新三スペシャル


<ねんごろな伝言とどき初句会 中村汀女>
句会に遅刻するかなにかの伝言が届いたものとみえますが、それが「ねんごろ」とは
そこにも正月らしさを垣間見ることができて面白い味わいの句です。
一昨日、わが家では恒例の新年会をブチかましました。

内容的にはおおむね去年と変わりません。
とても慌しい年末だったために豚の角煮は作りませんでした。
カニもどうでもいいので、カニ炒飯もなしです。
落ち着いて考えてみると、みんなカレーが食べたいんですね。
カレーを太い軸として、それに刺身その他がくっついているイメージです。
去年掲載しなかったカレーと刺身の画像を、今年はご紹介しましょう。

お品書き その前にまずお品書き。
 なんつうか、居酒屋丸出しなんですけど、
 いちいち「何ができるんですか?」なんてやりとりも
 面倒くさいので、書き殴って張り出しておきました。
 クリックで拡大してご覧ください。
 あなたなら、どんな組み立てでご注文なさいますか?

 続きは一大長編ですので、お気をつけてどうぞ。

中トロ まずはマグロ、中トロなんかいかがでしょうか。

 これはあたしの手柄ではありません。
 
 いわばあたしは「買ってきた」ものを「切った」だけ。
 
 マグロが旨いのはマグロの手柄ってことです。

拡大画像 何というマグロだかお分かりになりますか。

 いや、そんな簡単に言い当てられても困りますけどね。(笑)

 答えは明かしませんが、興味のある方はご質問をどうぞ。

 相変わらず写真が下手っぴぃで困ります。

さ、それでは本題に入りましょう。
こちらが新三スペシャルです。

鶏肉4キロスタータータマネギ
鶏がらスープ完成間近新三スペシャル

製作過程を、思い切り省略して撮影してみました。
左上から右へ、そして下へ進んでくださいまし。
例によって、サムネイルクリックで拡大画像が出ます。

☆鶏モモ肉4キロ、皮を剥がして一枚を4~6切れに切り分けます。
 それをヨーグルトとカレー粉(S&B)で一晩マリネしておきます。
 右側に取り分けてあるのは、お雑煮用です。

☆冷たい油にマスタードシードとクミンシードを入れて点火します。
 ここで焦がしてしまうとやり直しになってしまうのですが、
 香りが十分に出なければこの過程を踏む意味がありません。
 一瞬たりとも目が離せない、大事な部分です。

☆シードの香りが十分に出てパチパチ弾け始めてなおかつ焦げる寸前、
 このタイミングで鍋にタマネギをダーッと流し込みます。
 業務用の冷凍ソテーオニオンが2キロ入ります。
 30%まで炒め込んであるものなので、元はおよそ6~7キロです。
 このタマネギを見つけるまでは、生をむいて刻んでいました。
 6キロのタマネギをむいて刻んで炒めるのは半日がかりなんですよ。
 それがなくなっただけでも手間が省けて、他のことに時間を回せます。
 このタマネギはひねた匂いがせず味もいいので、大助かりです。

☆おろし生姜とおろしニンニクを入れて炒め、さらにスパイスを入れます。
 主体はコリアンダーですが、その他にクミン、ターメリック、カルダモン、
 オールスパイス、メース、カイエンヌペッパーをパウダーで使っています。
 さらに、イタリア料理用に作っておくトマトソースをそのまま入れます。
 そこにさらにブイヨンが入るのが新三スペシャルの真骨頂です。
 このカレーのために鶏がらからスープを取って冷凍しておきます。
 いつだったか、直前にスープを取ったことがあったんですよ。
 そしたらそのときにはもう生ごみの収集が終わってしまっていて、
 鶏がらの煮だしカスと共に年を越したことがあったんです。
 その失敗を踏まえて、最近では少し早めに準備して冷凍保存しています。
 冷凍すると脂が浮いて固まるので、それを取り除きやすいのもメリットです。

☆あとはマリネした鶏をヨーグルトごと入れて煮込むだけです。
 とはいえ、鍋には大量のタマネギが入っているために
 加熱している間はずっとかき混ぜ続けないと焦げてしまいます。
 気の短いあたしには向かない作業で、ここではどうしてもビールが必要です。 
 煮込むときに、ローリエ、シナモンスティック、クローブス
 カルダモンホール、鷹の爪を袋に入れて鍋に入れておきます。
 鶏に完全に火が入ったらいったん火を止めて蓋をして蒸らします。
 この過程で、鍋の中全体の味が馴染むことになります。
 完全に冷ましたものを再加熱して、味の調整をします。
 ここでもかき混ぜ続ける必要があるのは言うまでもありません。
 塩、スパイス、足りないものがあれば必要なだけ入れます。
 味が決まったら、バターをゆっくりと溶かし込んでいきます。
 コクとまろやかさと艶が出てきますね。
 ここまでくれば完成はもうすぐ、あとはレモンの絞り汁で酸味を決めます。
 画像はだいぶ赤いようですが、実際はそうでもありません。
 ガラムマサラで最終的な調整をすれば、出来上がりです。

☆写真、暗ぁーい…_| ̄|○
 福神漬けよりもラッキョウよりも、甘くないピクルスが合います。
 ジャガイモもニンジンも、な~んにも入らないカレーです。
 粉が入らないので、呑兵衛のあたしも胸焼けせずに食べられます。
 というか、市販のルー大柴では胸焼けしてしまうあたしが、
 自分自身のために工夫と改良を重ねた結果がこのカレーです。
 新宿の中村屋のカレーをたたき台にしてはありますが、
 あたしの作るこのカレーは純然たるヨーロッパ料理です。
 ブイヨンを取ること、長時間煮込むこと、バターモンテをすること、
 この三点はインドカレーの調理方法にはありません。
 シードを冷たい油に入れて加熱するのはインドの方式ですが、
 全体を支配しているのはやはりヨーロッパ流と言えるでしょう。

カレーのアップ

新年会当日は、とてもとても撮影のできる状態ではありませんでした。
上の最後の一枚とこれは、翌4日に撮影したものです。
モモ一枚を4~6に切った鶏が、だいぶ煮崩れて小さくなっています。
こうなるともう鍋が空っぽになるのも時間の問題ということで、
最後には鍋にご飯を入れて焼き付ける「鍋カレー」が待っています。

タマネギを炒めてさらにスパイスを入れたあたりで、遊が言いました。
「ああ!正月のカレーの匂いだぁ!」
似たようなカレーは、正月に限らず作ってはいるんです。
でもここまで気合を入れて、時間をかけて作ることはありません。
時間のかかる料理=ご馳走、この考えは大いなる錯覚ですが、
このカレーを作るにはどうしてもこれだけの時間が必要です。

どんなに手間がかかっても、それをウリにするのは下衆で野暮です。
食べる人が美味しいと言ってくれればそれで全ては終わり、
その一言が来年のカレー作りへの原動力になります。

皆様、ここまでお読みくださってありがとうございます。
お礼に、お年玉を置いておきますね。(期間限定ですけど)

 ※お詫び:お年玉プレゼントは1月6日午前2時をもって終了いたしました。
 
     

ではまた~♪
2008 / 01 / 05 ( Sat ) 14:52:09 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(9) | トップ↑
<<縮小版 | ホーム | 年頭に当たって。>>
コメント
タイトル:おいしかった~

全部おいしかった~
子供たちにもたべさせた~い
(ずうずうしいにもほどがある)
名前: みわ #z8Ev11P6 : 2008/01/06 08:41 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:あけましておめでとうございます♪

新三さん、お年玉ありがとうございました!(^-^)
今度はとっても期待通りでしたね。笑
ナイスショットでした☆

それにしても、新三さんのお子さんは幸せですね、いつもこんな美味しいものを頂いているんだもの!
娘に見せられないなー。
中学生の娘ともなると、「誰だれのお母さんなら良かったな~。」と平気でいろいろ言われます。苦笑 
今のところ、お料理好きで上手なお母さんを持つお友達の所には行ってないので、それ以外のことで言われるんですけどね。
自分の為、家族の為、私も少しずつがんばろうー!
今年もよろしくお願いします。(^-^)
名前: シルフィー #UVEHx0xA : 2008/01/06 12:02 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんにちは。

みわちゃんて、みわちゃん?
あはは、コメントしてくれてありがとうね。
でも、「ここでは初めまして」ぐらいは書いてくださいね。

で、子供たちにはまたいずれ。
あたしが休みの日にでもお互いの時間を調整しましょう。
またねーv-222

シルフィーさん
ついにご覧になっちゃいましたか。
まあ、厄除けにはなるかもしれませんよ。(苦笑)

>いつもこんな美味しいものを~
ち~っともそんなことはないんですよ。
これはあくまでも正月バージョンですからね。
だいいち、あたしは普段ウチでは料理をしません。
カミさんの作る料理は、どれもフツーのご家庭レベルです。
カレーなんかS&Bディナーカレーかなんかです。
(あたしが思う存分胸焼けするヤツです)
家庭の料理は三食毎日食べるものですから、
旨過ぎてはいけないものなんですよ。

今年もよろしくお願いします。
素敵な一年でありますように。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/01/06 13:13 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

うわ~~~
見るだけって、つらいですね~(笑)

マグロは何マグロって?
ミナミマグロ?(インドマグロ?)
新たまが本マグロと書いていないのと、拡大してみた脂の感じから。

カレー、私はチキンのこういうのが一番好きです。
オットーはビーフカレー専門だけど、今度作っちゃお。
今年はたまには私好みのカレーも食べることにします(^^)
せっかく手順も載せてくださっていることだし!!ありがたくマネっこさせていただきます。
名前: kasuga #- : 2008/01/06 16:21 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うちも今日はカレー

ひぇ~~~~~~~~~~

うちもカレーだった毛ど・・
全然違うぅ~~~~
相変わらずメタルインドカレーだ!
卵とソースでコクの無いカレーにコクを出すカレーだ!
すん毛ぇな・・こんなカレー食べたこと無いよ・・


やっぱり今年も・・

結婚してぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーっv-238
名前: ゆみごん #- : 2008/01/06 21:23 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

今回の記事、
気合入ってるっつーか
ただ単に長いっつーか(笑)。

お年玉プレゼントの写真も拝見しましたが、
12月30日の画像の使いまわしじゃね?(笑)。

まぁまぁまぁ。
マグロとカレーが美味しそうだったので許す!



って、すみません…
普段はとてもそんな偉そうな口はきけません。
(正月限定)。

名前: あや #FXFsWAag : 2008/01/06 22:07 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:遅レス、ご容赦。

メインマシーンのキーボードがぶっ壊れてしまい、
新しいのを購入してきましたよ。
お返事が遅くなったのはそんな理由かもしれません。
ビジョビジョの皆様、コメントありがとうございマツタケ味シメジ。

kasugaさん
ミナミマグロ、いきなりビンゴですーっ!
品書きにホンマグロと書かなかったのには、理由があります。
ただマグロとだけ書いて、客人の反応が見たかったんですよ。
もっとも、刺身にするマグロにはさほど種類はありませんけどね。

カレー、作ってみちゃいますか。
結果報告なども楽しみにしております。

ゆみごん
こんなカレーは、世界中であたししか作っていません。
それも、年に何回かの限定生産ですからね。
食べたことないのが普通なんですってば。
もう何年かすると、才が作れるようになるかもしれません。
このカレーが作れる高校生って、ちょっとナイスかも。

結婚だ結婚だー。

あや姫
はい、「ただ単に長いだけ」です。
はい、「12月30日の画像の使いまわし」です。
ってことは姫は両方ともご覧になったんですね
きっと両方とも見ないで済んだ幸運な方もいらしたでしょうに…。(笑)

>マグロとカレーが美味しそうだったので許す!
はい、お言葉に甘えて許されておくことにします。
まだ松の内なので、偉そうでもエラ呼吸でもOKですよ。
でも、次は覚えてやがれリメンバー、プリーズ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/01/07 16:47 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

なんですか、これは!
こんなの食べられるなら、意地でも新三さん家の新年会に行きたくなってしまうじゃないですか(笑)
毎日新年会にしたい遊君の気持ちもわかります。
ヨーロッパに渡ったインド人もびっくりですよ。
まぐろとカレーが同時に出されるパーティーもなかなかないでしょうしw
ごみの回収日まで計算に入れる新年カレーは素晴らしいですね。
私は鶏がらを捨てられずに冷凍した覚えがあります(笑)
ぐだぐだと長いコメントでごめんなさい・・・

食べたい!
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/01/26 02:15 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:レスtoR*、その3

なんですかって、カレーですよん♪
昨年末はスルメイカが不漁で、塩辛を作れませんでした。
その分カレーに気合が入ったようで、極上のデキでしたよ。
恐らく世界でたった一つの、スペシャリテの中のスペシャリテです。
<(` ^ ´)>エッヘン
新年会を出前することはできませんので、
来年は3日に東京までお越しくださいねー。
(決して不可能ではないだけに、けっこう本気w)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/01/26 15:27 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/368-acc290c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |