スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
振り向けば、愛(かな?)


新しく、忍者の解析ツールを設置しました。
すぐに慣れますので(ご覧の皆様が、ね)、ご容赦願います。

<鉄瓶の蓋切りて年惜しみけり 久保田万太郎>
蓋を切るというのは、鍋や釜の蓋を少しずらすことです。
火鉢かなにかにかけてある鉄瓶の様子なのでしょう。
それを見つめながら「年惜しむ」つまり「一年を振り返る」のです。
万太郎一流の措辞とかすかな哀愁が見事に調和した秀句ですね。

皆様、年末のお忙しい中お越しいただきまして、ありがとう存じます。
今年のHP周辺を駆け足で振り返ってみることにいたします。

まずHPトップの更新、このデザインは相当気に入っています。
実質的にはこのブログが皆様との交流の中心になっていますが、
これもあくまでHP内のコンテンツの一つに過ぎません。
HPトップを経由せずにブログへお越しくださる方が多い中、
秋にはHPトップへのアクセス数が20000を超えました。
実にありがたいことです。

そのコンテンツの一つである日本語コラムの更新は滞りました。
これは来年へ向けての課題ということにいたしましょう。

エッセイのコーナーを設けたのも今年に入ってからでした。
こちらは焦らずにのんびりと更新していくつもりです。

シューコンペは面白かったですね。
いろいろな方から投稿していただいて、企画した甲斐がありました。
続編がないところがいかにもアレなんですけど、企画はあるんです。
年明けにでも実行に移そうと思っています。

写真はちっとも撮っていないですね。
コンパクトデジタルカメラを購入して以来、ブログ用に撮ったり、
家族のスナップを撮ったりはしているんですよ。
でもアルバムに追加するような写真からは遠ざかっています。

バイクも、もう少し乗るつもりでいたんですけど、ちょっとね。
したがってバイクブログもほとんど放置状態になっています。

早い話が、ほかのことにとらわれている時間が多かったんです。
例えば日本語コラムの更新なんかには、まとまった時間が必要です。
それがなかなか取れなかったということなんでしょうね。
でも、やめるつもりもさらさらないので、また時間を作って向かいます。

このブログにも多くの方においでいただき、コメントを頂戴しました。
もちろんコメントなしでロムしてくださる方もおいでになりましょう。
コメントの有無にかかわらず、おいでくださった全ての方に、
心からお礼を申し上げたいと存じます。
昨年末の記事に書いた「凝り固まった価値観を振りかざす」クセは、
一年経った今も一向に解消の気配さえ見せません。
でも、それがあたしです。
英語で言うとThat's me.です。
ここだけは譲れないという一線を堅持しつつ、また来年も
自分なりのネットライフを楽しむことができればいいと思います。

最後になりますが、年末大奉仕ってことで、あたしの素顔をどんぞ。
           素顔の新三←クリック、どうぞ!
皆様、くれぐれもご自愛くださって、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト
2007 / 12 / 30 ( Sun ) 17:17:17 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
ぶっちぎり


<クリスマス乞食の椀に雪つもる 加藤知世子>
大嫌いなクリスマスが終わって、ひと息ついています。
皆様は、素敵な時間をお過ごしでしたか?
ンマイ酒、ンマイもの、がっつり召し上がっちゃいましたかね。

ものを食べて衝撃を受ける、そんなことがたま~にあります。
世間の評価とか値段などは衝撃とは一切関係がなく、
あたしの味覚と感性にどう響くかが唯一の基準です。
例えばあたしは今年、生まれて初めて上海蟹を食べました。
美味しいことは美味しいのですが、フツーの美味しさですね。
衝撃を受けるなんてこととは程遠い食べ物です、あたしには。

そんなあたしが今年一番の衝撃を受けたのは、なんとうどんです。
一回目が四月で二回目が今月と二度訪れたのですが、
そのいずれもが新鮮で巨大な衝撃でした。

サムネイル画像をクリックすると、モニターサイズになります。
かしわ天ざる かしわ天ざる、鶏はモモ肉を揚げてあります。
 
 うどんは、当然のことながら茹でたてですし、

 鶏の天ぷらも揚げたてで、火傷するほどです。



つゆ 旨みの成分が完全な球体になっています。

 いりこならいりこ、カツオならカツオが突出するのでなく、

 旨みと香りの要素のバランスが完璧です。



麺 意外にやわらかな噛み応え…?と思いきや、

 噛み進むと強靭なコシを持つ麺の本質が分かります。

 小麦粉の香りが素晴らしく、後味も爽やかです。



大袈裟に言えば、うどんの一つの理想形に達しています。
いや、うどんというジャンルを超えて、食べ物として素晴らしい一品です。
もうね、「ぶっちぎり!」って言葉しか思いつかないんです。
写真がまずくてうどんの魅力を十分に表現できないのが残念なのですが、
たとえいい写真が撮れても、いくら技巧を凝らした文章を書いてみても、
このうどんの魅力はおそらく表現しきれないことでしょう。

「すみた」すげー!
2007 / 12 / 26 ( Wed ) 15:40:53 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
形見


親父の遺品の時計を修理に出していた。
日本国内では直せず、スイスに送られることになった。
半年ぐらいの猶予を見ていてほしいということで
昨年の初冬に修理の依頼をしてからというもの、
ボクはただ時間の過ぎるのを待っていた。

修理が完了してお渡しできる状態ですという連絡は、
今年の暑い盛りになってようやくボクのもとに届いた。
銀座にあるオメガの代理店になかなか行くことができず、
ついこの間ようやく時計を引き取りに行ってきた。

親父が死んでからは一線を退いていたものの、
ボクがゼンマイを巻けば今でも正確に時を刻む。
いったい、いつ頃の時計なんだろう。
ボクの手首の太さに合わせて、バンドを少し詰めた。

それにしても12月になって修理費71400円は痛かった。
親父だって購入当時にこんなことを予想できるはずもない。
今回は直すと決めたからこれはこれでいいけど、
次に調子が悪くなったらその時は手放すことにしようか。
ボクと同じように修理費を払ってでも使い続けるなどと、
もしかしたら子供たちが言い出すだろうか。

あの世とやらへ行ったら、真っ先に親父に文句を言おう。
「親父、あの修理費はちょっとキツかったぜ。」って。
形見

そんなことを考えていたら、急に鼻の奥がツーンとしてきた。
冬にしては日差しの眩しい、少し暖かいぐらいの日のことだった。
2007 / 12 / 21 ( Fri ) 19:22:04 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
規格外


<牡蛎はかる水の寒さや桝の中 高浜虚子>
「水の寒さ」とは、ちょっと変わった表現ですね。
先日、規格外サイズの牡蛎を仕入れることが出来ました。

大きさを、MDと比べてみてください。

生牡蛎

どうしちゃったの?というほど大きな牡蛎です。
フライの写真を撮り忘れてしまったので、こちらを。

牡蛎鍋

生産農家直送めっちゃ香りのいいネギ(青いところも美味)、
ちゃんとにがりで作っている豆腐屋の豆腐、自家製ポン酢。
こうなると白菜などはむしろ邪魔で、酒以外な~んにも要りません。
ついでに、アレ。

辛煮

温かいご飯にうずめて食べたら、誰だって悶絶するしかありません。

カキフライを食べて、「涙が出そうだ。」と言ったのはカミさん。
辛煮でご飯を食べて、「旨いなんてモンじゃない。」と唸ったのは才。
二人の言葉が今回の牡蛎の全てを表しています。

ちなみに今日は冷奴ライスですが、なにか?(ーー;)
2007 / 12 / 18 ( Tue ) 19:24:47 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
1+2+3+…


<見透かさる心の奥や蜜柑むく 塩路和子>
見透かされるのは嫌いなくせに誰かに見ていてもらいたい、
人間には誰ということなくそんな部分がありますよね。

お歳暮に、10㌔の箱詰め蜜柑を頂戴しました。
腐っているものがあるといけないので、全部出して検品です。
10㌔

腐っていたのはわずかに1個、これは上々の成績です。

「何個ぐらいあるんだろうな、これ。」
「数えてみよっか。」
等差数列

1+2+3+…+14+15=120
120+3=123          答え:123個


自然数の数列の和の公式、そんなものを思い出しちまいますね。
ちなみに、1からnまでの和はn(n+1)/2です。

だ、だからナニよ。
2007 / 12 / 16 ( Sun ) 17:50:41 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
何だか分かりますか?


 ハウス カレーマルシェ中辛
 日清 チキンラーメン
 農心 辛ラーメン
 マルちゃん 天ぷらそば・カレーうどん

以上5アイテムなんですが、これが何だかお分かりになりますか。

答えは「ウチで常備することを許されているインスタント食品」です。
そんなあたしが、こんなインスタント食品を貰いました。
火の国

とんこつ嫌いのあたしに喧嘩を売っているのかと思いましたがものはためし、
袋の表示に従ってこしらえて家族四人+あたしの母で試食と相成りました。


<続きはこちらから>
2007 / 12 / 12 ( Wed ) 19:15:03 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(14) | トップ↑
あっちっち!


<われを包む冬の大気のどこまでも  脇坂公司>
逆に言えば冬の大気に包まれることで自分の存在を再確認する、
そしてその自分はどこまでも自分であるのだという一句です。
冬の寒さと、キリリとした自我の確立が、印象的な句です。
あたしのような凡人は寒ければ「寒いよぉ~」と弱音を吐くだけで、
こうした境地には容易に達するものではありません。

初台オペラシティのすぐ裏手に、「加賀」という立ち食いそば屋があります。
街場のいい加減な店よりもずっといいそばを食わすので、たまに寄ります。
顔見知りのオヤヂは無類の競馬好きで、文字通りあたしと「馬が合う」んです。
でも、それがゆえにサービスしてくれることもあり、かえって恐縮します。
「加賀」名物の野菜かき揚げ、ドドーン!
かき揚げ

普通は、かけそばにかき揚げだけが乗っかって出される品です。
だのに、かき揚げの下に黒っぽいものが見えていたりします。
デデーン!
上から

頼んでもいないワカメと山菜がどやどやと入っています。
画像では見えないのですが、煮付けた油揚げも入っています。
そもそもかき揚げが揚げたてなんですよ、この店は。
熱くて熱くて、上手に崩しながら食べないとひどい目に遭うんです。
それにこのデカさ、いくら野菜だけとはいってもかなりのボリュームです。

ワカメや山菜が食べたいときはそっちを頼むからさあ、オヤヂ。
かき揚げはかき揚げだけ乗っけてくれればそれでいいからね。
他のお客さんと同じにしてくれればそれで十分、てか、それがいいよー。

かき揚げそば、400円。

2008.04.14 追記
この「加賀」のかきあげそばについて書かれた、素敵なブログをハケーン!
最近見つけた、Ricetteさんのブログです。
当該記事はコチラ→「加賀のかきあげそば」
2007 / 12 / 07 ( Fri ) 18:05:36 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
アドルメンタート


覚えたい歌が、一曲あります。
でもイタリア語なので、歌詞の意味がさっぱり分かりません。
中学生の頃やったように歌詞にカタカナのふり仮名をつけて、
丸覚えにしてしまうのが一番手っ取り早そうな気がします。
そう、どうせ意味が分からないのなら、それしかない!
曲はこちら、ホセ・フェリシアーノの『ケ・サラ』です。



イタリア語はカタカナ読みでほぼいけると聞いたことがあります。
♪  Paese mio che stai sulla collina
    パエゼ ミオ ケ スタイ スラ コリーナ
    disteso come un vecchnio addormentato
    ディステーソ コメ オン ヴェッキオ アドルメンタート 

ん?
アドルメンタート?
ここだけやけにハッキリと聞こえるじゃありませんか。
しかも、♪たぁ~あ~とぉ~♪なんてコブシぐりぐりですよ。
こうなったらもうダメ、意味が気になってその先へ進めません。
意味は気にしないはずだったのに、何でこうなっちまうんでしょう。
他の部分はな~んにも気にならないのに、どうしてこの単語だけ…。
ギター伴奏はもう完璧なのに、三度の転調もオッケーなのに、
ああ!どうしてアドルメンタートなのでしょう!?

意味が分かれば、先へ進めるんでしょうか。
進んだ先で同じことは起きないのでしょうか。
でも「意味を気にしない」前提なのに調べるのは悔しいしなぁ…。

そうだ、飲んじゃえ!( ̄ー ̄)C□ グヒヒヒ
2007 / 12 / 04 ( Tue ) 23:54:48 | たまには、歌 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
誰の子?


<冬服を茶系に選ぶ小さき意志 永野孫柳>
先日、ウニクロで服を買いました。
この冬のあたしのテーマは亀首です。
首まわりが苦しいので敬遠していたのですが、
バイクに乗るときの寒さ対策のために購入。
実に、30数年ぶりの着用です。
あたしは茶ではなく、白と黒と赤を選びました。

その買い物には、子供のジーンズを買うという目的もありました。
遊は今までに履いたことがあるのですが、意外や才は初めてとか。
ジーンズデビューっていうんですか?
試着して、コレならという品物が決まって裾上げの採寸…って、
えっ、余ってないじゃん!

裾
既成のパンツの裾を上げなかったことなど、あたしにはただの一度もありません。
ジーンズなんか、裁ち落とした余り生地でキーホルダーが作れるほどですよ。
テーブル越し
手前のテーブルの高さは72cmです。
いったいどうなっちゃってるんでしょう。
メジャーを出して才のジーンズの股下を測ってみたら、84cmありました。

「お前、ホントに俺の子か?」って言ったらカミさんに殴られそうなので言いません。
2007 / 12 / 02 ( Sun ) 14:01:13 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(7) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。