冷たいカレー


カレーの新作に挑みました。

「冬」という字をその名に冠しながら夏場に旬を迎える冬瓜。
この味があるのかないのか分からない野菜が主役です。
ヨーグルトをたっぷり使って作るので、加熱によって
そのヨーグルトがもろもろに固まってしまいます。
また、ココナッツを使うので、その分も白い塊ができます。
辛さの成分は赤い唐辛子ではなく青唐辛子。
赤い色の食材は一切使わずに作ってあります。
ターメリックが少し入ってやや黄色みを帯びていますが、
全体的な色の印象は薄いグリーンという感じでしょうか。
部分的に透明感もある、とても不思議な見てくれのカレーです。

画像と能書きは、続きで。

こんな感じに出来上がりました。

冬瓜のカレー

例によって白いご飯にかけ、グッチョンにして食べます。

冬瓜のグッチョン

冬瓜をはじめ瓜の仲間には、体温を下げる働きがあるといいます。
このカレー、唐辛子は入っているもののニンニクや生姜を使いません。
特に、体を温める作用がある生姜を使わないのは特徴的です。
そこであたしが考えたのは、これを冷やして食べることです。

冷蔵庫でびっしり冷やして、そのまま食べてみました。
ココナッツの脂がやや固まり気味ですが、熱いのと大差ありません。
ところが食べた印象は大いに違っています。
温かいものは食べた瞬間にそれと分かる「カレー」なのに、
冷やしたものはすぐに「カレー」という認識を持てません。
言ってしまえば、冬瓜の煮物の冷えたヤツ…ぐらいです。
ところが噛んで飲んでしていくとスパイスを感じて、
最後にはちゃんと辛さも感じるのが面白いところです。
今までにご紹介してきたカレーにはそれなりの発汗作用がありますが、
このカレーには、特に冷たくしたものには、ほとんどありません。

ルーを使った、国民食としてのどろどろカレー。
スープカレー。
南インドの一連のカレー。
そして、わざわざ冷たくして食べてみたカレー。

あたしは、さらなるカレーの奥地に踏み込んでしまったようです。

2009 / 07 / 19 ( Sun ) 08:40:23 | インド料理 | TrackBack(0) | Comment(2) | トップ↑
<<茄子の揚げ浸し | ホーム | 歌舞伎体験教室、その③>>
コメント
タイトル:

なんかおもしろそうなカレーですねー。
見た目はアレですが(笑)、おいしそうです♪
めんどくさいスパイスを使わなくていいのなら作ってみたいなー。
ツキツメたら、レシピ公開お待ちしております(●^ω^)ノ(←調子いいなー)
名前: elaathena #I678atB6 : 2009/07/19 20:07 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんにちは。

ホントに、ビジュアルはいただけないカレーです。
しかも、味も好き嫌いがはっきり分かれるタイプです。
ウチのカミさんはあまり得意ではないとのことでした。

スパイスもレシピも、特別なことはありません。
でも、味を見てからでも遅くはありません…。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2009/07/20 10:56 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/575-6c29faf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |