2月16日、月曜日。


朝、水っぱながツーッと流れて目を覚ます。

店を開けるか耳鼻科へ行くか迷う。

時間経過に伴って症状がひどくなり、医者を選択。

受付を済ますと、待ち時間90分と告げられ目が点になる。

一旦引き返して、買い物などの用事を済ませる。

頃合を見計らって医者に戻り、待つ。

DSをしつつさらに待つこと30分、診察を受ける。

内容は、内服薬と点眼点鼻薬の相談に終始。

会計を済ませ、処方箋を持って薬局へ。

待ち時間が30分以上と告げられ再び目が点、外出。

この日の第一食を、インド料理屋でとる。

薬局に戻り薬一式を受け取って店に戻る。

すでに15時半、店を放ってDSに打ち込む。

以降、マスクをかけたまま過ごす。

夜、マスクをしたままくしゃみをする。

その際に鼻水も一緒に飛び出す。

内側に鼻水のついたマスク、初体験。

その鼻水をティッシュで拭うという不毛な作業、初体験。


季節の変わり目、特に春は体が排毒するとかしないとか。
花粉症の方もそうでない方も、ご自愛くださいませ。
2009 / 02 / 17 ( Tue ) 15:20:47 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<啖呵の切り方 | ホーム | 誕生日に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/516-47a63e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |