妙な日本語の種明かし


<いま秋を確かめて飛ぶ海の鳥 広瀬直人>
昨日も今日もにわか雨に見舞われた東京、蒸さずに気温が下がるのなら大歓迎です。

前回の記事、elaathenaさんが見事に指摘してくださいましたが、
「開始中」という日本語がどう考えても腑に落ちない言葉なんです。
参考までに、自作の下手っぴぃな図をご覧ください。
イメージ
「インストール」は時間のかかる作業ですので、当然ながら幅があります。
ですから、それを「インストール中」と表示することには何らの問題もありません。
ですが、「開始」だの「終了」だのは瞬間の出来事なわけです。
それを「開始中」と表現してしまうところに言葉扱いのぬるさを感じます。

野球の試合に例えてみれば、「開始」はアンパイアの「プレイボール!」のコールです。
その瞬間に試合が始まり、一旦始まってしまえば「開始中」ではなく「試合中」です。
5回のウラぐらいに、「ただいま巨人軍の試合が開始中です。」なんてありえません。
そして最後のバッターが討ち取られればそこで試合が「終了」するので、
お客さんが球場を後にゾロゾロ帰る様子を「終了中」と表すこともありえません。
アンパイアが「ゲーム!」とコールすれば「試合」はそこで終わってしまっています。

「ジャイアンツは三連勝中」などという表現もありますが、これもアウトです。
連勝であっても勝つのは一試合一試合、つまりは単なる【点】に過ぎません。
それを【線】のごとく「~中」と表現するからおかしなことになります。
こんなケースでは「目下三連勝」というような表現が好ましく、また適切です。

「開始中」は、Windowsを安直に日本語訳してしまった結果だと思われます。
パソコンにはパソコンの言語があって、それはそれで一向に構わないことですが、
妙な表現を見かけたときに「何かヘンだぞ」と感じることができなくなったとしたら、
あたしたちの言語生活はそこで終焉を迎えることになってしまいます。

(*゜0゜)ハッ!!
日本語コラムの題材を、一つ損しちゃったかな。
2007 / 08 / 29 ( Wed ) 18:21:47 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ちょっと嬉しかったこと | ホーム | 妙な日本語>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/329-fdbc94bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |