スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
その笑い声は天に響き地に轟く


みなさん、将棋はお好きですか?
あたしはガキの頃から好きで、そこそこの棋力です。
プロの棋士の対局を観るのも好きですし、本も読みます。
それが棋力向上につながれば言うことなしなんですけどね。

図書館で将棋の本を借りてきて、研究に没頭します。
森内の絶対感覚
プロの感覚というのはわれわれ素人のそれとはまったく違っています。
どこからあんな発想が生まれるのか不思議でなりません。

はい、次。
羽生の絶対感覚
棋士によって微妙に感覚が違っているのも面白いところで、
彼らの頭の中はどうなっているのか覗いてみたいもんです。

そこで、こんな本を借りてみました。
一つの局面を複数の棋士が読み解くという企画で、
棋士による読み筋や読み方の深さも分かって興味深いものがあります。
読みの技法
上下二冊とは随分読み応えのある本ですよね。
現代のトッププロ三人が局面の解析をするわけですから、
いきおいヴォリュームも出てしまうに違いありません。

でも、なんかヘン。
パラパラとページを繰って、あたしは愕然としました。
上下二冊?

同じ本じゃん!

図書館の本棚に、ごく自然に並んでたんですよねー。
同じ本が並んでいるわけがないという先入観が働いたようで、
勝手に上下巻と思い込んでしまったということになります。

家族の笑うまいことか。
カミさんはそれでも遠慮がちにクククッと。
たまに堪え切れない分が噴き出ます。
才は高らかに声を上げて「とぉーちゃーん!」と。
滅多に見せないあたしのスキに大喜びです。
遊は声変わり中の妙な声でグェグェと。
ただでさえ目がタレてるのにそれがまた一層…。

新 「ふ、双子の本だったんだよ、これは。」
才 「あ、そ。」 (ほか二人、「クククッ…!」)
新 「バカやろう、ウチの店と両方に置いておけるだろうが。」
才 「あ、そ。」 (ほか二人、「クククッ…!」)

気を取り直して、最後の一冊をバッグから出しました。

<続きはこちらから>
スポンサーサイト
2008 / 11 / 25 ( Tue ) 17:04:15 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
パソコン修理の見積もり。


今日、NECから電話がかかってきました。

故障箇所は、
① データがぶっ飛んだ&起動しない
  →マザーボードかHDか
② ディスクドライブがおかしい
③ カードスロットがおかしい
以上三点があたしからの申告でした。

①は今回起きた症状ですが、②③は以前から。
そのあたりもキチンと調べてくれと頼んでおきました。

そして、回答。
あたしの申し出た症状は、NECでも全部確認できたそうです。

①は今回突発的に起きたようにも見えるが、
ある程度前段階的に不具合があったと思われるとのこと。
そう言われてみると思い当たる節もあります。
②③に関しては、経年の劣化によると思われるそうですが、
4年ぐらいでディスクドライブやカードスロットがいかれるんですかね。
機械ですから、壊れればそれまでの話ですけどね。

で、修理費用の見積り、いくらぐらいだと思いますか。
液晶はそれだけで8万ですから、直しません。
上記①②③、全部直してしまったら、です。

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 25 ( Tue ) 03:07:59 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ラーメンの具に関する考察、その①


ラーメンの具の主役は、チャーシューということになりましょう。
麺の小麦粉に含まれるグルテンを除けば、
丼の中で唯一のタンパク質がチャーシューです。

銀座福臨門の叉焼麺は、飛び切りの上湯(シャンタン)に麺、
そこに広東式に周りを赤く染めて炭で焼いた叉焼が乗っています。
このスタイルのラーメンなら本格の叉焼が美味しいのですが、
街場のラーメン屋で本来の「焼いた豚」を採用する店は少ないですね。
「煮た豚」であっても便宜上チャーシューと呼ばれるのが通例で、
食べる方もすっかりそれに慣れてしまっているのが現実です。
キチンとした中国料理店で「焼豚」や「叉焼」を頼んで、もし、
ラーメンに乗ってくるような煮豚が出てこようものなら卓袱台返しです。
ですが、ラーメン屋のチャーシューが煮豚だと憤るのは筋違い、
本格叉焼は普通のラーメンとの相性は決して良くはありませんから。
現に「あたしの好きな~」シリーズで紹介した店はどこも煮豚、
あたしが自分でラーメン用の肉を仕込む時も焼かずに煮ます。
コスト面からも実質面からも、煮豚の採用は合理的と言えます。
ちなみに福臨門の叉焼麺、最後に食べた時に1500円でした。
これじゃ、庶民の食べ物とは言えませんもの。

そんなチャーシューの、気になる点を挙げてみます。

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 21 ( Fri ) 16:53:43 | ラーメン | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
パンコソ


起動しなくなりました。
マザーボードがイカレたもようです。

修理依頼しなくちゃ。
2008 / 11 / 19 ( Wed ) 14:48:09 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
そんなわけで…、


夜中に、パソコンの再セットアップをしちゃいました。
バックアップすべきデータがないんですからね、なんたって。
いきなり再セットアップ開始ですよ。
ガイドブックには一時間ぐらいと書かれていましたが、
実際のところは40~45分程度で終了したようです。

再起動すると、なるほど購入時のことを思い出しますね。
ウチのはNECなんですけど、そのロゴが出て、
頼んでもいないのにBiglobeへのガイドが出て、
一度も使ったことがないようなアイコンが出て…。
そういえば初めの頃はそれをどうやって消すかも分からなくて、
しばらくは出るがままに放っておいたものでした。

少しの間は設定に専念することになりますね。
インターネットに関すること、セキュリティーに関すること、
メールソフトに関すること、ほか種々のカスタマイズ。
さすが初期化直後だけあって、Cドライブの使用領域が
わずか3%ぐらいしかないのが面白うございます。

また少しずつ積み木遊びをしていくことにいたします。
ブログは今までのペースで更新できますが、
HPのコンテンツに関してはまったく前途が見えません。
日本語コラムと随筆は純粋にオリジナルなので、
間違っても吹っ飛ばしたりすることのないようにします。
まずはログのコピペをファイルにするのかな。
自分で書いたものの原稿がなくなって、それをネットから
拾ってきてあらためて自分の手元に置くのって…。(笑)

さしづめ、データホームレスってとこでしょうか。
ホームレスは夜中の作業のために少しオネムです。
2008 / 11 / 17 ( Mon ) 16:27:55 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
ある決断。


どうせ消えたデータが戻らないのであれば、
パソコンの初期化=再セットアップをしようかなと。
パソコンのためにはそれが一番いいように思うんです。
それでも不具合が生じるようなら修理ないしは買い替え。

HPの更新は相当やりづらくなりそうですが、
そもそもさほど頻繁に更新しなくなりつつあることですし、
更新しているページも随筆と日本語コラムだけです。
何とか形を変えて存続させることも可能かもしれません。
少なくとも今のままでサーバーに残すことはできますし、
こうなってみるとあんまり未練もないように感じます。

再セットアップしてから考えてもいいかな…な~んて、
結構のん気に構えてるんですけど、あたし。

飲んだら、何するか分かりません。(笑)
2008 / 11 / 16 ( Sun ) 18:34:35 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
お知らせ


まずは、リンクに関するお知らせです。

チビッ子に翻弄されてブログ更新がままならなかったlebambouさん、
満を持して新しいブログをスタートさせました。
これまでの料理ログからさらに視野を広げて、
チビッ子のことなども綴られていくことでしょう。
lebambouさんは瑞々しい感性の持ち主であると同時に
とことん庶民的な側面を持ち合わせておいでです。
これからのログを楽しみにしたいと思います。

新ブログへのリンクはこちら→→→「美味しい時間」
このページの左カラム内のリンクも修正してあります。

さてもう一つ、これが厄介だったり災難だったり。

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 15 ( Sat ) 14:42:13 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
お袋の誕生日に


昨11月11日は老母の誕生日、今年は年女で84歳になりました。
最近足元が怪しくなってきたので、杖をプレゼントしました。
慣れないものを持って、どこかに置き忘れてこないか心配です。

夕食には好物の酢豚を作りました。ピンボケ…▄█▀█●
パプリカの酢豚
赤と黄色のパプリカ、タマネギ、それだけのシンプルな酢豚です。
酢豚はカミさんの好物でもあり、女どもは口元が緩みっぱなし。
あたしをはじめ、才も遊もあまり好きな食べ物ではないので、
男チームはあるものでささっと食事を済ませました。
食後は華やかなケーキでなく、ぐっと渋く虎屋の羊羹でした。

あたしゃ調理中から大好物の酒をグイグイパカパカと飲みまくり、
今朝起きてみたら、昨日開けた一升瓶の残りは、1合5勺ほどでした。
お袋の誕生日ったって、飲むための大義名分に過ぎないのねん。
2008 / 11 / 12 ( Wed ) 17:59:11 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
反省、二題


反省などという言葉はおよそあたしらしくないのですが、
たまには殊勝なムードもいいかな…と思って。

その①
前回の記事ですが、ひどいですね。
いったい何が言いたいのやら、さっぱり分かりません。
そもそも何であんな構成になっているのかも分かりません。

理由はただ一つ、半分酔っ払かって書いたからです。
夜中に書いたものを予約投稿の形でUPしたんですよね。
酔っ払ってるときは、どうしても観念的になりがちです。

その②
昨日、小学校の同窓会に出てきました。
宴半ばで幹事が、「寄せ書きを…」なんて言うもんですから、
そうなのかと思って堂々と力いっぱい書きましたぜ。

めざせ!生涯プータロー 新三

ですが、お開き間近になって幹事が発した言葉に、血の気が引きました。
「この寄せ書きは、今日おいでくださった先生に差し上げます。」

え゛っ!? それを先に言えよ!
2008 / 11 / 09 ( Sun ) 09:16:39 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
そうだ、お江戸、行こう。


奈良や京都の寺が特別公開を行っている、などと聞くと、
金にものを言わして時間の都合をつけて出かけようとする方は多いですね。
あたしだって事情が許せば出かけたいと思うこともあります。

それが先日、事情が許したので、思い切って出かけてきました。
伝法寺庭園
伝法院の庭園から五重塔を仰ぎ見るの図です。

…実は、伝法院てぇのはこんなところにあります。→伝法院の来歴
そう、伝法院は浅草寺の一部分なんですね、ややこしい。
奈良京都遠征は無理でも、浅草なら数時間あればOKですが?
本堂落慶50周年を記念して、浅草寺は大開帳をしています。
それに合わせて伝法院の庭園が特別に公開されており、
浅草寺の寺宝なども観覧できるようになっていたんです。
東京に住み暮らして50年弱、伝法院に入るのは初めてでした。
庭は小堀遠州の作とやらですが、真偽のほどはどうでしょうか。
誰の作であっても、東京にいることを忘れてしまうようないい庭です。

大書院の内部、落ち着いた造りですね。
これでも書院造なのかしらん。
伝法寺大書院

仲見世から見上げる五重塔です。
仲見世から五重塔を望む
いやでも目に入る五重塔ですが、これがいつものアングルです。
それが庭から見たらまったく違う印象なのが興味深いところ。
伝法院の庭は全体が掘り込むように低く造られていて、
大書院や五重塔がより引き立つように配慮されています。
むしろ、庭全体が五重塔を見上げるために作られているかのようです。
大開帳の喧騒が嘘のように、それはそれは静かな拝観でした。

続きには、ちょいと付録を。

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 08 ( Sat ) 08:21:19 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
んじゃ、女性ヴォーカル。


先日は偶然にも男性歌手の名ばかりを挙げました。
そこで今日は、女性ヴォーカリストを三人ピックアップします。

まずはこの二人、ちょっと珍しい共演です。



伊藤咲子はあたしと同級生、高1の時にこの曲でデビューしました。
♪こんな~に開いたの~♪の、♪な~♪の音が軽くシャープしています。
下手っぴぃな歌手は音程がフラットすることはあってもシャープはしません。
伊藤咲子の歌い癖ではあるのですが、ここいらはあたしのツボですねー。
一青窈の演技過剰な歌い方は好きではないのですが、
このクリップでは伊藤咲子を立てていて見事なものです。
ハーモニーも適切な音量でズレずについています。
伊藤咲子は一青窈をいたわるように優しい視線を投げ、
一青窈は先輩との共演に胸をときめかせている、
そんな二人の様子も手に取るように分かって好感度Maxです。

そして、もう一人。

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 06 ( Thu ) 16:50:53 | たまには、歌 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
バカはどこにでもいる


区の出張所である地域センターという場所へ行って、
払い忘れていたお袋の介護保険料を納めてきたときのことです。

「せっかく来たんだから来年の3月分まで全部払っていきます。」と
あたしが言った時の職員の応対にブチ切れました。

「そうですね。」
 

はぁ?

<続きはこちらから>
2008 / 11 / 02 ( Sun ) 09:18:38 | 言葉 | TrackBack(0) | Comment(9) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。