スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
栄養学のかけら


貧血には鉄分補給、これは栄養学の常識です。
ですが、失われた鉄が元通りに補填されるまでには、
実は何ヶ月もかかるということはあまり知られていません。
ビタミンCが鉄の吸収率を高めること、また、意外にも
白ワインやオレンジジュースにもその働きがあること、
逆に赤ワインやコーヒー紅茶は吸収を妨げること、
そんなこともあまり知られていない事実かと思います。

実はあたし、少し貧血気味なんですよ。
血の気は人一倍多いのに貧血ってのも妙ですけど、
要は血液中の成分組成が悪いってことです。
なんたって、血液の半分はアルコールですからね。
食品から鉄を摂取するなら、まずはホウレン草です。
重量あたりで見たときの含有量は豚レバーがトップですが、
カロリーあたりで見るとホウレン草がトップになります。
逆に言えば、レバーで鉄分を補給するよりはホウレン草で
補給した方が摂取カロリーが少なくて済むってことです。

でも、この時期のホウレン草はもう美味しくありません。
ゴワゴワだったり渋かったり、そもそも野菜ですし。(笑)
だから、あたしのチョイスはレバーです。
鶏レバーは豚レバーの7割程しか鉄を含みませんが、
それが鶏レバーを否定する理由にはなりません。

鶏のレバニラ

おまじない程度に、赤い野菜も入れてみちゃったり。
2009 / 05 / 05 ( Tue ) 18:05:15 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<新しい友達@白いご飯 | ホーム | 野菜嫌いのアブラナ科好き。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/546-2898537c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。