スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
梅干


<梅干してあたりにものゝ影もなき 富安風生>
【梅干】や【梅を干す】は夏の季語ですが、今日は梅干の話なのでウメボシを。

おやつ 昨日、子供達と車で出かけました。
 これは目的地の一つである、東京あきる野市の
 「秋川ファーマーズセンター」というところ。
 早い話が近隣農家の生産物の直売所ってわけです。
 往路だけで100分もかかってしまい、子供もお疲れ。
 長時間の乗車は、さすがに、あきる野~~(黙って次!)

梅干 野菜嫌いのあたしは、野菜には目もくれずに
 こんなものを購入してまいりました。
 原材料名、たったのこれだけですぜ、檀那!
 昔の梅干はみんなこんなものでしたけれど、
 減塩!なんてなことが叫ばれるようになって
 ちょいとばかり様子が変わっちまいました。
伝統を踏みにじる、梅干とは呼べないようなインチキな代物の話は後半で。
これ、ウチに常備されている梅のケースの裏っ側です。
梅漬け 紀州の南高梅という高級品種を使ったものですが、
 原材料はご覧の通りで、実に盛りだくさんですね。
 実はこれ、本物の梅干とは作り方が全く異なります。
 濃い塩水に梅をどっぷりと漬けて強制脱水し、その後
 調味液に浸して塩を抜きつつ味を滲みこませます。
 梅干ではなくて、梅漬なんですね、こいつは。
よくしたもので、本物の梅干がある間、こちらの梅はちっとも減りません。
子供達でさえ、しょっぱいのすっぱいの言いながらも、本物を食べます。
特に、おにぎりにして海苔を巻くのが美味しいのだと口を揃えて言いますね。

経済全体から考えれば売れるものを作るのが一概に悪いとも言えませんし、
こういう製造技術を開発することにも十分に価値はあるのだと思います。
ですが、それで伝統的な梅干の製造技術が駆逐されてよかろうはずもありません。
いや、能書きを垂れている暇があったらあたしも梅干を作れ!ってことなんですけどね。
来年こそ挑戦…と決意を新たに…しました、します、しましょう!
ただ、来年の梅の時期までこの決意が持続するかだけが問題です。

皆様にお願いです。
ご自宅で、あるいはご家族ご親戚ご近隣で、
本物の梅干を作っているお宅はないものでしょうか。
新三、本物の梅干に対して相当な興味と執着を持っております。
1キロ1,500円までなら出しますので、情報をお寄せください。


本日の新三
血圧と脈拍 121-89mmHg 74/分 相変わらず、下が高め
体脂肪率  20.0%
脳年齢   27歳
英語力判定 AAA
2006 / 09 / 18 ( Mon ) 11:14:47 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(9) | トップ↑
<<「おはぎ」と「ぼたもち」 | ホーム | 先生は先生と呼べ>>
コメント
タイトル:脳が鍛えられてきてますね♪

私も本物の梅干が欲しいです!
あのなんだかわからないものが一杯
入った梅干は梅漬けだったんですね?!
作り方も違うなんてびっくりです。
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/09/18 21:55 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんばんは☆

梅干、この辺では皆さん作っていますよ!
梅干はその名のとおり、漬ける前に干します。
「三日三晩の土用干し」と言われ、どこのお宅の庭にも梅が並んでいますよ☆
最近では、「かつお梅」なんてのもありますが、やはり紫蘇のたっぷり入った梅が1番です(^^♪
主人の母が漬けてくれた梅干は、主人のお弁当に欠かせません;
来年こそは、自分でやってみようかな~って思います!

↓のコメントの件、よ~くわかりました☆
新三さんのコラム、もう1度読み直さなくっちゃ!!!
名前: みか #mQop/nM. : 2006/09/18 21:57 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

梅干ってうちばーちゃんが作ったのしか食べたこと無いです。
これはちゃんと梅干なんですかね?w
うちは梅干に使った干したシソの葉を
つまみ食いするのが好きな子供でした笑
名前: けろ #ehuBx04E : 2006/09/18 23:12 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こちらも、遅くなりました

皆様、コメントありがとうございます。
本物の梅干がまだまだ残っているようで、安心です。

R*さん
梅干ってのは基本が保存食ですから、日本から送れますよ。
植物の種って、検疫で引っ掛かったりしますかね?
アレは種じゃなくて実だから大丈夫かな。
カナダで梅干、何にお使いになるんでしょう。
やっぱり、本命はおにぎりですかね。

みかさん
みかさんご自身は未体験ゾーンなんですね。
あたしも来年こそは挑戦してみたいと思っています。
作業の流れや段取りのイメージはつかめているんです。
要は、やる気を出せってことなんです、ハイ。

けろちゃん
ばーちゃんが作ったのしか食べたことがないって、
実はとっても幸せな話ですよ。
梅干を作る技術が代々受け継がれているおうち、
今の日本にいったいどれぐらいあるんでしょうね。
シソの葉は、焼酎のお湯割りに入れても美味しいですね。

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/19 18:18 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

梅干、年寄りっこ(って言ったら怒るんだろうなぁ・・うちのママンはいまだにフェロモン系70歳)だったもので、家で漬けたものしか食べたことがありません。
すんごくしょっぱくて、すんごくすっぱいです。スーパーで売っているものをかじったら甘くてびっくりして、これは梅干じゃないよなぁ・・と思った記憶があります。

でも小学生のとき友人にあげたら「すっぱすぎて食べられない」といわれ哀しくてオカンを責めた思い出が。悪いことしたなぁ。
その時のトラウマからコソコソ自分ひとりで食べていましたが、意外と昔ながらの味を求めるひともいるのかもですね。今度ブログにUPしてみます。
名前: コトリ #8kSX63fM : 2006/09/20 08:22 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:そうですね

昔の味を懐かしむのは、故郷を懐かしむのに似ているのでしょうか。
あたしは東京生まれの江戸育ちなので、故郷がありません。
故郷を懐かしむ気持ちというのも分かりません。
コトリさんのように海外在住の方は、さぞかし
そういうお気持ちが強いのだろうと拝察いたします。

あたしが本物の味を求めるのは、昔を懐かしんでのことではありません。
食という文化をきっちりと定着させて、次代に渡したいからです。

お友達に食べられないと言われたらショックでしょうけれど、
それが正しい梅干であったのなら恥じるには及びません。
正しい食文化の継承者として、胸を張ってください。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/20 21:48 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

梅酒も梅干も、おばあちゃん(主人の母)が作ったものを食べています。
が!その作り方で作っていません(涙)
くっそー1500円いただけたのに・・(笑)
そして、味噌もつくっちゃってます私たち♪
その梅干食べてみたいです。
高島屋に一個200円の梅干が売っていますが、これではないですね。
また、梅干売り場でうろうろしてしまうでしょう(涙)
名前: ゆみ #- : 2006/09/20 23:37 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:忘れていた・・

きゃーーーーーーーーーーーー!

才くん素敵!
名前: ゆみ #- : 2006/09/20 23:37 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:えっ?

昔の人が作るとしたら、梅と塩とシソだけでしょう。
おばあちゃまはどんな作り方をされるのでしょうか。
そしてゆみさんが食べてみたい梅干って?

で、再投稿してまで才のことを…(汗)
顔もろくに写っていないというのに、ご苦労様というか
ありがとうというかご愁傷様というか…。
ナニワのおばちゃまパワー、炸裂!
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/09/21 00:16 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/156-801ae3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。