スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
電話


用があって、電話をしておりました。
相手はあたしよりもかなり若い女性でした。
と、そこへ才が帰ってきたんですね。
で、彼女にも才にも断りを入れずに、
いきなり受話器を才に押しつけてみました。

才の言葉がドギマギ調なのはいきなりふられたため、
おそらく電話の向こう側も同じことになっていたでしょう。

落ち着いてくると才が「ありがとうございます。」と。
卒業のお祝いを言ってもらったと推察されました。
あたしはそのために受話器を回したんですけどね。

何やら喋っている様子ですが内容は分かりません。
でも何となく話が終りそうな気配が伝わってきました。

すると、突然、ガハハハハッ!
大音響で才が笑い始めるではありませんか。

才との話を終えてあたしと換わらせるために、
彼女は才にこう言ったんだそうです。

「オッサンと換わって。」

「父ちゃんに面と向かって『オッサン』なんて言う人、初めてだよ。」
才はボリュームを下げずにひぃひぃと笑い続けておりました。

オッサン…
なんて素敵な響きなのでしょう。
2008 / 03 / 26 ( Wed ) 15:23:34 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<神様 | ホーム | 初物、二題。>>
コメント
タイトル:

オッサンと呼ばれて喜ぶ方も滅多にいないんじゃないかと思うんですが(笑)
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/03/29 09:49 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うわっ、R*さん!

書いたらスッキリみたいな内容だったので、
まさかコメントがつくとは思ってませんでした。
毎度ご贔屓(?)、ありがとう存じます。

この「オッサン」は相当に面白うございました。
才があたしに受話器を手渡す時に「はい、オッサン!」ってね。
スパッと言われてしまえば、案外気持ちのいいものですよ。
R*さんもそのうち「オバハン」と呼ばれる日が来るかもヨン。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/03/29 12:39 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/392-2d7c17d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。