スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
舞台稽古~本番


8月12日は、舞台稽古でした。
それまでは全体練習も稽古場で行っていましたが、
この日は本舞台を使って位置取りなどの確認をします。
発表会の13日は撮影を全面的に禁止されていますので、
扮装した子供たちの写真を撮ったり舞台をビデオに収めたり、
参加児童の保護者はどなたもてんやわんやの様子でした。

工藤祐経に扮した、遊。遊@祐経

稽古をつけてくださった中村歌昇丈と。
歌昇さんと

舞台の様子。
これは、五郎と十郎が出てくる前の場面。
進行中

終幕、上手の工藤は立ち上がって大きさを見せ、五郎は敵の工藤を睨み、
十郎は血気に逸る五郎をいさめる形でそれぞれに決まって見せます。
終幕

見かけ上は他の画像と同じ大きさですが、この画像だけサムネイルです。
クリックしていただくと、かなり大きくすることができます。
携帯でご覧の方はパケ代が大変なことになりますので、ご注意を。
記念撮影

台詞はきちんと入って(暗唱して)いましたし、演技も十分に合格点でした。
声にも張りがあって、必要なメリハリもちゃんとついていました。
本職の指導力はいかばかりかと、才のときにも驚かされたものでした。
 
気になったことが三つ。
 ①途中で顔をしかめてみっともないこと。
  これは鬘がきつかったためと判明し、本番に向けて調整。
 ②客席をきょろきょろ見回していること。
  あたしから注意して本人も反省。
 ③台詞がなくなると気を抜くこと。
  ついつい安心してしまって…という本人の弁。
こんなことがクリアできれば、本番はさらにいい演技が期待できます。

12日の夜、本番に向けての緊張からか、眠れないと言っていました。
寝たと思ったら今度は工藤の台詞を、寝言で、述べ立てていました。
頭の中が、発表会のことでいっぱいだったのでしょうね。
寝てしまってからも台詞の練習とは、たいしたものです。

その本番は、きのう8月13日でした。

大成功でしたん♫

注意すべき点は、全部改善されていました。
また、前日の舞台稽古よりも芯のある演技でした。
遊のみならず、他の子たちもいい緊張感を保っての演技、
前日をはるかに凌ぐ濃い内容に、大いに満足しました。
舞台終了後に緊張から解放されて吐いた子もいたそうですが、
逆に考えればそれだけ集中していた…ともいえるわけです。
20人の気持ちが一つになって、あたしには忘れがたい舞台となりました。

しばらくしたら、ウチにDVDがやってくることと思います。
そうしたら、それを何らかの形でお目にかけたいと考えています。

昨日はあたしたち夫婦と才の他に、両方のバアと甥姪、
さらに娘と、あたしの歌舞伎友達の「まき」が駆けつけてくれました。
みんなそれなりに忙しいのに、ありがたいことです。
この場を借りて、心から御礼申し上げます。

この夏の大目標が終わって、遊はのほほーんとしています。
才もコンクールを終えてしばしの休息。
残りの休みも、楽しく有意義に過ごさせてやりたいもんです。
2009 / 08 / 14 ( Fri ) 14:45:03 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<カブキのケイコはハラがヘル | ホーム | 歌舞伎体験教室続報、プラスあるふぁ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/586-54ebc0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。