スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
武蔵野うどんを食いつつ新そばを待つ気持ち


<新そばはものも言わぬに人がふえ 古川柳より>
全麺類の中で何が一番好きかと問われれば、迷うことなく蕎麦と答えます。
いかにも旨そうにスルスル手繰るにはそれなりの年季も必要ですが、
蕎麦を上手に食べられるのは東京に生まれ育った人間として当然のことです。
蕎麦を少しだけつまんでちょこっとつゆにつけ、ろくに噛まずに飲みます。
口の中でいつまでもモゴモゴさせるような食べ方は見ていても旨くなさそうですし、
またそうしなければ食えないような蕎麦には食指が動きません。
粋を気取るわけではありませんが、あたしにとって蕎麦とはそういう食い物です。

ところがガシガシ噛んだ方が味わいがある麺というのもあるんですね。
東京の西方に広がる武蔵野台地で発達してきたうどんがまさにそれで、
ツルツルと調子よく食べることなどできないという手強い代物です。
もりうどん
東京は池袋にある、「うちたて家」というお店のうどんです。
先日、所用で池袋へ出向いた折に突撃してまいりました。
400gあるというこのもりうどんが税込み480円ですが、いかがでしょうか。
つゆはカツオが利いたやや甘めの味で、これは武蔵野うどんの王道です。
甘いといってもベタベタしてはいなくて、後味のいい秀作と申せましょう。
化学調味料の下卑た味は、あたしの舌には感じられませんでした。
そして何よりも麺ですが、どうですか、この異様なたたずまいは。
麺、大写し
ねじれは入っているわ、太さはまちまちだわ、無骨そのものでしょう。
ところがこれをグイグイと噛み締めているうちに粉の味がしてくるんです。
麺のツヤが妙にいいのは、デキそのものよりも水切りが甘いせいですね。
でも、つゆにどっぷりと浸してガジガジ食べる麺ですから、お構いなし。
アゴの能力が試される、体力測定のようなうどんです。
量が多いこともあってか、とても腹持ちがよかったのが印象的です。

江戸前の蕎麦とは対極をなす麺なのですが、たまにはこういうのもいいですね。
でも、ホントの「たまに」でいいや。
ぼちぼち蕎麦屋の店先に「新そば打ち始めました」の幟が立つことでしょう。

2007 / 10 / 05 ( Fri ) 16:33:10 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<一日一回 | ホーム | ようやく、運動会…(ー。ー)ふぅ>>
コメント
タイトル:

やっぱり新三さんは「そば」党なんですね。江戸っ子だなぁ。

手前の薬味のお皿に乗っている「油揚げ」が気になります。
しかも細いのが3切れ。うーん(笑)
名前: elaathena #I678atB6 : 2007/10/09 16:42 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:コレ!コレよ!

さすがは!しんちゃん!
この「武蔵野うどん」を武蔵野で食べたいの♪
確か・・つゆは豚肉が入っていたと思うの。
麺はこんな感じだったよ!(写真で見たの)

食べたいな~ホンマに・・

蕎麦はね、美味い蕎麦って食べたこと無いの。
だから、いつか案内してねv-238
しんちゃんの奢りで♪うぷぷ(笑)
名前: ゆみごん #- : 2007/10/10 10:32 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:新そば

私もしんちゃんの奢りで♪うししし(笑)
名前: lebambou #- : 2007/10/10 10:47 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:じゃあ、あたしも…

新ちゃんのおごりで、よろピクミン♪(違っ!

elaathenaさん
「そば党」には違いないんですが、物心ついたら
もうすでにこういう状態だったんですよ。
うどんを食うのは風邪のときぐらいでしたもの。
最近でこそうどんの旨さも分かりますが、
まだどこかに「病人食…」という意識がついて回ります。

ゆみごんちゃん
讃岐うどんよりもコシがあるのではないかと思います。
っつか、はっきり言って「硬い」です。
今回は初めてだったのでもりを食べましたが、
次回は肉汁系に挑戦してみる気満々です。
一緒に蕎麦やうどんを食える日を楽しみにしてますよ。

lebambouさん
お気に入りの蕎麦屋さんはあるのでしょうか。
最近ではいわゆる「趣味そば」が多くなっちまって、
もり一枚が700円だ800円だなんて始末…。
かと言って不味いそばは真っ平ごめんですし、弱ります。
そんなわけでウチはもっぱら連雀町の「まつや」ですが、
それでよろしければご一緒しましょう。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2007/10/10 13:31 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/343-20679efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。