スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
その笑い声は天に響き地に轟く


みなさん、将棋はお好きですか?
あたしはガキの頃から好きで、そこそこの棋力です。
プロの棋士の対局を観るのも好きですし、本も読みます。
それが棋力向上につながれば言うことなしなんですけどね。

図書館で将棋の本を借りてきて、研究に没頭します。
森内の絶対感覚
プロの感覚というのはわれわれ素人のそれとはまったく違っています。
どこからあんな発想が生まれるのか不思議でなりません。

はい、次。
羽生の絶対感覚
棋士によって微妙に感覚が違っているのも面白いところで、
彼らの頭の中はどうなっているのか覗いてみたいもんです。

そこで、こんな本を借りてみました。
一つの局面を複数の棋士が読み解くという企画で、
棋士による読み筋や読み方の深さも分かって興味深いものがあります。
読みの技法
上下二冊とは随分読み応えのある本ですよね。
現代のトッププロ三人が局面の解析をするわけですから、
いきおいヴォリュームも出てしまうに違いありません。

でも、なんかヘン。
パラパラとページを繰って、あたしは愕然としました。
上下二冊?

同じ本じゃん!

図書館の本棚に、ごく自然に並んでたんですよねー。
同じ本が並んでいるわけがないという先入観が働いたようで、
勝手に上下巻と思い込んでしまったということになります。

家族の笑うまいことか。
カミさんはそれでも遠慮がちにクククッと。
たまに堪え切れない分が噴き出ます。
才は高らかに声を上げて「とぉーちゃーん!」と。
滅多に見せないあたしのスキに大喜びです。
遊は声変わり中の妙な声でグェグェと。
ただでさえ目がタレてるのにそれがまた一層…。

新 「ふ、双子の本だったんだよ、これは。」
才 「あ、そ。」 (ほか二人、「クククッ…!」)
新 「バカやろう、ウチの店と両方に置いておけるだろうが。」
才 「あ、そ。」 (ほか二人、「クククッ…!」)

気を取り直して、最後の一冊をバッグから出しました。

借りてきた5冊の本、こんなグワイです。
5冊≠5種類

え?

は、羽生の本も二冊あるよ…?

真っ青になって立ち尽くすあたしに、容赦ない声が飛びます。

妻 「えー、それもなのー?」
才 「二組目の双子か、とーちゃーん!」
遊 「ただのボケじゃん。」

打ちひしがれる…ってのは、こういうことでしょうか。
家族の高らかな笑い声が延々と続く中、当のあたしは
いまだかつてないほどの自己嫌悪に襲われたのであります。

皆様のお宅に、ウチの家族の笑い声は届きましたか?
不肖あたくし、これからダブった二冊を返却してまいります。
読みたい人がいるかもしれませんものね。

あ~あ!

2008 / 11 / 25 ( Tue ) 17:04:15 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(6) | トップ↑
<<激動の十一月 | ホーム | パソコン修理の見積もり。>>
コメント
タイトル:弘法も筆の誤り

そんなこと 一般人には、日常茶飯事です。
アンナカレーニナ 上中下 あるものを 書店には上下しかならんでいなかったので、購入し、上巻はよかったものの、下巻で「ロシア文学って やっぱ むつかしいわ」って思った 十代の私は、それ以来 ロシア文学1冊も読んでいません。
買ってある本、もう一度買うなんて 当たりまえですから、図書館から借りた本なら、一切、思い悩みすらしなかったでしょう。私なら。
名前: みわ #- : 2008/11/28 05:12 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:えー?

あたしだって一般人なんだけど…?(笑)

同じ本を買うってのはあたしもやりますけど、
あれは一体どういう仕組みになってるんでしょうね。
あたしのバヤイは文庫本でその現象が起きやすいようです。

でもさあ、ちょっと確認しろよ!って思うのよ…。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/11/28 12:31 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

借りた本ならいいですよ~。
読むのは大抵推理小説なので、普段は
上下巻あれば一緒に買うんですが、
ちょっと面白いか半信半疑だったので
この間は上巻だけ買ったんですよ。
思いのほか面白くて、上巻が読み終
わる間際に下巻買っておかなくちゃ!
と新宿に行ったついでに紀伊国屋に
行って急いで買って帰って、いざ
読み始めたら「?」って感じでした。
上巻買っちゃったんですよ。。。
すごいショックでした。
次の日、紀伊国屋にまた行って事情
を話して下巻と交換してもらいました。
名前: 晶 #VWFaYlLU : 2008/11/30 00:38 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんにちは。

ほほー、どなたも同様のことをしておいでですね。

いろいろ考えてみたんですけど、結論は「思い込み」です。
同じ本が二冊並んでいるわけがないとか、
自分のしていることに間違いはないとか、
結果的には思い込みが働いているように感じます。

家族に笑われたあの悔しさを忘れずに過ごします。(苦笑)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/11/30 16:43 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

借りた本でよかったじゃないですか。
買ってたらかなり悔しかったことでしょう。
(レシート持ってたら返却も出来るでしょうけど、私はレシートなくすので(汗)
私は里帰りすると本をばさっと買い込むんですが、
知らない間に同じ本が・・・ということがあります^^;
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/12/03 10:45 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:そうかぁ…

自分だけではないことが分かって、気持ちが楽になりました。

でもねー、何でその場で中身を確かめなかったんだ?って、
しばらくは自問し続けてましたよ。
子供たちにいたっては、たまにこの記事を読み返してます。
ニヤニヤされるのが、たまらなく腹立たしいんですけど。(笑)
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/12/03 16:17 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/488-e16df18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。