秋の新色


<胸もとへ闇ゆるやかに秋袷 坂巻純子>
「袷」は初夏の季語ですが、それは5月あたりのこと。
7・8月の単衣を脱いで9月にまた用いる「袷」を「秋袷」と称します。

夜にも様々な色がある、あたしはいつもそう思っています。
夏の夜の色は、白で決まりでしょう。
それが秋になると、秋の気配の移ろいと共に夜の色も変わります。
気象条件によって、薄い紺だったり茶色の混じった藍だったり、
少なくともあたしの目には多種多様な色が見えてきます。

そんな秋、あたしの大好物に新色が加わりました。


こんな色ですが、皆様はもうご覧になりましたか?

ASUKA CRUISE

まろやか熟成、ねぇぇ…。
炭酸がきつくって、口の中でピキピキピチピチします。
ピチピチのオネーチャンはそれはそれで大好物ですが、
このピチピチはあまりいただけないですね。
麦のコクもホップの香りも薄くて、期待はずれです。

色で過去の序列を整理してみると、
赤>金>緑>琥珀>白>黒 といったところでしょうか。
もちろんこの序列は、あたしの好みに照らし合わせての独断です。
言うまでもないことですが、赤=超長期熟成です。
金はノーマル、緑はザ・ホップ、以下ごにょごにょですね。

ここに新色を当てはめるとなると、白と黒の間かなー。
琥珀以下は、もはや自分で買って飲むことはまずあり得ません。
正直、どうでもいいや…程度のレベルです。
今日ぐらい涼しいとビールなしでいきなり酒もアリですから、
口に合わないビールはなおさら飲まなくなるに違いありません。
それとも、豪華客船でのクルーズ中に飲んだら美味しいのかしらん。

なんだかなぁ。
2010 / 09 / 16 ( Thu ) 04:15:23 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<味覚崩壊 | ホーム | 適正価格>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/692-6d835dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |