スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
節分が年々残念になっていく気がする


恵方巻きなんて習慣は知らん、そう言い始めてもう15年経ちますか。
つまり、例のコンビニが恵方巻き商戦を仕掛けて15年ぐらいですね。
購買層も海苔巻きにばかり流れて、打豆やイワシは今ひとつです。
スーパーでは柊の葉も見かけましたが、売れ残りも見られました。
節分の本義である【追儺】が軽視されるのは、残念でなりません。
「節分そば」という言葉も聞きますが、私はまったく知りません。
知らないというのは、我が家にはそういう習慣はなかったということです。
この手の行事は家庭家庭でやり方があるもので、少なくとも私の両親は、
節分だからと蕎麦を食べることはただの一度もありませんでした。
柊、イワシ、豆まき、それが我が家の節分の全てだったのです。
父も母も、昨今の節分を見てあの世で苦笑いしていることでしょう。

節分の次の日は、立春です。
暦の上では春なのに…という寒がりさんも、多くおいでのことでしょう。
ですが、立春を迎えれば春になった、という安直なものではありません。
「春が立つ」とは、「寒さが底を過ぎ、暖かくなり始める」程度のことです。
本格的に暖かくなるまでには、まだまだ日数を要します。
暑さ寒さも彼岸まで、あとひと月半ぐらいは辛抱するとしましょう。

近所にある成願寺の門の前には、紅白の枝垂れ梅が一対あります。
成願寺の梅 
画像は、今月一日の宵に梅と月と金星を無理やり収めたものです。
この梅が咲き始めることは、私の身に変化が起きる予兆になっています。
すなわち、花粉が飛散し始めるぞというサインなのです。
春の到来はありがたくもあり鬱陶しくもある、そんな個人事情です。

節分のあり方が変わっていくことを考えると、やや複雑な思いです。
ですが、そういう時代に生きているのだと思うしかありません。
クリスマスの次に嫌いな行事も、すぐそこに迫っています。
しばらくの間は、酒を相手に伝統行事の何たるかを考えてみます。

<鬼も来よ 春立つ宵の ひとり酒 義衛>
スポンサーサイト
2017 / 02 / 05 ( Sun ) 12:56:13 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。