スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
頂戴した野菜


近来まれに見る精力的更新、なんと二日連続!

たまに美味しい野菜を送ってくれる方があって、
野菜嫌いの私としては実にありがたいことだと思う。
今回も数種類の野菜がアソートされていたわけなのだが、
調理した画像をUPしてみようと思い立っての更新となった。

まずは、ホウレンソウ。
見た瞬間に生り過ぎていたのがわかったので、少し軟らかめに茹でる。
さっと茹でたエノキをそばつゆ程度の調味液に漬けて、
それが冷めたらホウレンソウをほぐしながら入れてよく混ぜる。
少し置いて味が馴染んだら出来上がり。
トロンツルンという食感が好ましい、呑兵衛好みの小鉢だ。

ホウレンソウの煮浸し

太かったがとてもみずみずしかった、ダイコン。
ブリでもあればよかったのだが、この日は豚のバラ肉と共に煮た。
それも大きな塊の肉ではなく、安直にスライス肉を使っている。
ブリでも豚でも、ダイコンを旨味の濃いものと煮る際には味をやや濃くつける。
だが、ダイコンの外から中まで同じ色に染まるような煮方はまずい。
外には味が入っているが中はまだダイコンの白を保っている、それが理想だ。
おでんなどでも中までびっしり味が入っているのを好む人がいるが、
それではダイコンの形を借りて煮汁を食っているのと何ら変わらない。
ただし、今回は断面の写真を撮り忘れてしまったので、説得力がない。
また私は、おでんのはんぺんはびしょびしょに黒く煮えたのが好きだ。
所詮は好み、そういうことだろう。
他の野菜料理との兼ね合いもあって、少量を盛って食べた。

豚バラダイコン

そしてここから送られてくる野菜の極めつけが、ネギ。
以前にもこのブログで採り上げたことがある。
遡ってみたら、4年以上も前の記事だった。
ネギ、動物性の油脂と相性が良いことは周知の事実である。
だが今回は完全に精進、肉魚いっさいなしの料理をしてみた。
とはいえ、フライパンで焼いたネギをマリナードに浸すだけのことだ。
オリーブオイルを使っているので、イタリアンのテイストがある。
トマトを刻んで入れてあるが、家庭料理なので皮の湯剥きもしていない。
家人が私らしくない料理だと言ったが、こういう料理も作れるのだぞ。
このままでもいいし、他の料理の付け合せにしてもいい。
ただ一つ、よ~く冷やしておくことを忘れさえしなければ。

ネギのマリネ

野菜嫌いの私だが、野菜を調理することはけっして嫌いではない。
どんな調理でどんな味付けでという楽しみは、肉や魚に勝るとも劣らない。
ドレッシングを雨あられと振りかける生野菜のサラダを忌み嫌うのも、
調理の過程の楽しみと無関係ではないように思う。
野菜も、たまにはいいかもしれない。

ただし…。

こういう旨い野菜に限る!
スポンサーサイト
2014 / 01 / 26 ( Sun ) 10:22:25 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
恋するフォーチュンクッキー


好みであってもなくても、「いい曲」と感じる曲がたまにある。
硬い言い方をすれば、「楽曲が優れている」のである。
歌詞と旋律が無理なく融合していて、さらにその内容が高い曲。
書いてしまえばこれだけのことだが、これがありそうでいてなかなかない。
AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」は、初めて聴いたときに直感した。
もっと正直に言うと、「うわ! やられたぁ…。」というのが第一印象。
衝撃の度合いでいうと、KinKi Kidsの「硝子の少年」以来のことだ。
実は大所帯のユニットは苦手なのだが、それはそれ、曲は曲だ。

聞き手に媚びず阿らず、女性の心情を上手く表現している歌詞。
ちょっとディスコナンバーを連想させるような軽快なメロディー。
風変わりだが、けっこう簡単に覚えられる振り付け。
誰かが「つい踊りたくなってしまう。」と言ったそうだが、それも分かる。
そして、決定的だったのはこの動画である。



金がかかっているなあ…という貧乏性的観察はおくとして、みんな楽しそう!
メンバーもそうだし、参加している一般の人たちも、何と楽しそうなのだろう。
これほど圧倒的な数のこんな屈託のない笑顔、そうそうお目にはかかれない。
笑顔とはこんなに素敵なものだったのだと、改めて思い知らされている。

秋元康は私と同世代(同学年)だから、歌詞に感じるところは多い。
この曲ではちょっと冴えない女の子に焦点を当てているが、これはおそらく、
センターを務めることになった指原へのエールだろうと考える。
いろいろあったけれど、ツキを呼ぶには笑顔を見せることだよ、と。
断っておくが、私は指原が好きなわけでもなんでもない。
このクリップに限っては、一番印象がいいのは篠田麻里子だ。
ただ、曲を聴いて指原へのエールと感じた、あくまでも個人的印象というヤツだ。

明快・若々しさが持ち前のニ長調の曲で、さらにメロディーに大きな特徴がある。
それは階名でいうところの「ファ」の音(音名なら「ソ」)が極端に少ないこと。
歌詞のついている部分で数えてみると、ワンコーラスにわずか二つしかない。
ワンコーラス目でいえば、サビの「ぼんやり聴いて」の「い」と、
「つま先から踊り出す」の「か」に「ファ」の音が当てられているだけだ。
少し音楽に詳しい人なら、どういう効果があるかを察していただけると思う。
ちなみにイントロには「ファ」が多用されていて、流れるような旋律になっている。
伊藤心太郎、これまた同世代(一学年下)だが、素晴らしいセンスだ。

イントロで、両手を交互に前後に突き出す仕草があるのだが、
これはおにぎりを作るイメージで踊るのだと指原が言っていた。
パパイヤ鈴木がそういう意識で振りをつけた…、そういうことなのだろう。
実際に何かの生放送で指原は「おにぎりぃ~、おにぎりぃ~!」と踊りながら言っている。
また別の放送を見たときには会場のヤローどもが「おにぎりぃ~!」と連呼していた。
こんなところにも、曲がどのように好かれているかを垣間見ることができる。
私も試しにやってみたのだが、この部分は意外に難しいように感じる…。

ただの下手糞?
ってか、踊ってみたのかよ?

えー、オホン。
昔、人気歌手は高値の花で、こちらから「行かなければ」ならなかった。
だが時代は変わり、AKBなどはあちらから「来てくれる」わけだ。
そういうプロモーションで、それなりに金を使って商売をしている。
そしてそれを支える消費者がいることで、彼女たちの音楽はまた続く。
50代半ばのオッサンとして隔世の感は否めないが、それはあくまでも営業のこと。
曲には、そういったホンニャラカンニャラは一切関係ない。
曲は曲で常に独立しているべきたと思うし、この曲は実際にそうだと思う。
長い曲なのにくどさはなく、いつ聴いても「軽い」と感じるのが実にいい。
最後に、サビのコーラスがとてもキレイだということを書き添えておこう。

ふぅ~!
2014 / 01 / 25 ( Sat ) 11:29:42 | たまには、歌 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。