歌舞伎体験教室続報、プラスあるふぁ


実は今日、舞台稽古がありました。
でも、これまでのところを整理しておくことにします。
珍しく、日記風に書いてみることにしましょうか。

8月5日
ワークショップに参加するために、江戸博へ。
江戸博から国技館を望む

中は撮影禁止のようで、画像はなし。
歌舞伎の小道具などに触れられるのだが、遊はやりたがらない。
はしゃいで参加する親御さんも少なくないというのに、
そういうところの冷めっぷりは、アニキによく似ている。

団体用の記念撮影スポットで。
記念撮影

このあと、隅田川のほとりを歩いて蔵前のアンビカに行き、
カレーに必要なスパイスなどを購入して帰る。
大川端を歩きながらの親子の会話は、なかなか面白かった。

8月7日
いよいよ稽古の初日を迎える。
浴衣を着て、稽古場では当然正座をしなければならない。
それにしても遊、猫背すぎ。
正座

鬘を結う実演を目の前で見る。
結髪

みるみるうちに、鬘が結い上がっていく。
鬘、完成間近

左は床山さん、右は中村時蔵さん。
結い上がった鬘は「つぶし島田」、時蔵さんの手には「立兵庫(たてひょうご)」。
床山さんは何十という種類の髪を結えなくては仕事にならない。
鬘、ふたつ

その立兵庫をかぶって、花魁のつくり。
6年生の女の子、衣装の重さでふらふらしている。
花魁

国立劇場の大稽古場。
下手なプールより、ずっと広い。
大稽古場

こんな空、こんな雲、暑い暑い夏の一日。
夏の空

初日だけは保護者も入れたので画像があるのだが、
二日目以降は送り届けたらそこでハイさようなら。
中で何が行われたかは本人から聞くしかない。
8日はカミさんが送迎、9日はあたしがバイクで送迎。
10日は才のコンクールもあったのであたしが遊を送り、
その足で府中のコンクール会場へ向かう。
カミさんはお袋を引き連れてコンクール会場へ。
演奏を聴き終えて、あたしはすぐに遊を迎えに戻る。

松原高校の、コンクール成績。
コンクールの成績

中学一年生から5回目のコンクールで、初の金賞。
おめでとう、才。
おめでとう、松原高校。
練習は嘘をつかない、ホントのことなんだな。

そして、それは遊にも当てはまるワケだ。
2009 / 08 / 12 ( Wed ) 19:31:40 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<舞台稽古~本番 | ホーム | 「B級」という言い方をやめようと思います。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/585-da59ccc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |