スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
先生は先生と呼べ


<運動会少年の日は長かりき 三溝沙美>
俳句では、運動会は秋の季語に分類されています。
運動会の練習に余念がない小中学校もたくさんあることでしょう。
取り仕切る先生方も、さぞかしご苦労なことだと拝察します。

先生には、大きく分けて三つのタイプがあるように思います。
ひとつは、○○先生としか呼べないような厳格なタイプ。
次は、ニックネームで呼べるような気さくなタイプ。
そして、つい呼び捨てにしてしまうようなタイプ。
皆様の思い出の先生は、どのタイプに属しますか?

今日は他のことを記事にするつもりだったのですが、
ちょいとばかり気になることがあったので、その話です。
長男の同級生のお母さんが、学校の先生を呼び捨てにしていたんです。
親同士の会話の中でのことなのですが、正直、ハッとしました。
当人同志はそれが合言葉か何かのように自然に使っているのですが、
聞いているこちらは、思わず眉をひそめたくなります。
あの調子では、子供と話をするときにも呼び捨てでしょうね。
子供同士の会話の中でなら、分からないでもありません。
あたしも中学高校の頃は先生を呼び捨てにして粋がっていました。
しかし、親が先生を呼び捨てにするというのはおかしな話です。
親が模範を示さなければ、子供はそれでいいのだと勘違いするでしょう。
状況によらず、親が先生を呼び捨てにするなどあってはならないことです。

仮に先生の能力や人格に問題があるとしても、呼び捨てはいけません。
親が先生を育てるぐらいの広い気持ちで、真摯に向き合うべきです。
それがひいては子供や社会のためになるのだということに気づくべきです。
呼び捨てのご本人は、学生時代に戻ったような錯覚でもあるのでしょうか。
周りも自分も見えていない、お気の毒な話と言うよりほかはありません。

お子様をお持ちの方、これから子持ちになられる方、ゆめお忘れなさいませんように。
2006 / 09 / 15 ( Fri ) 19:42:05 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
<<梅干 | ホーム | 中秋の名月>>
コメント
タイトル:困った問題

最近は、こういった類の話しが多いです。
年上に「おはよう!」はないでしょう。
それに、子供に○×さんというさん付けもおかしくないでしょうか?
小学生に何で気を使うのかな~
校内放送でもさん付けなのでしょうか?

お隣、韓国では言葉遣いは厳しいものです。
日本人の私にすらですよ。
年上の礼儀が生きていることに感心させられました。(私が忘れかけていたのかもしれません)
私が知ってる韓国語は全てが丁寧形ですので子供に使うのは変だそうです。
日本でももう一度礼儀を考えるべきでしょうね。
ちなみに、礼儀は家庭からです。
家庭できっちと教え込みましょう。
名前: 尹 大植 #GCA3nAmE : 2006/09/17 16:53 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:その通りです!

家庭は社会の基本単位、そんなことは絵空事でしょうか。
家庭の中で、親子が、ある先生を呼び捨てにして話していたら…
そんなの、コミュニケーションとは言いませんよ。
レベルの低い悪ふざけに過ぎません。

韓国は儒教の国ですから、厳しいのは当然ですね。
日本だって、ちょっと前まではこんなではありませんでした。
あたしも体育会系なものですから、上下関係にはうるさいです。
封建制も、いい面だけが残るのなら歓迎ですけどね。

やはり、あたしが世直ししちゃいますかね。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/17 21:35 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:凄い先生は呼び捨て出来ません!!

あさひが小学校六年のときにめちゃくちゃ
怖い担任の先生がいましたね。
軽くふざけていると京都の旅行で買った
と言われているステンレス製の十手で
お尻をたたかれたもんです。

生活態度に厳しかったですが何故か
クラスのみんなからは慕われてましたね。

卒業式で悲しそうな表情を見てより
一層その先生が好きになりました。

今思うとその先生以上に尊敬できる人に
まだ出会ってません。
何処が凄いという訳ではなかったんですが
その先生の持つ雰囲気が凄かったんでしょうね。

せんせ~、あさひは今日もがんばって
生きてますよ~♪
名前: 椎名 あさひ #6x2ZnSGE : 2006/09/17 21:46 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おや!

あさひさん、こちらへは初めてですよね♪
ようこそおいでくださいました。

あたしの高校時代の恩師も、それはそれは厳しい人です。
蛯原先生と仰るのですが、とても呼び捨てには出来ず、
クラス中で敬意をこめて「エビテン」と呼んでいました。
今でもクラス会などがあると、そのまんまです。

あさひさんの声が、担任の先生に届きますように。

また遊びにいらしてくださいね。


名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/17 22:31 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんばんは☆

私の子どもの頃の先生は、すごく厳しい方ばかりでした;
あと、先輩にもいろいろと教えられました!
挨拶の仕方はもちろんですが、年上の男性の方を「苗字+クン」と呼ぶのは、ちょっと気がひけますね。。。
他の人が呼んでいるのを聞くと、ちょっと気になります。
私だけでしょうか???
名前: みか #mQop/nM. : 2006/09/17 23:32 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

みかさん、たまには日本語コラムを読んでくださっていますか?
今年の6月11日づけで、敬称に関するコラムを書きました。
「~さん」というタイトル、ご一読願えればと存じます。
http://www.geocities.jp/dreamboat_to_be/framepage1.html
あたしが後輩から「クン」呼ばわりされたら、殴ります。
あ、そんな命知らずの後輩はいないかな…(笑)

大人は子供を甘やかすためにいるのではありません。
ものの良し悪しの判断基準として存在すべきなのです。
「俺がダメだと言ったらダメなんだよ!」なんて、
ちょっと強引なようですけどこういう態度が必要です。
それを、あぁた、親からして先生を呼び捨てとは…。
そういう人だけどこかの島に閉じ込めたい気がします。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/18 00:43 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:出遅れました・・・

北アメリカの公立の学校では先生は苗字ではなくて名前で呼ばれることが多いんですが、何故かMr.とかMs.を名前の前に付けます。 これが一応尊敬の印みたいなものなのかも? 高校や大学位のレベルになると苗字を使う場合が多くなるんですけどね。

そんなことはいいとして、「状況によらず、親が先生を呼び捨てにするなどあってはならないことです。」

ごもっとも! 私の生徒の親御さんに
聞いて欲しいわ・・・
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/09/18 22:02 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:遅レス、ご容赦!

日本の英語教育の現場では、先生はMr.○○かMr.○○と呼ぶように教えます。
○○には、Family Nameを入れるのが普通ですね。
ハリーポッターでは、Professor○○でしたが、
魔法学校の先生はプライドが高いのでしょうか。(笑)
ついでに、ハリーポッターの世界では、
先生が生徒を呼ぶときもMr.やMissを使っていましたね。
嫌味にさえならなければ、敬意を表することはいいことです。

それに引き換え、先生を呼び捨てする親…。
世も末、なんて言い方をしますけれど、
世を末に導いているのは、間違いなく「バカな大人」です。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/19 18:00 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/155-16b4455c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。