スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
It's a 相撲る world.


最初は誰でも初めて、必要なのは好奇心だけ。

櫓と幟

平成22年1月23日土曜日、一月場所十四日目。
生まれて初めて本場所を観戦しにいきました。

幕内土俵入り

大の男が素裸同然でくんずほぐれつ、しかも頭はちょんまげ、
考えてみるとつくづく妙なスポーツだという気がしてきます。
声援から察するに、一番人気は魁皇のようです。

横綱の土俵入り、十四日目なのでまずは西の朝青龍。

朝青龍の土俵入り

お次は東の横綱、白鵬。

白鵬の土俵入り

手ブレがとっても残念な感じですが、いつものことですし。

日の丸と垂れ幕と吊り屋根

打ち出し後、吊り屋根を見上げながら考えたことがあります。

歌舞伎を自分の意思で初めて観たときには、後悔しました。
もっと早く観ておくべきだった、強くそう感じたものです。
でも、相撲に関しては、まったくそういう気持ちはありません。
ただ、死んだ親父と一度だけでも一緒に観ておくべきだったと。
今となってはもうどうにもならないことなので、せめてせめて、
お袋が元気なうちに一度連れてってやろうかと思います。

そしたら、今日、親父が夢に出てきてぶったまげました。

   次号へ続きます。
2010 / 01 / 25 ( Mon ) 16:32:43 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<過剰書き相撲観戦記。 | ホーム | テキサス!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/639-4414353d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。