本末転倒とは、まさにこのこと。


遊とお出かけしてきました。

なんだか分かりますか、この人ごみ。
人ごみ@アキバ

人ごみに同化して、どうかしている遊。
どうかひとつ!同化ひとつ!

こんな名前がついていますが、アルコールはありません。
ルイーダ

ドラクエストならとっくにご存知、ルイーダの酒場@アキバでした。

秋葉原に行く前に、念願の「とんがらし」に寄って腹ごしらえ。
とんがらし

天ぷらの盛り合わせ、スゴイ迫力でしょう?
なす盛り 冷やし

ところが…

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 29 ( Sat ) 16:08:29 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(10) | トップ↑
ド疲れさん、8月18日


さるお方と、神保町で酒食ということに相成りました。

ビールを頼むと塩豆がついてくるのがこの店の昔からのスタイル。
あまり見かけなくなったせいか、懐かしささえ感じます。
ビールは中ビンで、1本480円でした。
何本飲んだかはご想像にお任せするとしましょう。
塩豆@スヰートポーヅ

餃子は閉じていないタイプで、これは珍しいですね。
しっかり味がついていて、醤油も要らないかと感じるほどです。
大皿という16個乗ったものが、税込みで966円です。
何皿食べたか、こちらもご想像にお任せいたしますが。
餃子@スヰートポーヅ

13時からは天津包子や水餃子もあるのですが、それは断念。
次の目標があったので、とっとと移動します。
次の目標というのは、こんな行列店。
行列@丸香

場所を移したあたしたちは、ここでもビールをクイクイ飲みました。
揚げたての(はずが、キモチぬるめの)天ぷらもワシワシ食べました。
最後にイリコだしの香り高いうどんを食べて、それが〆。
ゴッキゲンのお腹いっぱいでさるお方をお見送りしたあたしは、
ひょんなことからお台場へ行って1/1ガンダムを見ることになりました。

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 27 ( Thu ) 14:04:28 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(3) | トップ↑
体験教室、これにて幕


たまっていた絵日記を一気に片付けるように書いてきた今シリーズ、
本日のログをもって終了と相成ります。
あとはDVDができてきたときにそれをどうUPするか…ですね。
それはどのみち、そうなってからの話です。

発表の日、まきちゃんと娘が駆けつけてくれたこともあって、
大人の分として、あたしが弁当を用意しました。
用意したと言っても自分で作ったのではありません。
当日の朝は何かと慌しかったので、仕出し屋にそう言って誂えたものです。

京都に本店を置く「三友居(さんゆうきょ)」という仕出し料理屋、
その支店が銀座の松屋と吉祥寺の東急に入っているんです。
国立劇場に近い銀松に予約をしておいて、取りにいきました。

雪・月・花と3種類あるうちの真ん中、月というお弁当です。
花との違いは、真ん中の煮物があるかないかだけです。
雪になると、全体のボリュームが増えすぎて食べ切れない懸念が…。
日本人はすぐ真ん中を頼むと言われていますが、それとは別。
食べる人、食事の時間、そういった条件を考えて選んだのが
たまたま真ん中だったというだけの話です。

月弁当1650円、税別。
三友居の弁当、月

暗くてブレててちょっと見づらいのですが、ご飯は、トウモロコシの炊き込みです。

真ん中の煮物のUP、椀と煮物は日本料理のハイライトです。
ナスの田楽と湯葉まんじゅうと冬瓜、三つの中から冬瓜を選択。
冬瓜のあんかけ

海老もアナゴも、枝豆さえも生のものを使ってあります。
冬瓜の味、あんの味加減やとろみもぴたっと決まっています。

様々なおかず、当たり前ですが一つ一つ違った味付けです。
おかず

ナスの下には稚鮎の甘露煮が潜んでいて、その尻尾が見えています。
煮物焼き物和え物、味だけでなく調理方法も多彩で、飽きません。
弁当の本質が、このひと籠にぎゅっと詰め込まれています。

遊の歌舞伎体験教室は、遊のみならず、周りの人間にまで
様々な経験と思い出を残して無事に終了いたしました。
歌舞伎のある国に生まれたことに、わけもなく感謝しています。
2009 / 08 / 25 ( Tue ) 18:47:35 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
アルクカドにはフクがクル…か?


新宿に戻ってきた一行(二人ですけど…w)が訪れたのはハーゲンダッツ。

あたしはこんなのを食べました。
暗号かよ

上から、
Banana Chocolate Cookie
Alphonso Mango & Cream
Affogato
Green tea Latte
とまあ、フレーバーを略して書いてあるんですね。

さてその実体は?

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 24 ( Mon ) 14:28:27 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
ハラがデルからアルク&アルク


8月12日は舞台稽古、本番の感想と併せてご紹介済みです。
http://shinza.blog17.fc2.com/blog-entry-586.html

舞台稽古には才も同行しました。
弁当持ちだった遊はそれを昼食として済ませており、
改めて昼ご飯という雰囲気ではありませんでした。
で、カミさんと(また!)マックへ行ってマックシェイクでおやつ。
あたしと才は空腹を満たすべく、神保町に向かいました。
いまあたしがもっとも気になる店、それが「とんがらし」です。

暑い中神保町駅から歩いてたどり着いた店のシャッターには、
なんと「夏休み」の張り紙がペッタンコしてあるじゃありませんか。
茫然自失( ゚д゚)ポカーン×2
でも、立ち尽くしていても腹は一杯になりません。
こうなったら、どうしても立ち食い蕎麦でないと気がすまないぜっ!ってことで
水道橋から二駅JRに乗って市ヶ谷へ移動して訪れたのは…?

と、気を持たせてみる(笑)

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 22 ( Sat ) 03:05:42 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
メシをクウからハラがデル


8月11日、コンクールを終えた才が遊を送ってくれました。
カミさんとあたしは終了の頃に合わせて半蔵門へ行き、
昼食は家族四人で天ぷら屋ということに相成りました。

半蔵門駅近くの「天重」という天ぷら屋なのですが、
ここは才が6年生の体験教室のときに初めて入った店。
アナゴ天丼の旨さにしびれた才は、すっかり虜になりました。
体験教室の間だけで3件の店のアナゴ天丼を食べました。
それももう、5年も前の話ということになります。

これは遊とあたしの注文、マグロ丼800円。
冷凍バチマグロのヅケ、真ん中は正体不明のすき身でした。
マグロ丼

才の注文アナゴ丼1300円、手ブレし放題。(苦笑)
アナゴの旨味がぎゅっと閉じ込められていて、パワフルです。
アナゴ丼

カミさんはかき揚げ丼1300円、この日の一番賞でした。かき揚げ丼
新鮮な小柱をたっぷり使って、大きいのに散らずに油っぽくもなく、
それはそれは上手に揚げてある美味しいかき揚げでした。

さて、昼食を終えた一行は電車を乗り継いで「尾山台」に向かいました。
なんで?
どして?

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 19 ( Wed ) 17:41:24 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
ハラがヘルからメシをクウ


8日はカミさんが送迎したので、マックでランチだったとか。
遊も、あたしにマックとは絶対に言いませんけど。(笑)
9日はあたしがバイクで送っていきました。
2時間待っているのも退屈なのでバイクで走って用を足し、
決まった時間には遊を迎えに国立劇場に戻りました。
で、遊をケツに乗っけてお目当てのラーメン屋へGo!
したら、日曜日は定休日でしたん。
やむなくウチに戻って質素な昼食をとりました。

10日は忙しかった日。
あたしは遊を送っていき、そのまま才のコンクール会場へ。
大雨と踏切内の障害物のため、京王線のダイヤは乱れっぱなし。
東府中の会場に着いたのは、才の出番の僅かに前でした。
カミさんとお袋も同様にダイヤの乱れのあおりを食って、
それこそ演奏開始の2分前に到着するというハラハラドキドキ。
いやー、みんな間に合ってよかったっす。
演奏の詳細は、いずれ別記事にいたしましょう。
金賞だったことは既報の通りでございます。
演奏終了後、あたしはまた遊を迎えに戻りました。
帰りもダイヤの乱れは収束しておらずに時間を食って、
結局、遊を30分近く待たせてしまいました。

昼は?昨日のリベンジといこうか?
ラーメン好きの遊に、否やはありません。
向かうは半蔵門線の隣り駅九段下、店は「斑鳩」です。

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 17 ( Mon ) 07:11:22 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
カブキのケイコはハラがヘル


遊の稽古は、午前中に行われていました。
迎えに行くとまさに昼時、稽古で疲れた6年生も
送迎で疲れる大人も、どっちもお腹のすく頃合です。

開講式、8月7日の昼食。
遊のチョイスは、ラーメン。
8月7日の昼食

見たからに、ダメそうな雰囲気がありありのラーメンですね。
あたしには、カイワレが乗っている時点でアウトです。
遊がどうするかと思ったら、カイワレを全部あたしにくれました。(TT)

UPにするとこんな感じで。
なんか、肉味噌っぽいヤツ

タンタン麺の具を流用したんでしょうかね、これは。
なくもがなというか、怪しげな様相を呈していますよね。

大人のチョイスは、日替わりランチ@酢豚。
酢豚ランチ

こういう酢豚を出すから、酢豚嫌いが増えるんですよねー。
べちょべちょのご飯とショワショワな卵焼き、不思議でした。
ラーメンは630円、ランチが785円、文句も言えねーか…。
カミさんも一緒でしたが、払ったのはあたしなんですけど。(笑)

2009 / 08 / 16 ( Sun ) 08:45:02 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
舞台稽古~本番


8月12日は、舞台稽古でした。
それまでは全体練習も稽古場で行っていましたが、
この日は本舞台を使って位置取りなどの確認をします。
発表会の13日は撮影を全面的に禁止されていますので、
扮装した子供たちの写真を撮ったり舞台をビデオに収めたり、
参加児童の保護者はどなたもてんやわんやの様子でした。

工藤祐経に扮した、遊。遊@祐経

稽古をつけてくださった中村歌昇丈と。
歌昇さんと

舞台の様子。
これは、五郎と十郎が出てくる前の場面。
進行中

終幕、上手の工藤は立ち上がって大きさを見せ、五郎は敵の工藤を睨み、
十郎は血気に逸る五郎をいさめる形でそれぞれに決まって見せます。
終幕

見かけ上は他の画像と同じ大きさですが、この画像だけサムネイルです。
クリックしていただくと、かなり大きくすることができます。
携帯でご覧の方はパケ代が大変なことになりますので、ご注意を。
記念撮影

台詞はきちんと入って(暗唱して)いましたし、演技も十分に合格点でした。
声にも張りがあって、必要なメリハリもちゃんとついていました。
本職の指導力はいかばかりかと、才のときにも驚かされたものでした。
 
気になったことが三つ。
 ①途中で顔をしかめてみっともないこと。
  これは鬘がきつかったためと判明し、本番に向けて調整。
 ②客席をきょろきょろ見回していること。
  あたしから注意して本人も反省。
 ③台詞がなくなると気を抜くこと。
  ついつい安心してしまって…という本人の弁。
こんなことがクリアできれば、本番はさらにいい演技が期待できます。

12日の夜、本番に向けての緊張からか、眠れないと言っていました。
寝たと思ったら今度は工藤の台詞を、寝言で、述べ立てていました。
頭の中が、発表会のことでいっぱいだったのでしょうね。
寝てしまってからも台詞の練習とは、たいしたものです。

その本番は、きのう8月13日でした。

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 14 ( Fri ) 14:45:03 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
歌舞伎体験教室続報、プラスあるふぁ


実は今日、舞台稽古がありました。
でも、これまでのところを整理しておくことにします。
珍しく、日記風に書いてみることにしましょうか。

8月5日
ワークショップに参加するために、江戸博へ。
江戸博から国技館を望む

中は撮影禁止のようで、画像はなし。
歌舞伎の小道具などに触れられるのだが、遊はやりたがらない。
はしゃいで参加する親御さんも少なくないというのに、
そういうところの冷めっぷりは、アニキによく似ている。

団体用の記念撮影スポットで。
記念撮影

このあと、隅田川のほとりを歩いて蔵前のアンビカに行き、
カレーに必要なスパイスなどを購入して帰る。
大川端を歩きながらの親子の会話は、なかなか面白かった。

8月7日
いよいよ稽古の初日を迎える。
浴衣を着て、稽古場では当然正座をしなければならない。
それにしても遊、猫背すぎ。
正座

鬘を結う実演を目の前で見る。
結髪

みるみるうちに、鬘が結い上がっていく。
鬘、完成間近

左は床山さん、右は中村時蔵さん。
結い上がった鬘は「つぶし島田」、時蔵さんの手には「立兵庫(たてひょうご)」。
床山さんは何十という種類の髪を結えなくては仕事にならない。
鬘、ふたつ

その立兵庫をかぶって、花魁のつくり。
6年生の女の子、衣装の重さでふらふらしている。
花魁

国立劇場の大稽古場。
下手なプールより、ずっと広い。
大稽古場

こんな空、こんな雲、暑い暑い夏の一日。
夏の空

初日だけは保護者も入れたので画像があるのだが、
二日目以降は送り届けたらそこでハイさようなら。
中で何が行われたかは本人から聞くしかない。
8日はカミさんが送迎、9日はあたしがバイクで送迎。
10日は才のコンクールもあったのであたしが遊を送り、
その足で府中のコンクール会場へ向かう。
カミさんはお袋を引き連れてコンクール会場へ。
演奏を聴き終えて、あたしはすぐに遊を迎えに戻る。

松原高校の、コンクール成績。
コンクールの成績

中学一年生から5回目のコンクールで、初の金賞。
おめでとう、才。
おめでとう、松原高校。
練習は嘘をつかない、ホントのことなんだな。

そして、それは遊にも当てはまるワケだ。
2009 / 08 / 12 ( Wed ) 19:31:40 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
「B級」という言い方をやめようと思います。


「サービスでたくさん貰ったんだけど、食べきれないから…。」
お向かいの奥さんが、生のスルメイカを二杯くれました。

でも、ウチの晩御飯のメニューも決まっていた後でしたし、
当然それに沿った買い物も済ませてしまっていたわけで…。

そういう時は、あたしの酒のツマミになってもらいましょう。
とっとと捌いて、身は刺身にして食べるのが一番。
で、ゲソやらなんやらなんですけど、ジャジャッとバター醤油炒め。
珍しくカミさんも食いたいというので、味醂を利かして甘めの味付けです。

ゲソ炒め

よく、「B級グルメ」という言い方をしますよね。
あたしも軽々しく使っていたんですけど、今後はやめるつもりです。
鯛やマグロが高くてサバやアジが安いのはあくまでも市場の原理で、
食べ物に、生き物の命に、AもBもありはしないと思うからです。
ゲソはB級扱いされがちな食材ですが、こんな風にすると、
恐ろしいほどの迫力をもって食べる者の心を揺さぶります。

だから、ね。
2009 / 08 / 08 ( Sat ) 11:03:08 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
ど、どうしちゃったの?な日。


新井薬師というところにある、カエルの店に行ってきました。

ワンダショップ

カエルのフィギュア専門店だということは聞いていました。
フィギュアそのものにはまったく関心のないあたしなのですが、
「店内での撮影はご自由に」というスタンスに惹かれたんです。
今どき、ちょっと珍しいなーと思って。

もう、ホントにカエルだらけ。(苦笑)

カエル

案内してくれた人は、紫色のカエルを購入していたようです。

帰りがけに、腹ごしらえ。

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 05 ( Wed ) 04:47:35 | ラーメン | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
弱み


この頃から一日一缶のペースを守って飲み続けていました。
美味しいビールは、常にベストの条件下で飲みたかったからです。
ですが、近所の店舗で買い占めた在庫も、ついに7月29日に底をつきました。
また会う日まで…と思っていたその矢先、なんとなんと

<続きはこちらから>
2009 / 08 / 02 ( Sun ) 16:39:11 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
| ホーム |