新鮮レバーがもたらしたもの


前回書きましたが、レバニラ炒めに使った残りはペーストにしました。
鶏レバーなら半生の仕上げも可能なんですが、豚はダメです。
100%火を通さないと、食中毒になる恐れがあります。
で、ニンニクとショウガ、それと少量のタマネギ、
さらにスパイスをテケトーに放り込んで炒めました。
塩コショウして赤ワインもドボドボ入れてフランベして、
そしたらあとはフードプロセッサーでガガガーッ!
その際に室温に戻しておいたバターを足していきます。
すっかり品薄になってしまったバターですが、
ここはケチらずに次から次へと放り込んでいきます。
味を見ながら入れて、バター臭さを感じたらそこで終わり。
500gのレバーに対して、100gぐらい入りましたかね。
レバーに完全に火を通すこととバターが多いことで、
とっても色味の悪い出来上がりになってしまいました。
自分チで食べるので、何ら問題はないんですけどね。
調子の悪い携帯カメラで撮影したら、こんなです。

レバペ

レバペを撮る気がなかった上にカメラの不調、そして腕。
あんまり美味しくなさそうな見栄えですけど、味は抜群でした。
赤ワインとバゲット、減る減る。

そして、問題発生。


ほら、ここんとこずーっとカレーを食べ続けていたでしょう?
スパイスはそれ自体が薬ですから、胃腸の調子がよかったんです。
ところがレバペを食べていた数日間はもう病人同然の消化器系。
朝、胃袋が鉛を飲み込んだように重たいんですよ。
二日酔いの重たさとはまた違って、ダル~イ感じが続きました。
尾籠な話で恐縮ですけど、便の状態も一変してしまいましたからね。
カレーを食べている間は軟らかめで比較的量の多い排便、
ところがレバペを食った翌朝は硬めの黒っぽい便がほんのわずか…。
それでいてバター由来のカロリーだけは保証されているわけです。

ひっさしぶりに、体に悪いものを作っちゃった感がありましたねー。
レバーやバターに罪はないんで、バターを入れ過ぎたあたしが悪い。
レバーの新鮮さに浮かれての勇み足と言うべきでしょうね。
杉樽はなお泳がざるがごとし。(何のこっちゃい)
っつうか、ハッキリ言って、バカです。
豆腐の角にヘディングしてこいコースです。

そんなわけで、レバペの話はこれで終わりです。
次に同様のレバーが入手できたら、今回の反省を生かします。
いや、それをしなければ料理人失格ですから。
2008 / 09 / 21 ( Sun ) 06:03:44 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<傑作かもしれないからこそ、改良してみました | ホーム | レバーは鮮度が命>>
コメント
タイトル:

あらら。胃もたれですか。。。
美味しかったのに残念ですね。
次回に期待してます。

でも、やっぱりレバーペースト
あったら赤ワイン進んじゃいますよね
名前: 晶 #VWFaYlLU : 2008/09/22 23:53 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:面目ない…

まさかバターでこんなことになるとは思いませんでした。
加齢とともに食べ物の好みが変わってきてますけど、
それはあくまでも体からの自然なサインのようですね。
それにあたしはもともと牛脂があまり好きではないんです。
今回は、ちょっとはしゃぎ過ぎた感じがしてます。

でもね、くどいようだけど、美味しかったんですよ。
赤ワイン、がぶ飲み。(笑)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/09/23 14:02 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

そんなに変わるものなんですね。
そういうこと言うと、晶さんがカレーダイエットとかやっちゃうかも?w
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/09/25 22:47 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:R*さん♪

記事の順番に沿ってお返事しますね。

ここんとこずっと品薄だったせいもあって、
バターはあまり食卓に登場していませんでした。
このときは惜しむことなく大量に使ったので、
それがいけなかったんだと思います。
適量であればモチロン風味はUPしますからね。

カレーダイエット、栄養学的にも可能だと思いますよ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/09/26 11:53 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/462-d0bc080f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |