スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
それぞれの夏


<草いきれ尾さばきもなき馬の後 能村登四郎>

昨日の第74回日本ダービーを勝ったのは、「ウオッカ」という名の牝馬でした。
名前の通りにパンチのある馬体と走りで、男共を一蹴して栄冠を勝ち取りました。
府中のターフに草いきれがあったかどうか、テレビ越しには察しかねましたが、
ウオッカの尾はだらしなく垂れ下がるようなことはありませんでした。
レース中は走ることに全力を上げ、レース後はグッと胸を張っていました。
牝馬にしては大柄なのですが、気品溢れる素晴らしい容姿の持ち主です。
夏にしばしの休息を取ったら、秋はヨーロッパのレースに向かうそうです。

東京両国の国技館では、草いきれならぬ人いきれが大変だったことでしょう。
前日の14勝目で優勝と横綱昇進を決めた東正大関の白鵬が、不調の横綱
朝青龍を下して15戦全勝で優勝と横綱昇進に花を添えました。
昨年の名古屋場所の優勝後に横綱昇進を見送られ、翌九月場所では自滅。
十一月の九州場所は怪我で休場という苦難を乗り越えての横綱昇進です。
今場所の相撲は15日間通して質が高く、またどっしりとした安定感もありました。
相撲の幅が広がっているのもたいしたものですし、貫禄もついてきています。
逆境は人間を強くするのでしょうが、それに押しつぶされてしまう者も多いのが現実。
22歳2ヶ月の若さでの横綱昇進は見事の一言で、今後の充実も大いに期待されます。
横綱昇進直後は公私になにかと忙しいので、稽古不足になりがちなのが唯一の心配です。
その意味では暑い七月の名古屋場所の土俵が大切で、今場所のような気合に満ちた相撲を、
そして正々堂々とした横綱相撲を、また土俵上に展開してもらいたいものだと思います。

強い者には、心からの賛辞と惜しみない拍手を贈りたいと思います。
本当に強い者は、相手に対してだけでなく自分に対しても強いはず。
ウオッカにも白鵬にも、今の己に満足することなく更なる高みを目指して欲しい。
願わくば、それぞれの夏が更なる飛躍の序章にならんことを。

おめでとう、ウオッカ。
おめでとう、白鵬。

え~っと、馬の人とモンゴルの人、日本語通じてまつかー?( ゚^∀^゚)σ゚。


2007 / 05 / 28 ( Mon ) 08:11:37 | スポーツ | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
<<パイナッポー! | ホーム | 野菜嫌いの野菜使い>>
コメント
タイトル:馬はともかく

白鵬関にはかろうじて通じると思いますw
それにしてもウオッカは本当に強かった。
時計が2.24.5というのも、非常に優秀ですね。
実は感激のあまり少々涙ぐんでしまったことをここに告白いたします。(爆)

名古屋場所といえば、3年ほど前にいわゆる「砂かぶり」という土俵下の席で
観戦したことがあります。
(もちろんいただきもののチケットですが^^;)
その時の結びの一番が朝青龍vs琴乃若でして、
一度は琴乃若が朝青龍を裏返して土俵に投げつけたのですが、
琴乃若の手が先についたと物言いがつき、
結局取り直しで朝青龍が勝利。
わたしは向正面でみていたのですが、手がついたとはいえ横綱が背中から土俵に落ちたわけですし、
今でも琴乃若が勝ったと思っています(`・ω・´)

でも物言いをつけたのがわたしの前に座っていた(元横綱)貴乃花だったから仕方ないか・・・。
名前: elaathena #I678atB6 : 2007/05/28 15:16 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:強いウオッカにクラクラ♪

はい、強かったですね。
レースリプレイを何度も見ましたが、正攻法だったのが偉い。
三コーナー過ぎから自分でレースを作りに行きました。
それで二着を三馬身ちぎるというサプライズパフォーマンス。
三着のアドマイヤオーラなんざG前内に外にフラフラダンス。
ウオッカはやや外に逃げ気味でしたがほぼ真っ直ぐに走ってました。
歴史の証人、おめでとうございます。

琴乃若とは懐かしい名前、親孝行で有名でしたね。
面差しの優しい、綺麗なお相撲さんでした。
朝青龍が裏返しなんて、滅多に見られる光景ではありません。
elaathenaさん、あちこちで歴史の証人をなさってるんですね。
あたしは、大相撲観戦に行ったことがないんです。
砂被りのチケット、激しくキボン。(ウオッカは一着あたしは横着、ゥィゥィ♪)

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/05/28 17:22 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:お相撲と競馬

おはようございます、新三さん。
シルフィーはどちらも詳しくはないのですが。
昨日、たまたま競馬通の方と一緒でした。
大した話をしたわけではないのですが、「馬も牝馬、やはり女性は強い次代だなぁ~」なんて言われました。(笑)
(その方、今年に入ってあるコツを掴み、万馬券を何度も当てているそうですよ。)
白鳳じゃなくて白鵬。
モンゴル2横綱時代の到来ですね。
朝青龍は強いけど、最近何かと騒がれていることが多いので、横綱らしい横綱となってほしいな、と白鵬に思います。

それから、別記事でしたが、以前お話にあったZARDの坂井和泉さん、お亡くなりになったのですよね。。。
突然の訃報で残念に思いました。
癌治療で手術・闘病されていたのも全然知りませんでした。
昨日、一昨日と慶応大病院は大変でしたね。
ご冥福をお祈りしています。。。
名前: シルフィー #UVEHx0xA : 2007/05/29 09:57 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

また誤変換しちゃってました。汗
時代ですね。あはは。。。
編集するとタイトルが消えちゃうので、こちらで書かせていただきます。お恥ずかしいので、そのままにしておくことができません。^^ゞ
(編集画面になるとタイトル欄の設定が無いテンプレって意外とあるんですよね。
どうして欄を作ってないのかしら??)
名前: シルフィー #UVEHx0xA : 2007/05/29 10:00 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんにちは

シルフィーさん、お知り合いの「馬券のコツ」今度公表してもらって!(切実)

横綱にとって品位ってのは相当大事だと思うんですよ。
強いことも大切な条件ですけど、人間ができていないとね。
二人ともまだまだ若いですし、これからに期待大です。
>モンゴル2横綱時代の到来ですね。
まさにそんなことになってしまいまして、日本人の奮闘が待たれます。
ところで、「青白時代」って「アオッチロイ」感じでイヤですね。
「龍鵬時代」の方が強そうでいけてるのになぁ…。
でなきゃ自虐の意味を込めて「モンゴル時代」なんちて。

誤変換ってのは、坂井和泉の【和泉】ですかね。
細かいことは気にせずにいきましょう。
でも和泉元彌を泉水元彌と変換してしまったら、
坂井泉水ちゃんが浮かばれない気がしますけど。(合掌…)

そうそう、コメントを編集するとタイトルが消えちゃうんです。
なのであたしはコメントを全コピーしてから一旦削除、
改めてコメント欄を開きペーストして必要な修正をします。
コピーしたつもりでされていなかったりすると、泣きます。
二度と同じ文章は書けません。(T▽T)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/05/29 15:29 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/242-d7e37562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。