煮込みハンバーグと盛り付けと


<硬球を打つ青年の秋の暮れ 鈴木六林男>
六大学野球ではハンカチ王子が負けたとひと騒動でした。
プロ野球、パ・リーグではファイターズが連覇を果たしましたが、
クライマックス・シリーズの結果がどうなるのか見ものです。
セ・リーグもどちらが一位通過するのか、予断を許しません。

さて青年ならぬ少年たち、運動会が延期になってストレスが溜まっているようです。
遊は、「食べること」に情熱を注いで手っ取り早くストレスの解消を図っています。
おととい土曜日の弁当も、きのう日曜日の弁当も煮込みハンバーグだったのに、
昨晩も煮込みハンバーグがいいのだと言い張って譲りませんでした。
蕎麦がどうのこうのなんて、親の取り越し苦労もいいところでしたね。

※画像クリックでモニターサイズに拡大されます。※ワンプラ 
 ハンバーグの左はポテトグラタン・ドフィノワ、
 その上はキャベツとシメジのサラダ、
 グリーンカールに乗っているのはバターライス、
 右が赤ピーマンの蒸し焼き、
 ゆで卵は黄身を遊の好みの固さにしてあります。


ワンプラとはいえ、ずいぶんと垢抜けない盛り付けでしょう?
これには理由があるんですが、それは続きで。

写真に撮ることを意識してワンプラに仕上げたのですが、遊は野菜を好みません。
才も同様なんですけれど、まったくオヤヂそっくりと言っていいでしょう。
なので、野菜を「残しやすい」ように盛ったらこんなになっちゃったんです。
アップ
右利きが食べるという想定で、メインの料理の左側に何かがあるのはいただけませんね。
この皿ではドフィノワの位置がそれに該当するわけで、常識外れです。
ですがしばらくの間はハンバーグに専念するので、これでいいんです。
またメインの手前に何かを置くのはごく限られた場合だけであって、
(例えば、刺身に添えるワサビが右手前に置かれるような場合です。)
スライスゆで卵の置き方は無神経そのものと言っていいと思います。
でも遊には、ゆで卵を見ると真っ先にそれだけ食べてしまう習性があるんです。
それを見越して、あえてハンバーグの手前に置いたというわけなんですよ。
食べ進むと、ハンバーグとドミグラスソースとバターライスをぐちゃぐちゃに混ぜます。
いささか行儀が悪いようですが、それが一番美味しい食べ方ですよね。
ぐちゃぐちゃを食べ、ドフィノワで目先を変え、またぐちゃぐちゃに戻ります。
サラダと葉っぱとピーマンは手付かずで残り、大人が引き受けました。
ま、そんなもんだわね。

煮込みハンバーグは、煮上がってから一晩置かないと味がしみません。
なので金曜日の夜にはすでに煮上がっていたことになります。
残ったハンバーグを今朝も(!)子供たちが1個ずつ食べて、
足掛け4日に及ぶハンバーグフェスタは無事に幕を下ろしました。
しばらくの間、ドミグラは見たくもありません。
2007 / 10 / 01 ( Mon ) 14:59:34 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(8) | トップ↑
<<ようやく、運動会…(ー。ー)ふぅ | ホーム | 運動会中止、それも二日連続>>
コメント
タイトル:じゅるるぅ~

「垢抜けない」とおっしゃいますが、ワタクシにはとってもおいしそうですヨ。
野菜を残しやすいように、という盛りつけは革命ですね(笑)

お願いがあるのですが、「グラタン・ドフィノワ」のルセットをご教授いただけませんか?
自己流で適当に作るのですが、いまいち味が決まらなくて困っています。
お時間があるときでかまいませんので、ネタに困った頃よろしくお願いします<(_ _)>
(タダで教わろうというムシのいい話^^;)
名前: elaathena #I678atB6 : 2007/10/01 21:01 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

あっ「ハ」だ。
しかもドフィノア付きだし。
それにうでたまごもある。
これは夫には見せられない。
私も見なかったことにしよう。

うまそうだ・・・
名前: lebambou #- : 2007/10/02 08:31 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:美味そうぢゃぁ~~~~!

ワシにも作って栗~
しんちゃんの子供になるぅ~
いや・・それよりも・・・

結婚してぇぇぇぇぇぇぇ~~~!

ハンサムな息子もいるし~(笑)
名前: ゆみごん #- : 2007/10/02 09:33 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うわぁ!

ホント野暮ったい盛り付けですね(笑)。
でも美味しそうだっていうのは
ひしひしと伝わってきました。

今度ご馳走してください♪
( ̄m ̄)グフッ
名前: あや #FXFsWAag : 2007/10/02 15:40 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:夜な夜なレス

elaathenaさん
ルセットなんてそんな気の利いたものはありません。
lebambouさんなら持っておいでかもしれませんけど。( ̄m ̄)
ただ、作るときに気をつける点はいくつかありますよ。
ちょっと長くなりますけど、書きますね。

☆ 低温殺菌牛乳を使うこと
 あたしは生クリームを使うのが嫌いなので、牛乳だけでイモを煮ます。
 このときに低温殺菌牛乳を使うと、やさしい風味に仕上がります。
☆ イモを水にさらさないこと
 生のイモをスライスしたら牛乳に投入して、煮ます。
 水にさらしてしまうとデンプンが流れてしまうので、
 全体のまとまりが悪くなりよそよそしい味になります。
☆ 塩加減
 イモを煮ている間に塩コショウで味をするのですが、
 ここで完全に味を決めてしまっては失敗です。
 チーズの塩味と焼いて詰まる分を控えておきます。
 味見をしたときに「ちょっと塩が薄い」ぐらいですね。
 ナツメグを入れるならほんのわずかな量で十分です。
☆ イモを煮崩さないこと
 軟らかくなるまで煮るのは当然なのですが、
 煮崩してしまってはマッシュポテトに近づいてしまいます。
 スライスしたイモが形を保っていることは絶対条件です。
☆ よく焼くこと
 水分があらかたなくなるまで煮たら、焼きに入ります。
 皿にニンニクをこすりつけておく(フィエッテ、と言います)と風味が増しますが、
 ニンニクは決して必須ということではありません。
 現に写真のドフィノワにはナツメグもニンニクも使っていません。
 で、「焼く」のは温度を上げるためと香ばしさを出すため。
 できれば美味しそうな焦げ目もつけておきたいところです。
 オーブンでもパン焼きのトースターでもいいですから、
 しっかり予熱をしておいてグツグツするまで焼きましょう。
 今回あたしは魚焼きのグリルで焼きました。
 使ったチーズはパルミジャーノでしたが、個人的な好みとしては
 グリュイエールに一票投じたいところです。
 でも、普通のピザ用チーズあたりでいいんじゃないですかね。
 スライスチーズなどのプロセスチーズは、避けた方が賢明です。(苦笑)
☆ パン粉を振らないこと
 この料理は乳脂で煮たジャガイモの優しい味が身上、
 パン粉のコツコツした舌触りはその優しさを半減させます。
 グラタン=パン粉と思っている方も多いのが実情ですが、
 鶏肉やエビががっつり入るようなものならともかく
 イモだけのグラタンにパン粉などはまったく必要ありません。
 同様に、上からバターを振ったりするのも屋上屋です。

ざっとこんな感じなのですが、参考になりますでしょうか。
あたしは、料理に関しては出し惜しみをしませんので、
わかる範囲のことであればいつでもお答えします。
自分の料理を再認識するいい機会でもありますので、
遠慮なくお申し付けくださいますように。

長レスで、失礼いたしました♪

 
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/10/03 05:00 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:夜な夜な、その2

lebambouさん
「ハ」は、ホントにいやらしい料理ですよね。
作っていると、「こんな料理の何がありがたいんだろう?」と思います。
あたしが思うに、いわゆる「合挽き肉」がいけないんですね。
どんな肉のどこの部位が使われているのか不明ですもの。
以前、「和牛のウチモモ」:「国産豚肩ロース」=6:4で
見ている前で肉屋に肉を挽かせたことがあります。
そのときは半端なく美味しい「ハ」ができました。

>それにうでたまごもある。
あはは、「うでたまご」ですか?
「うでる」っていう言い方、あたしは結構好きですよ。
「腕卵」「茹でた孫」…、どっちも不味そうだぁ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/10/03 05:09 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:夜な夜な、第三部

ゆみごんちゃん
お褒めに与って、恐縮です。
こういういわゆる「洋食」と分類される料理ってのは、
たま~に食べたくなることがあるんですよね。
でも、あたしの場合はそれがハンバーグではありません。
自分で食べるとしたら、断然ハヤシライスを希望します。
牛肉嫌いのあたしが牛肉を食べる数少ない料理の一つです。

結婚してぇぇぇぇぇぇぇ~~~!
ゆみごんちゃんの執念には、負けました。
ケコーンしましょう。
でも、予約がいっぱい入っているので、
23回生まれ変わったらゆみごんちゃんの番ね。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/10/03 05:17 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:夜な夜な、最終章。

あや姫
>ホント野暮ったい盛り付けですね(笑)。
相変わらずの斬り捨て(しかもイキナリ&バッサリ)、ありがとう存じます。(笑返)
何度見ても垢抜けない盛り付けで、我ながら感心します。

垢抜けない一番の理由は、実は皿のチョイスにあります。
こんなに色とりどりの料理を盛るのに、絵皿はね~。
今回は「こんな盛り付けはやめましょう」というのが裏企画、
革命的(by elaathenaさん)な盛り付けもわざとです、WA・ZA・TO!

>今度ご馳走してください♪
結局のところ、料理は褒めてくだすったんですね。
じゃ、いずれ何かのカタチでご馳走することにしましょう。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/10/03 05:29 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/341-c5b83f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |