新春富士登山


  なぜ山に登るのか?
   -山があるからさ。

遊と二人、親子で富士登山にでかけてきました。
富士山 航空写真

遊は早速登山開始、あたしは余裕で記念撮影です。
遠望

富士山の所在地は、elaathenaさんから教えていただきました。

「富士山盛りって、どれぐらいあるんですか?」
「3~4人前、だいたい1キロぐらいです。」
「あ、そうですか。じゃあ、それを二つお願いします。」
「はい、かしこまりました。」
「あと、穴子天とししとう天もつけてください。」
「ありがとうございます。」

生蕎麦は、茹でると1.7~1.8倍の重量になります。
生で600グラムの蕎麦を茹でているんでしょう、きっと。

あたしの小さな手と比べてみました。
比較

あたしは10分足らずで自分の富士山の頂上を極めましたが、
遊が七合目ぐらいで遭難しかけたので、救いの手を差し伸べました。

協力し合って、無事に富士山を征服いたしました。
セルフサービスで、蕎麦湯もポットに入っています。
征服感マロ出し

割り箸ではなく塗りの箸がおいてあったのですが、
すべる上に短くて、とても使いにくうございました。
箸にはもう一工夫欲しい気がしますね。
蕎麦を持ち上げているうちに、右手がくたびれました。

天ぷらは揚げ立てのサクサクで、なかなか美味しかったですよ。
でも、穴子の天ぷらは全部遊に食われちゃったんですけどね。
蕎麦も、この手の蕎麦屋としては出色のデキです。

ただ、つゆがねぇ…、つゆが辛いんですよ。
全体の味が濃いのなら構わないんですが、醤油辛いんです。
「かえし」を寝かす時間が足りていないのが原因でしょうが、
醤油の角がまったく取れていなくて残念でしたね。
ダシはかなりしっかり取れているだけに、なおさらです。

でも、とても良心的な蕎麦屋だと思いました。
コストパホーマンスは相当高いですね、ここ。
味奈登庵という、横浜に本拠地を置くチェーン店です。
詳細はコチラ→味奈登庵のHPへジャンプ

わざわざ出掛けるにはどこも少し遠いのですが、
近くを通ったときに寄るには格好の店だと思います。

続きに、オマケ画像を置いておきます。

遭難しかけたので、気合を入れ直した遊。
散髪直後

ストロボが光っちまったぜ、ちっ!
それにしても、髪を切ったら才にそっくりですこと。

新三よ、お前はなぜ蕎麦を食うのか?
蕎麦があるから…、か?

 ノン、ノン、ノン!
 蕎麦が好きだからよぅっ!
2010 / 01 / 10 ( Sun ) 14:38:01 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<お袋を落語に連れて行った話 | ホーム | 2009年、流行語大賞>>
コメント
タイトル:おつかれさまでした

いやしかし本当においでになるとは思ってもみませんでした(笑)<富士山盛り
大盛りで箸が止まっているワタクシには一生かかっても頂上へいけませんね(><)
お見事、アッパレ!!

ちなみにその日わたしは渋谷の「喜楽」にて、もやしワンタン麺に舌鼓を打っておりました♪エヘヘ
名前: elaathena #I678atB6 : 2010/01/12 11:33 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:雨、やみません。

elaathenaさん
そりゃあ、親子共々やる気マソマソでしたからねー。v-91
ただ、やっぱり蕎麦はガッツリ食うもんじゃありません。
ささっと、小粋にたぐり込むのが一番です。

喜楽、ご無沙汰してます。
今年はWスープを排除するつもりなので(笑)、
喜楽の化学調味料スープにまみれるのもいいなぁ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2010/01/12 15:26 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

コメント欄読むまで、「富士山のぼりに行ってついでに蕎麦屋」と思ってました(笑)
蕎麦が富士なのか!!
でも生で600gって・・・
普通パスタでもひとり分80-100gですよね?
途中で飽きそうです^^;

遊君! 君は髪を短くしたままでいてくれ(あねさんからの切実な願い)
名前: R* #cDvBsRdY : 2010/01/13 07:13 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:そんな!

富士山のついでに蕎麦って、なによ?(笑)

パスタは確かにそれぐらいの量ですね。
ラーメンだと120~130gぐらいが普通でしょう。
ともかく1キロの何かを食べることはあまりないわけで、
自分の力が衰えていないことに満足しました。

遊へのあねさんメッセージ、伝えておきます。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2010/01/13 14:33 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/634-2e1112ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |