スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
インド、外食。(注:長うございます)


<木犀の匂ひよどめる宿に着き 松下政江>
隣家の金木犀の香りは盛りを過ぎたようで、少し残念です。
それでもまだ思いもよらぬ街角であの香りをかぐことがあって、
「お、ラッキー!( ゚∀゚)o彡°」などと小躍りしてしまいます。
そんなお出かけの季節、カレーを食べてきました。

JR品川駅構内にある(エキナカって言うんですってね)エキュートという施設、
その二階にお目当ての店「シターラ・ダイナー」があります。
エキュートの三周年を記念したスペシャル・プレートがこの19日まで提供されており、
あたしはそれを食べてみたくて出向いていったという次第です。

さ、ご報告。

二皿で構成されているうちの一皿目。
エビとチキン
どんな料理であれ、エビに頭がついていることが何を意味するか…。
このエビを見ただけで、料理人の心は大きく揺さぶられます。
エビが傷むときは、ミソから悪くなっていくものなんです。
冷凍であっても、有頭だということは、獲れたての新鮮なエビを
時間をおかずに冷凍したということをあらわしているんです。
そのエビを、スパイスに漬け込んだ後、タンドールで焼いてあります。
身はふっくらとやわらかく、ミソは香ばしく、見事な加熱です。

鶏はドラムスティック、もも肉の下半分ですね。
驚くべきことに、中に詰め物がしてあるんです。
そして全体をマリネしておいたものを、こちらは揚げてあります。
かじったら写真を撮れる状態ではなくなり、断面図はなし。
肉が締まることなく火が通っていて、スパイスの香りも立っています。

緑色の鮮やかなチャトニ。
グリーン・チャトニ
香菜とミントが入っているのは分かりましたけど、あとは?
レモンらしき酸味がありますが、それだけでもなさそうだしぃ…。
エビやチキンをこのチャトニにつけて食べると、爽やかそのものです。
この一皿目で、もうすでにだいぶのけぞりましたね。

二皿目。
カレーのプレート
カレーはコフタ(球状のものをインドではこう呼びます)です。
グレービーはトマトベースにカシューナッツとココナツ。
軽い酸味と程よい甘味のバランスが印象的な、優しい味のグレービーです。

カレーの大写し。
カレーの大写し
白く見える筋のようなものはシュレッドチーズ、これはなくてもよかったな。

コフタを割って写真に撮ってみました。
コフタ
ジャガイモと何種類かの豆をまとめた周りにホウレン草をまぶし、
さらにベスン粉というヒヨコ豆の粉をつけて揚げてあります。
エビもチキンもそうですが、こういう手の込んだことをしておいて
なおかつ出来上がりを至ってフツーに見せるという謙虚さ、
これがまたあたしのツボをぐいぐい押して泣かせてくれるところです。
テクニックは美味しい料理のためにだけあればいいのであって、
それを自慢のタネにするような料理と料理人は最低です。
そんな、見た瞬間にあざとさが浮かび上がるような料理を、
最近では家庭の主婦が作るもんですから、なんとも妙な気分です。
おまけにブログで自慢したりしちゃって、もう情けないったって…。

左下はクルチャ、ナンの生地に何かを挟んだものをそう呼びます。
これはキーマ、スパイシーに仕上げられた挽肉が挟んでありました。
カレーが辛くないので、とてもいいバランスで食べることができます。

右下はオニオン・バジル、タマネギの掻き揚げという趣ですね。
名前から誤解されそうですが、ハーブのバジルとは関係ありません。
パコラというインド料理と同工だと考えてくださればいいでしょう。
タマネギの甘味が上手に引き出されていて、ビールに合いそうです。
この日は残念ながら飲めない事情があったんですけどね。

サラダは、レタスとサニーレタスに紫キャベツと赤パプリカ。
それを自家製であろうドレッシングできちんと和えてあって、
インド料理屋で食べるサラダとしては出色のデキです。
生野菜嫌いのあたしが、ついついほめてしまいました。

温度なども含め、どの料理にも隅々まで気配りが行き届いていて、
それはそれは満足&納得の一食ではありました。
全部を食べ終わったときは、ブリッジかというほどのけぞりましたよ。
ちなみにお値段は、税込み2,000円でございます。
記念ということもあるのでしょうが、とんでもないコスパです。
飲み物がつかないのは、この内容ではやむをえないところですね。
料理の原価率が高すぎて飲み物をつけられないんです。
でも、飲み物なんかどうでもいいというほど充実した料理です。

エキナカ、なんてバカにしちゃいけません。
これだけのものを出されたら、素直にターバンを脱ぎます。
2008 / 10 / 13 ( Mon ) 17:45:37 | インド料理 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<インド、外食、その続き。 | ホーム | 作戦、失敗。>>
コメント
タイトル:

ターバンなんて巻いてないのにどうやって脱ぐんじゃww
それにしてもこれで2,000円は凄いです!
インド料理屋でオリジナルドレッシングとはっ!(かなりのポイント(笑)
あ~、カレーが食べたいよー(涙)

勿論あの一生に一度のバトンは覚えてますが、
ACCのネーミングまでは・・・(笑)
もう少し知名度上げるキャンペーンしましょうか?
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/10/14 07:17 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:ターバンですか?

中野区弥生町条例で、この7月から着用が義務付けられています。
ヒートアイランド現象下での健康保持の苦肉の策とか。
ターバンを巻いてダーバンを着てタバーンで飲みます。( ̄m ̄*)ププッ

とってもレベルの高い食事に、大満足でした。
あたしがサラダをほめるなんて、滅多にないことですし。
カレー、冷凍したら送れるんだろうか…??

ACCは、ニンジンのビタミンAとピーマンのビタミンC、
それにジャコのカルシウムのCを並べたネーミングです。
自分では結構気に入ってる名前なんだけどなぁ…ρ(。。)イジイジ

名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/10/14 18:12 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/469-22f9a8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。