スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
じんちゃんの話


今月初めに背負い込んだ風邪がようやく全快しかけていたのに、
不覚にも別の新しい風邪を引いてしまったようでスッキリしません。
いつまでも出続ける咳が一番厄介なのですが、鼻水も出放題。
アレルギー症状が強く出ていて、相乗効果も抜群です。
気がつけば10月ももう残すところ5日、なんだかなー…。

飼い猫のうちの一匹が死んでしまったことを筆頭に、激動の一か月でした。
11月には結婚式と法事の予定が一つずつあるので、また忙しいことでしょう。
気がついたときにはもう年の暮れ…なんてなことになりかねませんね。
10月はちんまり過ごすつもりでしたが、どうも思惑通りにはなりません。
そんな10月、新規開拓の店で久々の大ヒットがありました。

<続きはこちらから>
スポンサーサイト
2011 / 10 / 27 ( Thu ) 11:55:26 | 美味しいもの | TrackBack(1) | Comment(0) | トップ↑
文章を書くということ


このところ、絶えず考えていることがある。
きっかけは、少し前の記事にCocoさんが下すったコメントだった。

<この小気味よい感じの文章に>

小気味よい文章とは、いったい何なのだろうか?

<続きはこちらから>
2011 / 10 / 19 ( Wed ) 16:06:23 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
スマホ大作戦


携帯電話がイカレて、最低でも機種変更せざるを得ない感じです。
で、一気にスマホにしちゃおうかと思って、ツイッターで意見を集めました。

 ① メール作成が鬱陶しい。
これは操作性の問題として常に言われているところですね。

 ② ノートパソコンが要らない。
まあ、そういうことですね。
スマホの出自には3つのパターンがある(携帯・PDA・ポケベル)ようですが、
今となってはネットに接続できる超小型の端末という位置づけですものね。

 ③ 物理キーがないと、誤字やタッチミスが増える。
②の方が、マイナス面も指摘してくださったのがこれです。
①と共通しているともいえるないようですが、これはスマホの永遠の課題ですね。

 ④ ユーザー同士で使い方を教え合える。
オッサンにとっては、こういう部分が結構大切なんですよね。
マニュアルなんか、とてもとても読む気になれませんから。
でも、この方は、意外なマイナス部分も指摘してくださいました。

 ⑤ 非ユーザーをなじって、「良心」を失っていく。
自分がある程度使いこなせるようになったら、あり得ますね。
一ツールがステータスになってしまうのは、とても怖い現象です。

 ⑥ 特に良いことはないが、普通の携帯よりは便利だろうと思う。
まあ、そんな感じで使っている人が多いことは想像できますね
画面の見やすさは、やはり普通の携帯にはないものだと感じます。
この方が指摘されたマイナス部分も併記しておきましょう。

 ⑦ 意識と時間がスマホに浪費されている。
「遊べるおもちゃ」とでも言ったらいいのでしょうか。
電車の中などで夢中になっている人たちは、この状態なんですね。

 ⑧ 良かったことしかない。
いかにも使いこなしている感じで、強気の発言ですよ。
操作性うんぬんを差し引いても便利なツールなのですね。

 ⑨ PCと同期がとれる。
もともとネットとの親和性が高いし、ベースはPCですからね。
この方は、別の角度からも使い勝手の良さを説いてくださってます。

 ⑩ 自転車やウォーキングのアプリがある。
アプリに触れてくださったのはこの方だけだったのですが、
アプリを使うことで「自分仕様」になることは間違いありません。
自分に合うアプリがあれば、楽しさも倍増するということですね。

多種多様な意見があって、大いに参考になりました。
かつては携帯なんか要らんと公言していたあたしが、スマホねぇ…。(笑)
購入するかどうかはまだこれからですが、変われば変わるもんです。
ソフトバンクのままなら検討さえしなかったと思われますが、
auから出るということでちょっとだけその気になっています。
ジョブズ逝去~予約開始~携帯オダブツ寸前と見事に流れができちゃって、
「その気」が煽られていることも間違いありません。

さてさて、どうなりますことやら。
2011 / 10 / 12 ( Wed ) 10:53:52 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
リハビリテーション


<うそ寒や人のかたみのもの羽織り 山口青邨>

ぐっと冷えるようになりましたが、皆様にはお変わりありませんか?
あたしゃ鼻っ風邪を引いたようで、薄手のカーディガンなど羽織っています。
10月のアタマなんてのは半袖Tシャツに裸足と決まっているようなものですが、
今年はどうもそのような訳にはいかず、身の不摂生を省みているところです。

ブログの更新、とことん放置してました。
充電とか休養とか、そんな気の利いたものではなく、ただのサボりです。
なので、リハビリを兼ねてまた記事を上げてみようと思い立ちました。
風邪気味であることの憂さ晴らし…、と言えなくもないんですけど。

先週末、「ケーク・サレ」の専門店とやらに突撃してきました。

ケーク・サレ

もうね、サラダの量に圧倒されて、逃げ出したくなりましたね。
生野菜に味の濃いドレッシング、そして粉チーズのトッピングって…。
またくし形に切られたトマトが、「食堂感」を演出していますね。
パセリは添えなくていいのか、パセリはっ!

ケーク・サレのアップ

この皿の前に出たミネストローネは、ちゃんとした味がしてました。
で、メインのケーク・サレですが、味の差が分からないんですよ。
手前の赤いのが生ハムとパプリカ、真ん中の緑がバジルとクリームチーズ、
奥の黄色っぽいんがズッキーニとクリームチーズということでした。
生ハムやズッキーニはてっぺんに申し訳程度に乗っているだけでしたし、
それより何よりパプリカもバジルも個性が埋没してしまっています。
どれも同じような食感なので、香りが薄いと味の差が見えてきません。

デザートのケーク・スクレ

こちらはデザートとして供された、三種類のケーク・スクレです。
これまた味の差をはっきりつかむことができないラインナップでした。
手前の色の濃いのが塩キャラメルバナナ、真ん中がナッツで奥がオレンジ、かな?
こちらも没個性な感じが横溢していて、「何か違うよなぁ…。」と思いましたね。
添えてあるコンフィチュールも、何だかさっぱり分かりませんでした。
たぶんリンゴじゃないかなあ…という、恥ずかしながら、そんな程度の認識です。

結局は粉と卵とチーズ、キッシュのフィリングみたいなもんです。
あるいは卵豆腐の遠い親戚と言ってもおかしくはないでしょう。
ベースに味の強いものが多いので、野菜などが殺されてしまうのですね。
そこそこの期待を持っていただけに、残念な結果に終わってしまいました。

以前、人んちの集まりにお手製のケーク・サレを持参された方がありました。
あたしはその時初めてケーク・サレなるものを口にしたのですが、それは美味しかった。
今回の、人生二度目のケーク・サレは、なんつーかちょっとアレでした。
美味しいのがあれば、もう一度は挑戦してみたいものだと思っています。
お手製でも店舗紹介でも、どなたかあたしに挑戦状を叩きつけてください。

長くなりましたが、ちょっとだけ続きます。

<続きはこちらから>
2011 / 10 / 03 ( Mon ) 11:00:56 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。