スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
横浜中華街、その凋落-①…かもしれない


<胡瓜喰らひ息の涼しき貧家族 沢木欣一>
胡瓜を食べる=貧しい、ということでもないでしょうけれど、
「息が涼しくなる」感じは万人に共通ではないでしょうか。
土曜日に横浜中華街で食べた冷やし中華にも、胡瓜は乗っていました。
訂正:↑土曜日ではなくて、16日の日曜日でした。(汗)

今回の記事はちと長うござんすので、どちら様もそのおつもりで。
(それはそうと、タイトルの「凋落」は読めましたか?)

車を駆って家族四人で出かけたのは、久しぶりでした。
長男が大きくなったこともあり、四人の都合を合わせるのは、
これでなかなか大変なことになりつつあります。
中華街に行った目的は、ズバリ食材の調達。
でも、どこかで食事をしたくなるのも自然な欲求ですね。

ところが最近の中華街の堕落ぶりには、目を覆いたくなるものがあります。
完全に観光地化してしまったあの街に、以前の魅力は全くありません。
行列のできる店は回転重視の営業、瀕死の店は向こう見ずの張ったりメニュー。
いわゆる老舗は名前に胡座をかいた大名商売ときています。
金を払ってもいいと思わせる店が、激減してしまいました。
焼売で有名な清風楼では「ラーメンネギ抜き」を断られましたし、
穴場として有名な海員閣では店員の横柄な態度に辟易しました。
老舗の聘珍楼でもイヤな目に遭っていますし、もうボコボコです。
たまに「ランチ650円(税込み)!」なんて看板が目に入ったかと思うと、
内容が「卵のチリソース」などという意味不明のメニューだったりしますし、
「1,850円飲茶食べ放題!」の店では3品目で吐き気を催してみたり…。

でも、捨てるあたしあれば拾うあたしあり。
独自の嗅覚で、「ここなら!」という店を何軒か持っております。
その中の一軒が、広東料理の「徳記」です。
よそが行列しているような時でもほとんど待たずに食卓につけますし、
商売そのものが実直を具現化したようで、好感が持てます。

徳記 入り口徳記

店につながる小路の入り口は関帝廟通りという繁華な道路に面しているのですが、
敢えてそこを踏み込んでいこうという意思を持った人は滅多にありません。
左の写真がその小路の入り口、右が店の入り口前の様子です。
我が家の豚児共がチョロチョロと写っていますが…。(写したのか?)
ごく細い路地で、ちょいと奥は袋小路同然の、住民専用の小道という体です。

残念ながら料理の写真はありません。
写真を撮っているのがもったいないんです。
美味しいうちに腹に収めてしまいたいので、欲求最優先です。
ご興味のある方は「徳記」で検索していただければ、
ヤフーグルメか個人サイトがヒットするのではないかと思います。
それっぽい画像でしたら、そこそこあるはずです。
ちなにみ、と言うべきか当然、と言うべきか、店のHPはありません。
ご家族だけで細々と、でも真っ正直にやってらっしゃる稀有な店です。
あたしが最近中華街で選ぶ店は、どこもこんな傾向にあるようですね。
中華街情報をご希望の方には隠さずご提供いたしますので、
公開でも非公開でも、コメントをお寄せくださいまし。

で、これだけではちょっと淋しいので、焼豚の画像なんかいかが?
焼豚炒飯

左は、以前からご贔屓の店(焼豚専門店)の焼豚です。
広東式に食紅を使い、炭で焼いた肩ロースです。
右は、これを使ってあたしが作った炒飯です。
本場の焼豚はちょいと甘めにできていますので、こんな風に調理をすると
甘味がジンワリと溶け出してきて(*´▽`*)な感じの仕上がりになります。
ガキ共がシュババババ~ッと食べて、大人の口には入りません。

とこう書けばちょっと後味のいいエンディングなんですが、さにあらず。
この焼豚がまた、あたしの悩みのタネなんですよ。
前言の通り長くなってしまいましたので、焼豚の話はまた後日。
では、今回はこれにて御免蒙ります。
2006 / 07 / 18 ( Tue ) 23:26:36 | 美味しいもの | TrackBack(1) | Comment(9) | トップ↑
<<mixi疲れちゃま | ホーム | 幸運の連鎖>>
コメント
タイトル:

クーラーがないほど貧しいから、胡瓜を
食べて涼をとるってことでしょうか?
んー・・・胡瓜好きなR*は季節に関係なく
食べちゃいますけどね。

写真を撮ってる時間も勿体無いくらい
美味しい料理って?! いいなぁ。
新三さんが調達してきた食材の紹介も
楽しみにしています。
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/07/19 01:50 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おはようございます

そうですね、昔はクーラーなんてありませんでしたものね。
あたしの家に来た最初のクーラーは、水冷式でした。
昭和45年頃の話ですよ。(古~~)

写真ね~(笑)
外食で写真を撮るのって、どうも心苦しくて…。
作る人は、美味しいうちに食べて!って思うでしょう。
ほんの何秒かの差なんでしょうけれど、なかなか
カメラを構えることができないあたしです。
やっぱり、作る側に立っちゃうんですね…。
これも、職業病でしょうか?(笑)

食材、今回は麺が中心だったので地味かも。
レポ、忘れないように心がけておきますね。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/19 08:43 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんにちは、新三さん。

こちらへコメントするのは
ものすごく久しぶりですね。

中華街へは2、3度しか行ったことがないし
お店がたくさんありすぎて
どこがいいお店なのか分かりません。

新三さんがおっしゃるように
美味しくて良いお店もあるのでしょうが、
トイレも少ないし?喧騒が苦手なので
わざわざ行って食べようとは思いません。

話は変わってクーラー
…今でもウチにありません(笑)。
小さい時は土地柄、なくて当たり前だったのですが
こっちに住んでクーラーがないともう「死む!」

今年は買おうかな…。。
名前: あや #FXFsWAag : 2006/07/19 12:49 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:クーラーでクラク~ラ(イミフ)

ほんとにお久しぶりで、思わず最後のカキコを調べちゃいました。
なんと、5月11日。

中華街、ダメ過ぎます。
凋落を招いたのは、我々客なのかも知れませんけどね。

クーラーの代わりにお勧めなのが、冷温風扇。
昨日、ラジオショッピングでやってました。
いや、あたしは使ったことがないんですが、よさげでしたよ。
税込み12,600円(送料別途)だったと思います。
検索してみてください。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/19 17:47 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

子供って大きくなると家族と出かける機会あんまりなくなりますよね。私親と殆ど出かけません。
中華街は1回言ったことあるんですけど、その時は楽しかったのに・・・

名前: ぺん子 #- : 2006/07/19 23:18 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんばんは☆

中華街、懐かしいですねぇ;
中華街を歩いてた頃の私は、20代でした。。。(^_^;)
焼き豚を使ったチャーハン、おいしそうです♪
わが家の今夜の晩ご飯は、エビチリでした!
中華のレパートリーも増やしていきたいです(*^_^*)
名前: みか #mQop/nM. : 2006/07/20 00:10 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おはようございます

ぺん子さん、みかさん、レスが遅くなりました。
昨晩は久々にバイクのブログを書いていて、その後沈没。
コメント、ありがとうございます。

ぺん子さん
ウチの長男は中二なのですが、休みの日は
もっぱら友達と遊ぶようになってしまっています。
今回も横浜行きを「ウン」と言わせるのに苦労しました。
たまには親御さんと出かけてあげてください。

みかさん
20代?じゃあ、ついこの間の話ですね。(笑)
コメント4人目にして、ようやく炒飯に触れてくださって…。
レンゲも、今回中華街で購入してきたものです。
中華料理も作られるんですね~。
ご家族のために「レパートリーを増やす」なんて、
主婦の鑑というものですぜ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/20 09:20 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:読めたよ。

「ちょうらく」とは読めるんですが、イザ書くと自信が無いかも^_^;
昔の中華街っていうものを知らないとあんなものかな?って思ってます。
並んでいないお店は美味しくないと思いますし、並んで待つのも疲れます。
そうすると、バーミヤンでいいやってな具合です。
尤も、こちらには中華街は存在しませんけどね。
韓国食堂は頑固なのでしょうか?日本人に合わせるのは辛さ程度で、味そのものは韓国のままです。
価格は日本価格かな?
こりゃ、一度食べて「嫌い」と思った人は二度と来ないですよね。
名前: 尹 大植 #GCA3nAmE : 2006/07/22 09:54 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:行列

【ちょうらく】正解です。

人が並んでいると、「ここは美味しいに違いない」と安心するんですね。
美味しい不味いは自分の舌が決めることなのにねぇ。
まったく、日本人の悪い癖です。
並んで飯を食うってのがデ~キレ~なあたし。
なので、中華街では並ばなくて済む店を三軒確保してあります。

>こりゃ、一度食べて「嫌い」と思った人は二度と来ないですよね。
そうでしょうね。
でも日本に居ながらにして本場の味を楽しめる…。
あたしはあのお店の味、好きですよ。
また、行きましょうね。

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/22 16:53 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/134-23aab037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
関帝廟関帝廟(かんていびょう)は、関帝(関羽・関聖帝君・関帝聖君)を祀る廟。孔子を祀る孔子廟(文廟)に対比させて、武廟(ぶびょう)とも呼ぶ場合もある。関帝廟の本殿は中央に関羽を祭り、右側に養子の関平を、左側に配下の武将周倉の二神を祭っている。関羽は、信義 街-NAVI【2007/08/01 20:28】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。