スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
まだまだ継続中


某日、新宿三丁目でタンタンメンを食べてきました。
実は4月に新宿御苑に行った際に初めて食べたのですが、
もう一度味を確かめたくて再訪ということに相成りました。
写真がボケまくりで、我ながらトホホです。

タンタンメン@花彫酒家

汁はなみなみ、具はシンプル、そしてこれでもかっ!という程のゴマ使い。
見た目はごく平凡ですが、きわめてユニークな味のタンタンメンです。
ゴマが濃過ぎて途中で飽きてくるので、ご自慢の自家製ラー油を投入します。

ラー油投入

店のサイトを見ると、ラー油を大々的に宣伝しているようです。
前回は見送ったのですが、今回はひとつ購入して持ち帰りました。
確かに香りがよくて美味しいのですが、95g680円は高過ぎます。
あたしの食べたタンタンメンは、800円で半ライスつきでした。
同行者の食べた定食は、おかわり自由で750円でした。
それから比べると、ラー油はかなり強気の価格設定ですね。
美味しいとは感じても、この先二度と買うことはありません。
というか、あたし、近々ラー油を作るつもりでおりますんで。

笑ったのが同行者の定食についていたデザート。
豚肉と揚げ豆腐の旨煮にご飯とスープ、そしてザーサイ。
で、どうしてデザートがバナナ1/2本なの?
散々食った後で、デザートにバナナなんか食えるかぁっ!
できれば、柑橘類かブドウぐらいがよかったんですけど。

外食だけでなく、自宅でも麺ばっかり食ってます。

自宅でタンメン

残り野菜や半端なものを放り込んで、塩味の麺を作りました。
白髪ネギなんか、切ってから5日ぐらい冷蔵庫で暮らしていたものです。

自宅タンメンのアップ

肉、ニンジン、タマネギ、キャベツ、モヤシ、タケノコ、キクラゲ、ナルト。
それに、ボンゴレを作った際に食べ切れなかったアサリまで入れてあります。
タンメンといえばタンメンですが、チャンポンと言っても通用しそうです。

ぬああ゛~、早くも次の麺が食いてぇぇぇぇ!!
2010 / 08 / 29 ( Sun ) 16:34:18 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<美味しさの要素 | ホーム | 餃子の王将>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/688-57fef065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。