土用の丑の日の次の日


<鰻釣りの針のくらさよ夏延延 伊丹公子>

あたしは、土用の丑だからという理由だけで鰻を食べることはありません。
でも、家人が買ってきた鰻を拒絶するほど鰻が嫌いなわけでもありません。
土用の丑を一日過ぎた昨日、美味しい鰻がやってきました。

鰻 宮川

宮川本廛(みやがわほんてん)という鰻屋の、いわゆる中串ですね。
冷凍ではない、まっとうな調理法で焼き上げられた純国産蒲焼です。
右のふた切れで一本分、左は頭側半分に尻尾側がちょこっとついたものです。
値段は右の串が1850円、左の串が1350円(いずれも税込み)ということでした。
酒でつまんでご飯に乗っけて、鰻って美味しい魚だなあと実感します。
あたしは淡水の魚を好まないのですが、鰻と鮎だけは別格ですね。

料理では素材のよしあしが出来を左右することを再認識させられます。
スーパーの店頭などで売られている中国や台湾の鰻、あれはちょっとね。
大きいだけは大きいのですが、味も大味ですし身質は粗いし。
それに、たれが甘ったるくて妙にてらてら光っているのも不自然です。
もちろん国産の鰻にも質の悪いのはいくらでもあるわけですから、
これぐらいは張り込まないと美味しい鰻にはありつけないようです。
お気に入りの店で食べれば鰻重で3500円ぐらいは取られちゃいますから、
これでも十分に経済的と言うことができるのではないかと思います。
鰻自体、そんなに頻繁に食べるものでもありませんからね。
2010 / 07 / 28 ( Wed ) 16:08:39 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ガレージセール | ホーム | ラー油考>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/681-c0a1e288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |