スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
2010年、印象に残った店 ツー!


大好評の(?)今シリーズ、第二弾です。

<BLONDIR@ふじみ野>
鄙にも稀な…なんて言い方をしますが、まさにヒナマレです。
別の用事があって知人と出かけた際に、その知人が行ってみたい店があると。
なので、じゃあ行ってみましょうかと。
ふじみ野なんて、よほどのことがなければ行きゃあしません。
が、素晴らしいお菓子屋さんです。
生も焼き菓子も飴も、そしてパンもちゃんとしています。
フランスの街角にありそうな瀟洒なたたずまいがナイス。
いえ、フランスには行ったことありませんけど、あたし。
近くを通ったら是非とも立ち寄るべき店ですね、ここは。
あ、でも厨房の見えるところでホカ弁食うのはやめてね、シェフさん。

後半は、怒涛の飲み屋攻撃ですぜ。

まずは、立飲みの店を並べてみましょう。
<酒場 ふくろ@池袋>
<立飲み たきおか@アメ横>
<立飲み いこい@赤羽>
どの店にも共通しているのは、早朝から営業しているところです。
それが最大の特徴ですが、他にもいくつもの共通点があります。
 ① 酒の価格設定がかなり低めである
 ② ツマミも安くて量がしっかりとある
 ③ 客のマナーが良くて雰囲気が明るい
 ④ 押しつけがましい接客がまったくない
 ⑤ 店員が元気いっぱい
「たきおか」だけは記事にしましたが、他の店も空気は似た感じ。
客の誰もが、そこに身を置いて飲んでいることに誇りを持っています。
こういう店を知ってしまうと、チェーンの居酒屋なんかバカバカしくてね。
上記の店は、どこで飲んでも2000円とは飲めませんね。
それまでに出来上がってしまうか、腹一杯になってしまいます。

早朝からの営業ではないのですが同じノリなのがこちら。
<西口やきとん@浅草橋>
上記の店と比べてしまうと、酒がやや高いですし、ツマミの量も控え目です。
焼きの串を見てみても、やや粒の小さい感じは否めません。
ですが、それらを忘れさせるだけの元気が、店に漲っています。
いかにも飲み屋にいるんだという感覚、堪えられません。

<番番@新宿>
これだけ飲み屋が並ぶには、それなりの理由があります。
実は、昨秋から「モツ行脚」をしていたんですね。
ここも、モツ目当てで訪れた店の中の一軒というわけです。
いやあ、楽しい楽しい。
若い衆と二人で訪れた時はその日の二軒目だったのですが、
ほどほど以上に飲んで食って、二人で3400円ぐらいでした。
酒好き飲み好き大集合!って感じで、店のざわめきがまたごちそう。
地下から階段で地上に出て、ようやく自分が歌舞伎町にいたことを思い出しました。

<秋元屋@野方>
2010年新規開拓部門No.1、それがここ「秋元屋」です。
酒、ツマミ、接客、雰囲気、どれも申し分ありません。
ただ、残念なことに、ここでは2000円で上げることはできません。
何を食べても美味しいので、つい注文が増えてしまうからです。
それでも、3000円飲み食いするのは、常人には不可能でしょう。
モツの下処理の丁寧さなどに見られる仕事は、決して目立ちません。
ですが、そこをおろそかにしないからこそ、あの美味が生まれます。
若い従業員も、みんなサラッとかっこいい。
客も客で、みんな笑顔がピカピカです。

あたしは、外で飲むのが嫌いではありません。
でも、高い酒に不味いツマミというパターンに辟易していたんです。
自分チでツマミを作って飲めば格安ですからね、あたしのバヤイは。
上に書き記した店は、そんなあたしには光明とさえ言えます。
ちょっと出かけて出先で飲みたくなった時には、重宝しますね。
今年はもう少し活動範囲を広げて、様々なエリアにお気に入りを持ちたいものです。
2011 / 01 / 24 ( Mon ) 17:27:47 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ダジャレ | ホーム | 2010年、印象に残った店>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/723-588697dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。