言葉


<兎も片耳垂るる大暑かな 芥川龍之介>
前回の記事で「本歌取り」と書きましたが、俳句なので「本句取り」とすべきでした。
謹んで訂正したいと思います。
で、お詫びかたがた芥川の手になる本句を掲載した次第です。

この句には「破調」という前書きが添えられています。
「ウサギモ」が四文字で一字足りないことも破調ですが、破調には別の意味もあります。
うだるような暑さの中、片耳だけを垂れる兎はまずいないと言っていいでしょう。
垂れるのであれば、両耳を垂れるのに決まっています。
ですからそれを「片耳」と表現したこと自体に芥川の言葉遊びが見受けられるので、
さすが知性横溢する作家の俳句と言わざるを得ません。

言葉の持つ底知れない力を見せつけられる思いです。
話は変りますが、ジダンの頭突きを誘ったマテラッツィは何を言ったのでしょう。
たとえ悪意に満ちた暴言を吐いたとしても、「俺は何も言っていないよ。」と
開き直れば、それまでの話ということになってしまいます。
言葉の怖さというのは、跡形もなく消えてしまうところにあります。
文字活字で残るものに関しては、残ってしまう怖さもあります。
ペンは剣よりも強いというのも、あながち誇張ではありませんね。
あたしが不思議に思うのは、「言葉は怖い」ということを、今あたし自身が
「言葉を使って」ここに書こうとしているこの事実です。

どうしてこんなことを記事にしようとしているか、その理由も書いておきましょう。
昨日、一ヶ月ぶりに「日本語コラム」に新しい項目を追加したんです。
いつものことなのですが、コラムを書く際には辞書や文献を傍らに置いています。
で、昨日もいつも通りにそのようにしていたのですが、その時にふと感じたんですよ。
「あ、俺ってば、ブログを書く時はこれほど丁寧にしてねえなぁ…」と。

人様のブログなどでタイプミスや言葉の誤用などを見ると、「えっ?」と思います。
でももしかしたら自分も知らないうちに同じような間違いをしでかしているかもしれません。
そう思ったら、「ちょいと気合を入れなくっちゃいけねえな。」という気がしてきたんですよね。
あんまり肩肘張ってもどうかとは思いますが、最小限の丁寧さを忘れてはいけませんね。

とまあ、ざっとこんな事情で、気合注入のためのUPでした。


2006 / 07 / 27 ( Thu ) 18:32:14 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
<<七夕はタナボタじゃないんだ | ホーム | チキンサラダのサンドイッチ>>
コメント
タイトル:

新三様のお言葉、耳に痛いです(汗) 10年以上も日本を離れると、日本語も自然崩壊の一途を辿ってしまうので、どう努力してもなかなか思い通りに書けないことが多いですね。 ブログってある程度書きっぱなしのところがありますよね。 自己表現なのでそれでいいと言う人もいますが、読み手がいる気合というものを忘れない様に続けていきたいと思いました。 【喝】、ありがとうございます!

では、日本語コラムで勉強してきます!
(行ってきました! クイズの当て字(宛字だと思ってましたが(汗)、わかりましたよん♪)
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/07/28 01:53 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:ねえ、R*さん…

「新三様」っての、やめてくださいよ~。
今までにも何度も申し上げているのに、忘れた頃にこれだもの。
くすぐったくてくすぐったくて、落ち着きませんてば。

で、日本語を話さなくなれば日本語を忘れる、当然のことです。
言葉ってのは元々そういう性質のものですよ。
でも、意識の持ち方ひとつで、少しでも高いレベルを保って、
雪崩現象を食い止めることができると思います。
仮に日本語がダメだとしても、英語とフランス語は
確実にスキルアップされておいでだと思います。
それはそれで、いいことなのではないですか?

最悪の当て字、お分かりになりましたか?
じゃ、日本語もまだまだ大丈夫ってことですよ。
どうぞ、ご安心あれ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/28 22:05 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんばんは☆

私は、ず~っと日本に住み続けていますが(笑)、かなり間違った使い方をしていると思います;
ただ、投稿をする時は、かなり何度も書き直し、読み直してからするのですが、送った後でも「こう書けばよかった;」とか考えてしまいます。
ブログは、いつでも気づいた時に直せるから、そこまではしないんでしょうね。

完璧な日本語でなくても、とりあえずは読んでもらえる文章を書きたいなぁって、これでも(!?)思っているつもりです;

クイズ、自信はありませんが、そうだとしたら。。。私もよくやりがちな当て字ですね(笑)
名前: みか #mQop/nM. : 2006/07/28 22:28 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:そうですね…

ブログは修正が利くので、ぞんざいになりがちなのかもしれませんね。
あたしは間違いに気付いても、修正せずに残すようにしています。

みかさんの文、ブログ以外のものも読ませていただきました。
とっても分かりやすい文を書かれると思います。
あたしの文はやや観念的になる傾向があるので、
「酔っ払いの独り言」などと評する友人もいるぐらいです。
みかさんの文にはそういう傾向はありませんものね。
あくまでも実生活レベルの視線で書かれた文、
とっても好感が持てますよ。

宿題、お分かりになりましたか。
ユンテシさんが掲示板に「滅多」ではないかと
書いてくださったのですが、違います。

R*さんとみかさんは、どこだと思われたのでしょう。
逆にあたしの方が気になってたりします。(笑)

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/28 23:15 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:当て字の続き

R*さんが「管理者宛」で正解を答えてくださいました。
また、あやさんが掲示板=http://www.style-21.com/abc/shinza/で正解されています。
引っ張る意味もありませんので、答えを書いておきます。

最後から三行目の「おさらいして見ては」に誤りがあります。
「目で見る」ということではありませんので、ここはどうしても
「みる」とひらがなで表記したいところなのです。

楽しんでいただけたのなら、ようございました。
暑気払いとまではいきませんが、頭スッキリ!ってことで。(笑)
ささ、ビールビール!
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/29 18:05 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/138-fc6af1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |