スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
カレーなる一年の締めに


<拭きこみし柱の艶や年忘 久保田万太郎>
年忘れと言いますが、忘れたいこともあれば忘れたくないこともあります。
あるいは、忘れてはいけない出来事というのもあるでしょう。
カレーに狂った一年の終わりに、今日はカレーを食べてきました。
22・23日と連続で訪問したコチン・ニヴァース、三度目の訪問です。
遊びの世界(特に、女郎買い)では一度目が初会、二度目が裏、
三度目以降を馴染みと称して客を持ち上げるのが常です。
その伝からいけばあたしは今日から馴染みかもしれませんが、
飲食店で常連客を気取るような野暮は大嫌いでございます。
普通の扱いを受けて普通に食って普通に金を払うのが一番です。
でも店の人に顔を覚えてもらうのは、悪くはないですよね。

今日は写真があります。
続きで、た~~っぷりとご紹介しましょう。

ピンボケや構図の悪さは毎度のことですので、どうぞそのおつもりで。

ナスのなんとか
ナスにベスン粉という豆の粉をつけて揚げたもの、「バジ」と呼ばれる料理です。
タレとして添えられている緑色のチャトニも、半端なく美味。

カリフラワーのなんとか
カリフラワー、タマネギ、ピーマン、ニンニク、形として見えるのはそれだけです。
中華っぽいヴィジュアルですがスパイスの使い方はさすが、舌を巻くばかりです。

マトンのなんとか
ココナッツをまぶして仕上げてありますが、ちゃんと辛い料理です。
まったく臭みのないマトン、筋や脂を丹念に取り除いてある証拠ですね。
目に見えないところに手間をかける、こういう料理は料理人の胸を打ちます。

カジキのなんとか
カジキマグロは下手な料理人にかかるとバッサバサになってしまいますが、
これはしっとりジュースィーに仕上がっていて驚かされます。
大きく切った生姜がアクセント、魚と生姜の相性は万国共通のようです。

レモンライス
レモンの風味豊かな、酸っぱいご飯です。
時折あたるスパイスとナッツがご馳走感を演出しています。
前出のマトンやカジキとも絶妙の相性、バスマティライスの真髄を堪能できます。

キーマ・ナルギシー
キーマ・ナルギシーという名の料理ですが、ナルギシーってなに?(笑)
見た目は目玉焼きの印象ばかりですが…。

※追記:12.29
ナルギシーについて調べてみたところ、こんなことが分かりました。
「ナルギシー」はあたしの勘違いで、「ナルギシ」が正しい。
どうやら水仙の花を表す言葉らしく卵の黄身を花の蕊、
白身を花びらに見立ててこういう呼び方をするようです。
すなわち目玉焼きがナルギシそのものなのであって、
それが料理の重要な部分を占めているということになります。
ただのハッタリや無意味なサービスなのではなく、
目玉焼きあってこそのキーマ・ナルギシというわけです。
ちなみに茹で卵を使った料理にもナルギシの名は使われるようです。


混ぜこ混ぜこ
皿の底に色鮮やかなサグが敷き詰められていて、その上にキーマ、
そしてトッピングが半熟目玉焼きという構造になっているわけです。
衝撃的な旨さで、レモンライスともぴったりマッチしてくれます。
そういえば今年のあたしのカレー熱は、サグから始まったのでした。

マンゴ・メルバ
ホットでスパイシーな料理の後に甘くて冷たいデザート、いいですね。
あ、もちろんあたしはこういうものは食べませんけど、味見はしました。

カ、カップ…
あたしの締めは、チャイ。
って、飲み終わってから気づいたので、空のカップの画像なんですけど。

今回は、スペシャルゲストとしてイナコさんにおいでいただき、
カミさんを交えて三人で食事という妙な取り合わせと相成りました。
イナコさん、お付き合いくださってありがとうございます。
美味しく楽しい時間を過ごすことができて、カミさん共々感謝しております。

あたしが作るよりもちょっと美味しいインド料理、目標は全メニュー制覇です。
この料理のほかにビール一本とカクテル一杯で、支払いは7230円!
味もさることながら、コストパフォーマンスの高さも大きな魅力です。
興味はあるけど一人じゃぁちょっと…という方、どしどしご連絡下さい。
ランチではこの店の真価は分かりませんから、ランチメニューのない時が狙いです。
土曜日の夜か日曜祝日の昼、そんな時ならあたくし、喜んでお付き合いいたします。
人数が揃えば貸切もできるようなので、新三オフもいいかもしれないなぁ…。
満席でも12人という小体な店ですから、何とかなるかもしれません。

今年は、あと何回外食できるかなぁ…(って、まだするのかよ!)。
ファイトだ、あたし!(鉄の胃袋ながら、その他の内臓はボロボロ)
持ちこたえてくれ、財布!(有馬記念で、パァッと玉砕)

そんな年末、今年もいよいあと三日ちょいです。
2008 / 12 / 28 ( Sun ) 18:18:18 | インド料理 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
<<まだ締めてる中 | ホーム | おかしいけど、冬は冬>>
コメント
タイトル:おいしかったですねえ!!

テイクアウトした分も、友人から大絶賛受けました^^
ほんとこちらのお料理はおいしいですね!!
新三さんのおかげで本年中に来店が叶い、^^
コレで心おきなく新年を迎えられます(笑)
ありがとうございました~!

てか写真拝見してたら
早くももう再訪問したくなってきました^^
お店の開く来年がまた楽しみですね!
私にもまた声かけてやってくださいませ~♪
名前: イナコ #t8N34rEI : 2008/12/29 22:25 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

新三オフやる際は是非参加させて下さ~い。
それがなくてもここのインド料理はとっても興味があるので、年明けたら連れて行って下さい。
名前: 晶 #VWFaYlLU : 2008/12/30 00:38 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おはようございまーす!

一年のラス前、皆様いかがお過ごしですか?

イナコさん
先日はありがとうございました。
インド料理はカレーだけではないという事実、
そんな当たり前のことを再認識しています。
年明けはメニューが変わるそうで、楽しみですね。
是非またご一緒してください。

晶さん
オフ会はともかく、近々一度突撃しましょう。
狭い店で予約が必須かと思われますので、
お互いの予定を調整して臨みましょうね。
それまではあたしの稚拙な写真で我慢してください。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2008/12/30 10:22 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

私も行きたい~~!!
東京に1週間くらいいないと、
行きたいレストラン制覇出来ないんですけど?(笑)
名前: R* #cDvBsRdY : 2008/12/31 16:37 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:年またぎレス(笑)

R*さん、いつもコメントをありがとうございます。
春に東京においでの際には、必ず行きましょうね。
こんなに「人を連れて行きたい店」は久しぶりです。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2009/01/01 15:41 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/496-66935df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。