スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
駐車違反のその後、審査請求書編


車両の所有者責任を果たせということで、放置違反金納付命令書がきました。
「この処分に不服がある場合には~審査請求をすることができます」とあるので、
東京都の公安委員会に対して審査請求をすることにしました。
処分に不服があるない以前に、取り締まり自体に不服があるわけですから。

ただ、審査請求なるものをどうやってするのかが分からないので、
警視庁放置駐車対策センターに電話をかけてその方法を聞いてみました。

俺「~というわけなんですが、どういう流れかおしえてください。」
セ「では申し上げますので、メモを取ってください。」
俺「はいお願いします。」
セ「A4の用紙を縦に使うイメージで、まず『審査請求書』と書きます。」
俺「はい。」
セ「次に請求書の作成年月日を平成から書いていただきます。」
俺「もう少しゆっくり話していただかないと、メモが取れません。」
セ「あ、分かりました。」
俺「年月日の次は何を書けばいいのでしょうか。」
セ「審査請求人と書いて、住所・お名前・電話番号を書いていただきます。」
俺「すみませんが、HPなどから書類のフォーマットをダウンロードできませんか。」
セ「そういうのは、ありません。」
俺「決まった書式を求められるのに、ないんですか。」
セ「ないんです。」
俺「不便ですね。」
セ「すみません、このまま続けますのでお願いします。」
俺「はい、仕方ありませんね、続けてください。」

バカなんですか!?

書類ができたら、センター宛に郵送してくれとのことです。
このご時世に、なんというアナログっぷりであることでしょう。
公安委員会のサイトにフォーマットを用意しておけば、
必要事項を記入するだけで話が済むではありませんか。
また、郵送ではなく、メールで送信することも可能でしょう。

審査請求書

ワードで、ちゃちゃっと作ってみました。
この審査請求は却下されるか、採り上げられても処分の取り消しにはならないでしょう。
そうなると、次は東京都を相手に裁判を起こすことになります。
楽しみです。
スポンサーサイト
2016 / 04 / 11 ( Mon ) 13:43:20 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
井之頭五郎さんの真似をした訳ではないのですが


東横線の新丸子駅のほど近くに、このお店はあります。
ちょっとした事情で武蔵中原というところにある歯科医に通い始めました。
歯科医は駅に隣接したビルにあるので電車に乗れば楽ちんなのですが、
散歩も兼ねて新丸子駅まで歩いてみたんですね。
そのついでに、孤独のグルメでやっていたお店を覗いてみました。
もともとは中華料理屋らしいんですが、何でもありのお店です。

名前を、「三ちゃん食堂」といいます。
ドアの外にまで店内の喧騒がこぼれ聞こえるほどで、盛況のようです。
怯むことなく扉を開けて入ると、中は大きな入れ込みになっています。
一人の私は、突き当りのカウンターの端っこに陣取りました。
歯を治療した直後ですから、消毒程度のアルコールで我慢します。

まず頼んだのは瓶ビール、私は生ビールを信用していませんので。

キリンラガー@三ちゃん

550円という、都心では考えられない価格設定です。
お通しの漬け物はもちろん市販の品ですが、まあ、ご愛嬌ですね。
好物のポテトサラダを品書きに見つけたので、頼んでみました。

ポテトサラダ@三ちゃん

350円でこれだけのものが出てくれば、万々歳ですが…。
この時期のトマトは、どうしても皮が硬いんですよねえ。
千切りキャベツなんか、要らないんですよねえ。
プレスハムが食べたい訳でもないんですよねえ。
マヨネーズは市販の業務用なんですよねえ。
というか、私はポテサラだけをどーんと食べたい人なんですけど。
ま、健康のために、生野菜もハムももりもり食べましたけどね。
驚いたのは、ポテサラの味付けなんです。
人生五十有余年、【ゴマ油風味】のポテサラは初めてでした。
ここいらが、中華料理屋さんの面目躍如ってところでしょうか。
全部食べてしまったので、けっこうお腹にたまりますね。

仕上げの品は、これも大好物のみょうがの天ぷらです。
注文が通っていなかったのか、やや時間差があって出されました。

みょうがの天ぷら@三ちゃん

みょうが2個が半切りになって4ピースの供出、塩が添えられています。
これは当然の揚げ立てで、十分に満足のいく出来上がりですね。
みょうがの香りとほこほこした食感が、ビールとドンピシャの相性です。
私は天ぷらを塩で食べるのを好まないので、醤油を垂らして食べました。
醤油の小皿はついてきませんでしたので、苦肉の策です。
これは280円、原価から考えれば妥当なところでしょうか。

以上、滞在時間は30分ほどだったと思います。
会計をしにレジに行ったら「830円でーす!」って、何かおかしいでしょ。
確認したら、ポテサラがつけ漏れになっていました。
三品しか頼んでいないのに、つけ漏れってどういうことなんでしょう。
忘れられていたみょうがが漏れているならともかく、ポテサラとは。
ホールは女性三人で回しているんですが、どなたにもやや難があります。
サービスの芯になる人が一人いれば、だいぶ違うのになあと感じました。

でもね、そんなことは気にならない、いや、気にしちゃいけません。
ここはそういう店と割り切れば、コストパホーマンスは抜群ですよ。
ビアタンを冷蔵庫で冷やしている店は、まずハズレませんからね。

安く美味しく飲むならイチオシは中華、このスタンスは昔も今も一緒です。
(ついでながら、二番目は寿司屋ですよ。)
次の歯医者の予約は、17:30。
治療を終えてここまで歩いたら、ちょうどいい時間帯になっているはずです。
こういう楽しみがあると、遠出も苦にならないのが呑兵衛の性ですね。
2016 / 04 / 06 ( Wed ) 08:35:58 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。