2010年、印象に残った店


印象に残った…といっても、あたしの場合は飲食店のみ。
印象に残った宝石屋とか、あり得ませんからね、はい。

いつかも書いた通り、昨年は実に地味な活動に終始しました。
それでも印象に残った店がいくつかはありましたので、
思い浮かぶがままに書き連ねてみようという試みです。

店の案内は、全て食べログから引きます。

<「麺や 双六」@戸田公園>
オタクっぽい小太りの若いご主人が一人で切り盛りする店。
坦々麺は実にスパイシーで、麺そのものが美味いときています。
あたしの食べた汁なしも、同行者の食べた汁ありもイケてました。
坦々麺の生命線は香り、それを再認識させてくれる店です。

<「坦々麺 ほおずき」@中野>
坦々麺が続きますが、坦々麺行脚をしていた頃のことですね。
戸田公園はちょっと遠いので二度目の訪問はまだですが、
こちらの店は昨年だけで三回訪問した覚えがあります。
青山椒という中国の山椒を巧みに使った品が並び、
辛とともに痲でも楽しませてくれる素敵なお店です。
ちなみに、三度目の訪問の際にお願いして「うんと辛く」してもらったものは、
昨年一年間で食べたあらゆるものの中で一番辛い食べ物でした。

<「下前商店」@横浜元町>
この店は、ブログの記事にしました。
Wスープ全盛の今では希少価値さえ感じられる、正統派の醤油ラーメン。
一度食べただけなのですが、味の印象はいまだにくっきり残っています。
元町にも中華街にもあれきり行っていないのですが、思い出したら食べたくなります。
だから、思いださない方が身のため…です。

<「バインミー☆サンドイッチ」@高田馬場>
自分で美味しいサンドイッチを作れるあたしとしては、
サンドイッチに対する評価が厳しくなってしまうのは無理のないところ。
ですが、ここのバゲットを使ったサンドイッチは、とても美味しい。
それだけでなく、ベーグルがまた美味しいので、つい買い過ぎます。
自宅用に、お土産に、様々なシーンで主役を張れる品ばかりです。

<「ラミティエ(L'AMITIE)@高田馬場>
これも記事にしましたが、当時は高田馬場攻略中の感がありました。
一度行って、食事中に二度目の予約をしたほどのお気に入りでしたね。
二度目は、あたしの代わりに急きょ娘が行くことになったために、
あたしは虎視耽々と再訪の機会を狙う日々を過ごしているところです。
ざっかけない雰囲気とコスパが最高で、寛いで楽しめるビストロです。

あー、くたびれた。
続きは、また。
2011 / 01 / 20 ( Thu ) 06:49:51 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<2010年、印象に残った店 ツー! | ホーム | 月曜日始まり>>
コメント
タイトル:

バインミーってベトナムサンドイッチのお店ですよね~。
ベトナムはフランス領だったのでパンが美味しいという話は聞いたことあったので行ってみたいと思っていたんですが、やっぱり美味しいんですね。。
L'AMITIEは昔よく行きました。
あぁ~、久しぶりに行きたくなりました。
名前: 晶 #mQop/nM. : 2011/01/20 22:11 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おはよん♪

バインミーのベトナムサンド、バゲットでしょ?
かぶりつくと、外側のバリバリで口の中が切れます。
それさえ注意すれば、文句無しですよ。
あたしゃ、レバーペーストのやつが好きです。

ラミティエのランチはコスパ抜群!
通いたい店ですね、あそこは。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2011/01/21 09:24 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

新三さんが担々麺行脚をなさっていたとは存じませんでした。
川崎にも「松の樹」という、なかなかの汁なし担々麺を食べさせる店があるので、
何かのついでがあれば試食どうぞ。

ちなみに最近我が家のランチブームはスーラー湯麺です(笑)
名前: elaathena #I678atB6 : 2011/01/21 09:32 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんちはっす。

松の樹、ちょいと調べてみました。
こちらはバリバリの四川料理屋さんで、
坦々麺が専門というわけではないのですね。
四川料理屋の坦々麺は、総じて美味しい気がします。
今は欲求が収まってますが、一度火が点くとなぁ…。

酢辣湯麺のオヌヌメもありますか?
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2011/01/22 11:46 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/722-6695485e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |