元町から中華街へ


下前商店でラーメンを食べて小腹を満たした後、
元町商店街をプラプラ歩いてみました。
20年、いや、25年ぶりぐらいだったでしょうか。
どこにどの店があるのかもすっかり忘れていました。

タイムスリップを終えた後は、中華街に移動しました。
目的は「豚足そば」、この日はそんな気分でした。
古い話になるのですが、このときは画像がありませんでした。
今回は、画像つきで改めてご紹介したいと思います。
中華街には適当に行っていますが、徳記での食事はあの時以来。
実に四年近くも間隔が空いてしまったんですね。

広東料理を名乗っているので餃子がない、素晴らしい見識です。
こういう店ばかりなら、中華街ももっと魅力的でしょうに。

中華街ビール

豚足そば

豚足

解剖結果

中華粽

喉の渇きをビールで潤して、お目当ての豚足そば。
麺は独特の平打ちで、ピロピロした食感が魅力的です。
スープが魚臭くないのも、あたしにはとてもありがたい。
豚足は、案外大ぶりなものがふたぁつ鎮座ましましています。
女性ならひとつだけでようやっと、という感じではないでしょうか。
色は黒いのですが、辛くもしょっぱくもなく煮上がっています。
出されるときは形を保っているのに箸を入れたらホロホロのトロトロ。
コラーゲンたっぷりで、あたしのお肌もトゥルトゥルになりそうです。
あたしは、豚足を麺の丼に入れることなく食べます。
麺が主食で豚足はおかず…といった感覚でしょうか。
大事なのは麺が延びないうちに全体を食べ終えることですね。
1000円になってましたけど、よそではこんなの食べられません。

訪問は今月の15日でしたが、翌16日は旧暦の五月五日。
店のオバちゃんがお節句用に粽を作ったと言ってました。
一年に一度、この節句にしか作らないんだそうです。
せっかくなので、1050円払って1個だけ買って帰りました。
これまたちょっと高い感じがするのですが、どうしてどうして。
たっぷりと食べ応えのある粽で、家族四人で食べられました。
久しぶりに本格の中華粽を食べられて、大満足でした。

徳記は、あたしが中華街で食事をする何軒かの中の一軒です。
美味しいのは当然として、どうせなら本場を思わせる料理がいい。
そう考えると該当する店はほんの数軒しかありませんが、
しょっちゅう行くわけでもないので数軒あれば十分ですかね。

次は山東の水餃子でも食べることにしようか…。
2010 / 06 / 20 ( Sun ) 17:08:22 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<帽子 | ホーム | 下前商店>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/671-f26c5b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |