スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
マグロキムチユッケ


マグロの中落ちをわざわざキムチユッケにするには、理由があります。
それは、混ぜるものの中で、マグロの単価が一番高いことです。
キムチにしても他のものにしてもマグロよりは安いので、
マグロ以外のものを多く混ぜれば混ぜるほど単価が下がります。
もしマグロだけで丼にしたら、かなり高い食事についてしまいます。
それにマグロだけなら酢飯にしたくなってしまいますしね。

続きに画像をおいてあります。

マグロキムチユッケ 飯に乗せなければ、もろに酒のツマミです。
 ビールや韓国焼酎には合いますね。
 でも今回は丼に仕立ててあります。
 味の面でも食感の面でも飽きないように、
 野菜を入れてみたり海苔を乗せてみたり。

この料理のポイントは、和えたらすぐに食べることにあります。
調味料として醤油を使うのですが、マグロの身というのは醤油を吸うと
色がどんどん悪くなっていく傾向があります。
特に冷凍のマグロの場合にはその傾向がいっそう強くなります。
今回のマグロはニュージーランド、もちろん冷凍で入ってきたものです。
今、向こうは冬ですから、脂の乗り具合はとてもよかったのですが、
やはり醤油を吸わせるような調理には時間の気遣いが必要です。
色が落ちても味に影響はないのですが、黒っぽいよりは赤っぽい方が美味しそうです。

ところで、あたしは滅多に冷凍の食材を使いません。美味しくないからです。
でも、マグロの生を使おうとすると、目の玉が飛び出るほどの値段になります。
そんなマグロは、銀座辺りの寿司屋ででもなければ容易には売れっこありません。
だからといって挫けずに探せば、こんなマグロにブチ当たることもあるわけです。
市場通いの楽しさと言ったらオーバーですが、コストパフォーマンスの高い食材探しは
料理をする人間の大きな楽しみの一つと言っていいと思います。

ブログランキングに参加しております。
食欲が湧きましたら、こちらのクリックをお願いいたします。→応援、よろしく!



2006 / 07 / 03 ( Mon ) 19:01:07 | 韓国料理 | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
<<貰った勇気はクソ勇気 | ホーム | ついに、四人目です>>
コメント
タイトル:

いつもいつも美味しそうで・・・
まぐろなら手に入るけど、絶対外国モノですw
ライム汁でマリネしたサビーチェ(だっけ?)は好評だったので
次回はこれかな? 勿論、ポチッとして帰ります♪
名前: R* #cDvBsRdY : 2006/07/05 12:21 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

いつもありがとう存じます。
これは、旨かったですよ~。
いや、むしろ、不味い要素がないって感じでしたかね。
御地のマグロのタチが分かりませんが、
そのマグロを味見することができるのであれば、
それに即した調理法のサジェスチョンもできるのに~。
マグロを一番美味しく食べる方法は、生&ワサビ醤油です。
マグロは、「生で食える獣肉」なんですよ。
100キロも200キロもあるんですから、もはや魚じゃありません。
獣肉なら加熱するのが王道ですが、マグロは生でもOK。
そんな個性を分かっていると、調理の幅が広がります。
最近のあたしの好みは、マグロ茶漬け。
熱いお茶をかけると、適度に加熱されることになりますよね。
ワサビ醤油で、シャババババと掻き込んでいます。
恨まないでね。(笑)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/05 21:55 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

このレシピは韓国でもヒットしそうなレシピですね。
キムチとマグロの組み合わせは思いつかなかったです。
今日、以前にご一緒した韓国食堂へ妻と行ってきました。
ムルネンミョンとビビンミョンを食べて来たのですが、ムルネンミョンのスープは5~7時間も煮込んでスープを作ってるそうです。
確かに、釜山で食べたムルネンミョンとはスープが違いました。
それでいて、臭みなども無くここのムルネンミョンもお薦めの一品です。
本場韓国ですら食べたことが無い味でした。
名前: 尹 大植 #GCA3nAmE : 2006/07/09 18:05 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

ユンテシさん…、罪重いよ、それ…。
そこに何であたしが居ないのさっ!(笑)
どこかの姫がこれをロムったら、ただじゃ済みませんぜ。
この際はっきり申し上げますが、
また連れてってください。
お願いでごじゃります~~!
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/09 21:06 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

うちの場合、ご近所づきあいもあるということでご勘弁を!
(息子が同級生なんですよ)
駅から遠いのが残念ですよね~
でも、ホント、韓国でも食べたこと無いムルネンミョンでした(^_^)v
名前: 尹 大植 #GCA3nAmE : 2006/07/10 16:30 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

いやいや、冗談ですからお気遣いなく~!
駅から遠いといっても、歩ける距離じゃないですか。
あんなの、遠いうちに入りませんよ。
それに、酒さえ飲まなければバイクという手もあります。
韓国でも味わえないムルネンミョン、惹かれますね。
これは予約不要なんでしょうか。
突撃しちゃおうかな~。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/10 21:33 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

予約は不要ですが、注文を受けてから麺を茹で始めるため出てくるまで30分近くかかりますよ。
あんまり、儲けようと考えて営業してないんですって~
やっぱり、お婆さんもお歳なので健康を考えてのようです。
最近は、韓国の学生さんも多く来られるようです。
やっぱり、故郷の味というものには勝てない魅力があるんですね。
名前: 尹 大植 #GCA3nAmE : 2006/07/11 13:51 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

レスが遅くなりましたのね。
30分もかかるんですか!それはまた驚き…。
でも早めに頼んでおいて待ってる間は別のものを
食べていればいいってことですよね。
今度バイクで走る時は目標をムルネンミョンに設定します。
美味しい情報、どうもありがとうござんす。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2006/07/12 08:50 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/280-f4ab44b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。