最近印象に残った食べ物


もちろん、不味くて印象に残るケースもあるにはありますが…。
今回は、美味しい印象が残っている食べ物限定です。
大作以降ややヘタレ気味なので、備忘録ということですね。

秋元屋@野方 テッポウ 1本100円
テッポウ@秋元屋
テッポウ=豚の直腸を、味噌味で串焼きにしたものです。
味噌と言っても普通の味噌ではなく、店オリジナルの味噌ダレですね。
適度な脂を残した焼き上がりのテッポウが、味噌で美味さ三倍増になります。
甲類焼酎をベースにしたホッピーとの相性も、抜群です。
画像はないのですが、ハツ=心臓の半焼きも衝撃的な美味さでした。
半焼き、チョイ焼き、若焼き、どれも同じで、要は生っぽく焼いたものです。

たきおか2号店@アメ横 牛モツ塩煮込み 300円
牛モツ塩煮込み@たきおか2号店
アメ横のたきおかは以前にご紹介しましたが、ここはその2号店です。
上記の秋元屋もそうなのですが、モツは今や豚が主流になっています。
ですから、牛モツを見るとついつい食べたくなってしまいますね。
ハチノス(第二胃)が見えてたりしますが、正真正銘牛のモツだけです。
       ↑ 「三」になってました!テーセー!
ニンニクが相当利いているので、キスの予定があるときは食べられません。

ホルモン@沼袋 レバーチョイ焼き 120円
レバーチョイ焼き@ホルモン
あらかじめ断っておきますが、豚レバーの生食は避けるべきです。
豚レバーの怖さは鮮度と無関係だという知識も、あった方がいいですね。
でもあたしは凡人なので、豚レバー生食の誘惑に負けてしまうことがあります。
この店にレバ刺しはなく、その代わりに生同然のチョイ焼きがメニューに。
見た目はまるで生ですが、口に含むとほんのり温かいのが不思議です。
安全性云々はさておいて(ホントはさておいちゃいけませんが…)、
レバーの鮮度だけを論じるなら、この店が断トツと言っていいでしょう。
昨年来のマイ・モツブームで結構食べましたが、鮮度はここが一番です。

飲み屋ばかりなので、その他も。

まつや@神田 かけそば 600円
かけそば@まつや
え?最近見たばかりの画像ですって?
そんなん、気のせい気のせい!
もりやざるばかりが蕎麦だと思っている人に、強くお勧めします。
この「かけ」は、何度食べても食べる度に美味しいと感じる一杯です。

シターラティアラ@新宿伊勢丹 恵方巻 各690円
恵方巻@シターラティアラ 全体
これじゃ、何が何だかさっぱり分かりませんね。
元から切れているのではなく、ウチで太巻きを切るように切りました。

断面はこんな風になってました。
恵方巻@シターラティアラ 断面

奥のベージュ色の皮に包まれているのがノンベジで、鶏肉が入ってます。
手前の緑はホウレンソウを練り込んだ皮に包まれた、ベジですね。
ご飯の味付けが異なっていて、ノンベジはトマトベースのやや辛い味でした。
ベジの方はスパイスがぐっと穏やかで、でも必要なだけは香るという調子でした。
野菜が冷凍のミックスベジタブルだったりしましたが、美味しく食べられました。
言ってみれば、チャパティでプラオを包んだような感じでしょうかね。
味もさることながら、見た目よりも食べ応えがあるのに驚きましたねえ。
へなちょこな恵方巻きを食べるぐらいなら、断然こっちですよ。
通年売ってくれたら、年四回の節分は全部これでもいいのにな。

各店のご案内リンクをつけようかと思ったんですが、面倒なのでやめます。
ホントに興味のある方は、ご自分でお探しになりますものね。


今思い出しても頬が緩むメニューばかりが並びました。
こんな調子で飲んだり食ったりしてたもんですから、2キロほど太ったようです。
頬に肉がついてホントに緩まないように、少し自制しないといけないかもしれません。

…、明日っからね。
2011 / 02 / 18 ( Fri ) 08:01:47 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<新三的蕎麦分析 | ホーム | かけそばの魅力、かけそばの美学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/729-9d1df204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |