中村歌右衛門を偲ぶ


昨日は、歌舞伎座昼の部を観劇してきた。
今月の歌舞伎座は「六世中村歌右衛門五年祭」である。
かの名優が没してはや五年、歌右衛門所縁の役者が揃い、
顔見世さながらの豪華布陣で華やかな舞台が展開されている。

あたしが歌舞伎に通い始めたときはすでに病床にあり
ついに生の歌右衛門に接することはかなわなかったが、
記録映像などで見ると、その美しさと芸格の高さがはっきり分かる。
とどまることのない芸への執念が、形となって伝わってくる。

歌舞伎座の展示場で、面白いものを見つけた。

絵 これは、歌右衛門自身の筆になる絵である。
 絵としてはさほど上手とは思われないのだが、
 芸の品格に通じる端正さがある。
 歌右衛門は犬が好きだったということで
 犬の名は代々「花子」だそうだ。


電報 こちらはグレタ・ガルボからの電報だ。
 写真はピンボケで見づらいのだが、LOVE LOVE LOVE と、
 それは熱烈なメッセージが書かれている。
 名優は名優を知る、と言えばありきたりに過ぎるだろうか。





六世中村歌右衛門の命日は3月31日である。
平成13年のその日は、異常気象の影響もあって東京の桜はなんと満開であった。
のみならず、その満開の桜の中に雪が舞うという奇跡のような一日だった。
生前こよなく桜を愛した歌右衛門は、桜と雪に見送られつつ、旅立った。

歌舞伎の役者には俳句や絵を嗜む人が多い。
歌右衛門の雅号は「魁春(かいしゅん)」という。
その魁春を、歌右衛門の没後一年を機に次男が襲名した。
そして長男の梅玉(ばいぎょく)と共に芸道に精進している。
昨日の舞台でも、兄弟揃って渾身の演技を披露してくれた。
まことに、故人の遺徳というほかはない。


2006 / 04 / 24 ( Mon ) 19:37:25 | 歌舞伎 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<ナポリタン | ホーム | サブジ二品~失敗から学ぶこと>>
コメント
タイトル:

ほぅほぅ。 新三様はこういうことまでたしなまれるんですね。素敵です♪ 私は歌舞伎には詳しくないけど、観るのは大好きです。  実はオペレッタにはまってから、日本の歌舞伎の良さが見えてきた邪道者です(汗) NYでも去年歌舞伎の公演があったらしいですね。 モントリオールにも来てくれたらいいのに・・・
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/04/26 12:42 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うわ~~…

こんなにまでコメントのつけにくい記事は
そうざらにはありませんでしょうに…。
それが証拠に、皆さんロムってスルーですよ。(笑)
R*さん、いつもありがとうございます。

歌舞伎を観るようになった経緯はまあそれとして、
観つけてしまえば所詮は大衆芸能ですよ。
ですから、「たしなむ」なんてことはありません。
ただの、歌舞伎ファンです。

オペラも観ましたけど、あたしは歌舞伎の方がいい。
向いていると言うのでしょうか、そんな実感があります。
きっと日本人のDNAのなせる業なのでしょう。
モントリオールに行くように、松竹に言っておきますね。

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/04/26 21:42 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:歌右衛門って~

パッ!拙者早乙女もんどのすけ~~(字が判りませんでした)
ですか?

堺俊二(字は合ってますか?)さんを思い出します~~

なんか、的外れなカキコですね\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

クレタ・ガルボも名前だけ知ってます~
アハハ、、、☆:・.*・.ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ .・*.・:☆、、、アハハ
名前: ハタ #mQop/nM. : 2006/04/27 20:57 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:あひゃ

「パッ!」は、市川右太衛門、北大路欣也の実父ですね。
旗本退屈男で有名です。

堺俊二は、堺正章の実父。
コメディアンにして、名脇役でした。

グレタガルボはあたしも見たことがないんですが、
伝説化されている女優さんですね。
ユーミンが「呉田軽穂」というペンネームを使っていました。

グレタガルボは知らないのですが、あとの二人は
ライブで知っているという微妙な年代のあたしです。

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/04/27 22:04 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/105-5bdb1860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |