのHPなんか何でもありで、五目ソバ×八宝菜×闇鍋状態ですものね…_| ̄|○

こうして書き綴ってくると、既にギョニソでバドライトを飲んでいるようですがさにあらず。
今日はまだ用もあるので、酒を飲めないで若干イライラしているあたしでござんす。
(あ、イライラを他人様にぶつけるための更新ではありません、念のためw)
昨日の酒のツマミに作ったモツの煮込みが一人前だけ残っていたので、昼に食べました。
モツ
これで飯も悪くはないんですが、できれば米粒よりも米ジュースで食べたい一品ですね。

そんな春分の昼下がり、飲兵衛はボタモチを食べたくないなぁ…。
<竹の芽も茜さしたる彼岸かな 芥川龍之介>
2007 / 03 / 21 ( Wed ) 15:29:15 | 美味しいもの | TrackBack(0) | トップ↑
貿易の謎


<花屋の荷花をこぼすは雪柳 大谷碧雲居>
自宅の近くに、ユキヤナギが見事な花を咲かせているところがあります。
ユキヤナギは簡単につくというので、ちょっと拝借してこようかしらん。
今日は花とはまったく無縁な、無粋な話です。

近所のスーパーで、こんなん見つけました。
トムヤム注意書き?

一つ59円(税込み)が、二つで99円(税込み)という価格でした。
「卵を入れて煮てください」なんて、大きなお世話なことが書かれています。
二分の調理時間では十分に煮えないだろうと思い、半熟卵を一個投入しました。

ちょっと透明なスープで、「トムヤム」の名の通り甘・酸・辛なスープです。
かなり辛くて、あたし以外の家族は口から火を噴いてゴジラ化していましたよ。
麺は、味や食感をどうのこうの言うレベルではありませんね。
二分という調理時間のせいもあってか、モソモソ&パキパキです。

それにしても、二個99円でスーパーに利益が上がるんですね。
輸入している会社にも利益が出るってことですよね。
当然、タイ国でこれを作っている会社も儲かるんでしょうね。

流通って、不思議です。

2007 / 03 / 16 ( Fri ) 18:46:22 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
家常豆腐


これは自宅で作りましたので、あくまでも習作の域を出ません。
習作というのは、初めてではなくて久しぶりだからです。
店で金を取る料理として出すのであれば、豆腐の形もニンジンの形も
もう少し気取ったものにしなければならないところです。
豚肉もバラのスライスよりは肩ロースかモモでいきたいものです。
家常豆腐 今回確認したかったポイントは、2つありました。
 ① 厚揚げを使わずに、豆腐を自分で揚げる。
 ② 干し椎茸の戻し方の再確認。
 項目ごとにチェックしながらの作業でした。
 なので、自宅。なので、習作。
 味は、とっくの昔っから安定しております。

さて、確認です。


<続きはこちらから>
2007 / 03 / 15 ( Thu ) 00:48:11 | 中国料理-四川 | TrackBack(0) | Comment(3) | トップ↑
ヘタウマ


<針のひく糸の尾ながき弥生かな 久保田万太郎>
弥生三月ももう十日あまり、東京では雪が降らないまま本格的な春になりそうです。

いきなりで恐縮ですが、ちょっとエッチぃ画像をご覧ください。
で、これが誰だか考えてみていただきたいんですよ。
おそらく、たいていの方はご存知だろうと思います。
ここに画像を置くのは気が引けるので、↓をクリックなさってください。

      ちょっとエッチぃ画像

これが誰なのかは、続きで明かしましょう。


<続きはこちらから>
2007 / 03 / 11 ( Sun ) 18:57:37 | たまには、歌 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
寝てから酔う


<雛あられ赤を選びてなお男 東川紀志男>
今日は桃の節句、男児二人の我が家には縁遠い行事です。
白酒なんてものも、もう何年も飲んでいないように思います。

酒…、大好きです。
飲むと酔います。
それでも大好きです。

発泡酒を毛嫌いするあたしですが、円熟に黒が出たというので試飲。
http://www.kirin.co.jp/brands/enjuku/index.html
これがまあ、バカじゃね?ってぐらい薄いんですね。
やはり発泡酒は発泡酒、かすかに期待していたあたしが悪うござんした。

で、たまたま貰った「おいしいチュウハイ」という宝酒造の酒。
http://www.takarashuzo.co.jp/tkr-shohin/cmn_p_detail.php?p_prodid=1082
これがクッソ不味くて、飲みながら吐くんじゃないかと思いました。

次は菊正宗のピン、売れているようなので興味本位の味見を。
http://www.kikumasamune.co.jp/pin/index.html
ああ、菊正宗も地に落ちたものです。
酒造りのプライドなんか、どこかへすっ飛んでしまっています。

ガッカリし続けて、ウオッカのグレープフルーツ割りに移行しました。
50度のウオッカ1に対して、グレフルジュースを4の割合で作ります。
アルコール度数がちょうど10%になる計算なんですが、あたしには
これぐらいのバランスの味が飲みやすいようなんですね。
グレフルの甘味があるので、ツマミを必要としないのが自慢です。
で、気がついたら750ccのビンが半分ぐらいになってました。
ベッドに倒れ込むようにして、気絶同然で眠りに就きました。
ちなみに、それが朝方の4時半ぐらいだったかと思います。

携帯に「ユウタ?」という間違い電話が来て起こされました。
もう朝かと思ったら、ちっとも朝ではありゃしません。
え?15:30?
そして…


<続きはこちらから>
2007 / 03 / 03 ( Sat ) 12:42:36 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(9) | トップ↑
| ホーム |