スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
あたしの好きなラーメン、きっとその⑤


うんと大雑把な言い方をしてしまえば、こういうことです。

≪あたしは、ラーメンに海産物は合わないと思っている≫

合わないと思っているだけで、食べることは食べます。
でも、たとえば子供たちが一緒なら、海苔やナルトは譲ります。
最悪はワカメで、あれを具に採用する店の了見が知れません。
そんなあたしですから、鰹節や煮干のスープがイヤなんです。
「ヒントは中華丼」とさんざん書いてきたのもそのことです。
魚介の入ったスープでは、中華丼や広東麺のアタマはできません。
ワンタンメンも動物系のスープでこそ成立するのであって、
魚介の風味の強すぎるスープにはお世辞にも合うとは言えません。
つけめんのオプションには、ワンタンってありませんよね。

鶏ガラ+豚のスープは、料理屋のスープと考えていいでしょう。
それに対して魚介も用いるスープはラーメンに特化したもので、
一般的な料理に対する使い回しがまったく利きません。
つけ麺スープでお馴染みの酸味は主に鰹節によるものですが、
あの酸味はラーメンやつけ麺だからこそ許される範囲なわけです。
そしてあたしは、その酸味が好きではないということなんです。

そうなると、スープには醤油の色が濃い目に出ることになります。
以前にも書いたのですが、醤油の塩分は15%程度のものです。
なので、醤油の色が濃いことは、スープがしょっぱいことに直結しません。
麺が真っ直ぐすぎてはこういうスープには合いません。
軽く縮れがかかっているタイプの麺がよろしゅうございます。
喜楽漢珍亭のように野太い個性のスープなら太めの麺が、
蓬莱軒のように控えめなスープなら細めの麺が合います。

最後にひとつ、画像を置いておきます。

若月のラーメン

新宿西口思い出横丁…と言えば、なにやら聞こえはいいですよね。
でも、あたしたち世代の新宿育ちの人間の誰もが「ションベン横丁」と呼ぶ
あの一区画にあるラーメン屋で「若月」という店の一杯です。
驚くなかれ、このご時世に450円という値段で提供されています。

次は、丼を彩る具の話を書いてみたいと思っています。
2008 / 10 / 19 ( Sun ) 00:57:49 | ラーメン | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<やれやれ… | ホーム | インド、外食、その続き。>>
コメント
タイトル:

「若月」さんのラーメン、いい色してますね。
これで450円なら何の文句もありませーん☆

わたしのこよなく愛する「臺大」さんは、らーめんの具にワカメがのっているのですが、
なぜ相性がいいのかこのエントリを読んでやっとわかりました。
確かにスープは動物系ですし、魚介はつかっていなかった、と。
以前海苔に変えていた時期があったのですが、
無理を言ってワカメに戻してもらったほどです(笑)

最近、近所に安くておいしいラーメン屋さんをみつけました。
オヤジさんの眼光が鋭いのでなかなか写真を撮らせて、と言いだしにくいのですがw、
いつかブログで紹介したいと思っています(^^)
名前: elaathena #I678atB6 : 2008/10/21 14:03 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:えっ?

ワカメと相性がいい理由ですか?
あたしはワカメ敬遠派だと書いたんですけど…。
臺大さんのラーメン、動物スープにワカメですか。
あたしならきっと眉を顰めるでしょうね。
だけど、あのラーメンは美味しそうだったっけ。(笑)

ガンコウオヤジのラーメン屋レポ、待ってます。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/10/21 14:27 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/471-31fdfdc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。