スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
年末のご挨拶


今年もあと何時間かでおしまいです。

お袋の認知症にブンブン振り回された一年でしたが、
まあ、実の母親ですから仕方ありませんや。
マルシェを閉めたのに時間がちっとも増えた気がしないことが、
お袋の面倒を見る時間がいかに長くなったかを証明しています。

パンジャビーチキン

コチンで飯を食って、それが今年最後の外食。
振り返れば今年は、「おおおぉぉっ!」というものを食べませんでした。
ごくごく日常に流れっ放しだったmy2010です。
年頭に考えたマイナス5%作戦も、完遂とはいきませんでした。

ガーデンライス

過ぎてしまった時間を取り戻すことは、誰にもできません。
明日から始まる新年、一念奮起で臨むことにいたしましょう。

皆様、今年一年色エロとお世話になり、ありがとうございました。
まだまだやることがオッパイあるので、ここらで失礼します。
どちら様も、よいお年をお迎えください。
また、ブログでリアルで、お目にかかることにいたしましょう。
スポンサーサイト
2010 / 12 / 31 ( Fri ) 17:00:44 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
A friend of rice


あたしは自他共に認める呑兵衛ですが、当然ご飯も好きです。
食べ物の中には酒よりもご飯に合う!というものがあって、
それはそれは呑兵衛の気持ちを大いに揺さぶってくれます。
そういう食べ物の代表格、あたしの場合には、マグロですね。
そして、この季節の名物(?)も、同様に「あったかいご飯!」です。

<続きはこちらから>
2010 / 12 / 21 ( Tue ) 08:04:20 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
底知れないな、すみた


なんか、12月になると行っている気がする「すみた」。
東京ではもはや押しも押されぬ名店…といったところです。
とにかくうどんそのものが圧倒的に旨いモンですから、
どうしても冷たいうどんに偏りがちだったんですけどねえ。
つい数日前に行って…、そんでもって…、

意を決して、「カレーうどん」ご注文。

大袈裟ではありませんよ。
冷たいうどんを放棄するのは、ホントに一大決心なんですから。

カレーうどん@すみた

甘辛く煮た牛肉とタマネギが入っているんで、少し甘い印象です。
でもそれは一口目だけで、食べ進むとグワッとスパイシーになってきます。
鶏天ぷらはオプションでつけたんですけど、コレは要らなかったなあ。
天ぷらが三つ乗っかって、850円のカレーうどんが950円になりますた。

巣鴨のお地蔵様の脇に、カレーうどんで有名な店があります。
そこのカレーうどんより、あたしはずっと好きです。
巣鴨もうどんはたいそう美味しいんですけど、カレーにすると
せっかくのうどんの美味しさが半減してしまうんですよ。
それに、あのムダにクリーミーな感じがどうも軟弱に思えてね。

あ、巣鴨の悪口が目的なったんじゃねーや。

すみたのカレーうどんは、ちゃんと麺の美味しさが生きています。

…でも、やっぱりかしわ天ざるにはかなわないですね。

昨年12月のすみたは→コチラ
最初に記事に書いたときは→コチラ

早くもかしわ天ざるが食べたい場合は!?(´・ω・`)
2010 / 12 / 16 ( Thu ) 18:36:53 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
人のレシピを褒めてみる


ポッと出のワカランチンな料理研究家に辟易する昨今ですが、
一方できちんとした料理を供し続ける人もまだまだいます。
中華の脇屋友詞さん、皆様もおそらくご存知でしょう。
その脇屋さんがNHKの今日の料理でレシピを披露していました。

 12月7日オンエアのレシピ

何て言いますか、着想が素晴らしいですよね。
肉に塩をして冷蔵庫で保存…てのはよくある話なんですけど、
そこで積極的に味や香りを増強してしまおうという作戦ですね。
これはもう、すぐにでもやってみなければなりません。
…とかいって、もう3日も経ってしまったのですが…

近々試してみて、成功したら正月メニューに加えたいものです。
脇屋さん、一時はゴルフ焼けで真っ黒けっけだったんですけど、
7日にテレビで見たときにはそうでもありませんでした。
マスコミへの露出も少し減ったみたいで、よかったです。
彼、実は包丁もとても上手なんですよ。
きちんと料理をやってきた人は、やはり違いますね。
へっぽこ料理研究家なんか、束になってもかないません。
2010 / 12 / 10 ( Fri ) 11:37:02 | 中国料理全般 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
甘いだけでは物足りぬ


<林檎噛む歯に青春をかゞやかす 西島麦南>

蜜柑が冬の季語なのに対して、林檎は、実は秋の季語です。
それは、国光や紅玉といった品種が秋に実りを迎えるからなので、
今の感覚では季語と実際にわずかなズレがあるかもしれません。

さて、人間が甘いものを欲する生理、ありますよね。
甘いものが食べたいと感じる原因は、何だかご存知ですか。

<続きはこちらから>
2010 / 12 / 07 ( Tue ) 14:14:57 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。