スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
Noir et Blanc


あたしたち米食い民族は、ご飯にいろんなものをかけますね。
でも、こんなのは滅多にかけねーだろってシロモノを二つご紹介します。
カテゴリがインド料理になっていることにお気づきですか?

Noir=黒は、ゴマのチャトニです。

黒ゴマのチャトニ

黒ゴマのペーストと言ってしまえばそれまでの話なんですけど、
当然のことながら砂糖が入っているわけではありません。
黒ゴマのほかには、生姜、レモン汁、カレーリーフ、香菜が入り、
スパイスとしてチャナ・ダル、ウラド・ダル、たかのつめ、ヒング、
マスタード・シードが入っています。
酸っぱ塩っぱ辛い黒ゴマ、味の想像がつきますでしょうか。
これをご飯に乗っけて、とことん混ぜ混ぜして食べるんですよ。

そしてもう一つ。

こちらがBlanc=白、ヨーグルトのカレーです。

ヨーグルトの

色味がやや黄色く映っているのはターメリックが入っているからです。
ほかにはトマトと青唐辛子、カレーリーフ、香菜が入っています。
スパイスはウラド・ダル、チャナ・ダル、ヒング、クミン・シード、
マスタード・シード、メティ・シードを使っています。
先程の黒ゴマのチャトニもそうでしたけど、コノモノは何?的な
素材やスパイスが結構あるのではないかと思います。

それはさておき、ヨーグルトをご飯にかけるんですよ。
んでもって、くちょくちょ混ぜて食べるんですよ。
ちょっとした勇気が必要だと思いませんか?
ところがこれが旨いんですよねー。
ほかのカレーと混ぜると、味や辛さの緩和剤にもなります。
ご飯にかけずに単独でシチューのように食べてもGood。
あたしみたいに怒りっぽいヤツには、格好のカルシウム源です。
こんなのを食ってたら、不健康になりようがありません。
2008 / 09 / 25 ( Thu ) 15:28:21 | インド料理 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<ものを美味しそうに食べることは才能か | ホーム | 傑作かもしれないからこそ、改良してみました>>
コメント
タイトル:

この黒胡麻チャトニ、ハロウィーンにぴったりじゃないですか!
歯とか黒くなったりして、更におもしろいかも?w
ヨーグルトのカレーは温かいんですか?
インドの料理って辛くて酸っぱくて・・・というのが多いから、
ヨーグルトを食事にいただくというのもありなんですね。
これも色んな色に変化させられそうです。
ヴィジュアルに凝るR*でした(笑)
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/09/25 22:51 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:みっつめ

すごいでしょ、このヴィジュアル。
イカ墨と違って、歯は黒くなりませんけどね。(笑)

ヨーグルトのカレー、できたてはほんのり温かいんです。
常温のヨーグルトに、スパイスの香りを移した油を入れます。
ハッキリ言えば、ナマヌルイ温度で食べることになります。
冷たくすると、スパイスが引っ込んじゃうようです。

不味くならない程度にターメリックを増やせば、
まっ黄っ黄なものが出来上がりますよね。
パプリカを入れたら鮮やかなオレンジに仕上がるはず。
味に影響がなければ、冒険する価値はあると思います。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/09/26 12:03 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

カレーと一緒にヨーグルトを食べることはありますが、ヨーグルトのカレーというのは初めてみました。

確かにちょっと勇気が要りそうですね。でも、興味の方が勝ちそうです(笑)
名前: 晶 #VWFaYlLU : 2008/09/27 00:23 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:晶さん

お返事が遅くなっちまって、ごめんなさい。

ヨーグルトを使ったカレーは結構ありますけど、
これはとにかくヨーグルトだけですからね…。
あたしは食わず嫌いをしないので抵抗ゼロでしたが、
普通はためらうんじゃないかと思います。
あ、カミさんは最近これが気に入ってるようです。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/09/29 14:29 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/463-7ccd73dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。