デトックス


<しら玉の雫を切って盛りにけり 日野草城>
砂糖がまだ高価だった頃、白玉は夏のご馳走だったと聞きます。
冷蔵庫ではなく井戸水に落として冷やすのが適温で、
冷た過ぎる白玉はあのツルンとした魅力を失ってしまうようです。
もっとも、井戸のなくなってしまった都会ではそれを望むべくもなく、
氷水に浸してせいぜい冷やし過ぎないように気をつけることになります。

暑いときに熱いものを食べるのも有効な暑さ対策です。
前夜の酒が残っているような場合は、抜群の威力を発揮します。
キムチをたっぷり入れたチゲのように辛さも備えていればなおのこと。
ある日、チゲではなくてこんなもので毒抜きをしてみました。
ピカピカご飯
数ある外国料理の中でも、麻婆豆腐ほどご飯に合う料理も珍しいですね。
そんなわけでピカピカご飯にピントを合わせて撮ってみたんですが、
やっぱり企画倒れだった感じがムンムン漂う画像ですな、わっはっは。
マー坊をご飯にかけてしゅばしゅば掻き込むと、ドッと汗をかきます。
そうするとあら不思議、重たかった胃が軽快さを取り戻します。
あとは汗をシャワーで流せば一丁上がり、いつものスッキリさんに戻れます。




でも、本当に深刻な二日酔いの時には、こんなの絶対に食えませんけどね。
2008 / 06 / 29 ( Sun ) 15:28:47 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<再訪 | ホーム | 罰ゲーム、特盛りでね♪>>
コメント
タイトル:

そうですね。
麻婆豆腐ってご飯に合いますよね。
麻婆豆腐丼にしてもいいんですが、わたしはちょっとづつご飯に乗せて食べるのが好きです。
たまにご飯が汚れるのがイヤっとか言って納豆とご飯別々に食べる人がいるんですが、そっちのほうがわたしには不思議です。
名前: 晶 #VWFaYlLU : 2008/06/30 00:09 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:ご飯がススムクン

麻婆豆腐とカレーが両横綱ってとこですかね。
四川飯店の陳健一さんのお父上、陳健民さんが
四川から日本に移入した傑作料理です。
本場四川のものはグッとスパイシーだそうですが、
それを日本の気候と日本人の味覚に合わせたとか。

やっぱりご飯と一緒に頬張るのが一番、
別々食いは断固反対っ!
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/06/30 14:56 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:あら奇遇♪

先日中華街で、四川料理店の麻婆豆腐を食べてきました。
さすがに「本場」と銘打ってるだけあって辛いこと辛いこと☆
でも花椒の香りがイマイチしなかったのが残念というか不思議というか。
今度は持参で食べに行こうかな?(笑)

写真の麻婆豆腐も、赤い油がイイ感じですね(^^)
麻婆豆腐はオン・ザ・ライスがお約束です(キッパリ)。
名前: elaathena #I678atB6 : 2008/06/30 22:29 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:elaathenaさん♪

中華街の記事、拝読してまいりました。
花椒って、ツブツブのヤツのことですか?
それとも粉山椒のことを言っておいでなのかな?
山椒の辛さに痺れるのはマー坊の快感ですものね。
あたしの脳みそはいつも酒で痺れてますけど。(笑)

自分用に辛く作った今回のマー坊ですが、
カミさんはヒーフー言いながら食べ、
才は見向きもしません。
そして遊は、何食わぬ顔で食べておりました。
もちろん3人ともオン・ザ・ライスです。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/07/01 12:14 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/428-522ff750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |