文化の日


<消しゴムにバニラの香り文化の日 三木基史>

去る11月3日は、一年で一日だけの文化の日でした。(アタリマエw)
この日は明治天皇の誕生日で明治時代には天長節と言い、
後に第二次大戦中までは明治節と呼ばれていた祝日です。
でもあたしは日本国憲法が公布された日として覚えていて、
それは、その方がいくらかでも民主主義の香りを感じられるからです。
日本国憲法は終戦の翌年1946年の11月3日に公布され、
それから半年の期間をおいて翌1947年の5月3日に施行されました。

憲法改正の論議についてここで触れることはしませんが、
ただ一つ憲法についていつも思っていることを書いておきます。

憲法についていつも考えていること、それは表記です。
ご存知の通り、現行の憲法は旧仮名遣いで表記されています。
あれが国民から憲法を遠ざけている大きな原因になっているんです。
現代仮名遣いに改めるだけで、ぐっと身近になるのになあ…。

日本の憲法は法改正の側面からは「硬性憲法」とされ、
改正が難しいことがひとつのネックになっています。
いや、硬性憲法であること自体に問題はないんです。
憲法がコロコロ改正されるのもどうかと思いますからね。
でも、この時代になって旧仮名表記はないわー。
現代仮名遣いに改めて義務教育で徹底的に教え込めば、
今のガキ共ももうちょっとマシになるような気がします。
あ、今の大人もね、ケケケ。

全然カンケーネー話ですが、11月3日は「晴の特異日」なんですよね。
以前にこのブログでもちょっとだけ触れたことがありました。
話題の斎藤クン、最後の早慶戦を勝利で飾りました。
気持ちよい天候に恵まれて神宮球場は立錐の余地もない超満員。
スワローズVsジャイアンツでもああは入りませんぜ。
リリーフの大石クンも気迫のこもった投球でしたよ。
福井クンも含めた三人がそれぞれ指名球団に入るとなると、
来年のプロ野球は、ちょっと面白くなりそうです。

そして今日、東京の空はこの秋一番の美しさです。

11月5日の空
 ↑ クリックで大きくなります

ふわふわと空を飛んで、どこかへ行ってしまいたいなあ。

2010 / 11 / 05 ( Fri ) 14:48:23 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<立冬 | ホーム | バカと隣の火事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/704-fdcdce28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |