行ってきたログ


技量審査場所の三日目に、両国国技館へ行ってきました。
「一人マス」という席があることをまるで知らなかったあたしですが、
その「一人マス」というのはこんな席でございました。

一人マス

この、三角定規のような形をした隅っこの席ですね。
座布団がはみ出るほどの狭さですがケツさえ入りゃいいってことで。

今場所はこういう状況なのでアルコールの持ち込みが禁じられています。
お茶屋さんの営業もなく、売店で売っているのもソフトドリンクだけです。
ところが、あたしの一つ前の一人マスに座っていたヤローが、
ワンカップみたいな酒をこっそり飲んじゃってるではありませんか。
こいつどうしてくれようかと思っていたら、係員が来ました。
アルコールが禁じられていることを告げて、没収してましたよ。
どうやらあたしの隣のマスに座っていたネーさんがいち早く気づき、
場内警備の係員に注進に及んだということだったようです。
そしたらその前の席のバカタレ、後ろを振り向いてネーさんに毒づくんです。
「余計なこと言いやがって、このおしゃべりめ。」だとか、
「俺が酒を飲んで、何か迷惑でもかけたか?」なんて調子ですね。

はい、あたしの頭の中で、「ブチッ」という大き目の音がしました。

ここからは、あたしのセリフが続きました。

おいテメエ、ふざけた口ぃきいてんじゃねーぞ。
今場所はこういうことになってて、チケットを買うときから
アルコールを持ち込めねーことぐらい分かってんだろう。
だからテメエも隠すようにして飲んでたんだろうがよ。
それをチクられたからって女相手にブーたれるとは、
男らしくねーにもホドがあるぞ、この大馬鹿ヤロー。
好きで見に来てるんなら最低限のルールを守ったらどうなんだ。
まだこれ以上四の五の言いやがると、つまみ出すぞ!


彼はそれきり振り向くことなく、ずっと土俵を見ていたようです。

肝心の相撲ですが、みんなそれなりに必死にやってました。
白鵬の強さは抜きん出ていますが、どの相撲取りも必死ですよ。
相撲取りは、相撲を取ることでしか食えませんからね。
早く元通りに相撲が取れる環境に戻れるといいなぁと感じました。
懸賞もなきゃ賜杯もないお茶屋もない、とにかく華がありません。
大相撲は、伝統芸能に匹敵する「興行」でなければいかんのです。

出口で震災の募金をやっていたので、ちょっと気持ちだけ。
通常の場所で三角形の席に座ったらこれぐらいかな…という金額を
募金の箱の中にするりと入れて、国技館を後にしました。

この日まで三連勝でゴキゲンだった、琴奨菊にばったり。

琴奨菊

相撲取りみんながこうして明るく笑える日が待ち遠しいですね。
2011 / 05 / 12 ( Thu ) 17:50:12 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<外人に話しかけられちゃう話 | ホーム | 義務と宿命>>
コメント
タイトル:ガブちゃんだっ!

ほんと、ゴキゲンな笑顔ですねー!うらやましー♪
わたしだったら「ガブピースやって~」とおねだりしていたことでしょう(笑)
肝心の取り口(得意技)をまるで知らないニワカですが、
とにかく現役でいられるお相撲さんたちには必死でがんばってほしいです。

そして赤文字フォント大の啖呵、さすが新三さんです。そうこなくっちゃ(´∀`)
とはいってみたものの、そういうバカジジイがいなくなればいいだけのことですね。
名前: elaathena #I678atB6 : 2011/05/14 00:05 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:おはようございます

お返事が遅くなりました。

ガブピースって、これですよね。
http://www.fujitv.co.jp/js/newest/backnumber/080817/digest-sub-2.html
琴奨菊は、とっても気のいいヤツです。

で、
>そして赤文字フォント大の啖呵、さすが新三さん
ふぉんとに~?…(寒)
まあ、言わずにはいられない状況でしたね。
ああいう馬鹿が減ればあたしの怒りも減りますね。
そうしたら、日本はもっと平和になることでしょう。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2011/05/15 09:34 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:お久しぶり

 この春、なんちゃって管理職から管理職に上がっちまったもので、こんな時間にも仕事しております。
 今、お江戸の名物といえば出来上がりつつあるスカイツリーですが、建設中の歌舞伎座が出来上がれば、その2者を「見に行こうねえ」と旦那に常々こえをかけておりました。それと同時に、「やっていたら」大相撲も見に行こうと話していたんですよ。子供のころから愛してきたお相撲ですからね。頑張ってほしいのは山々で、升席でのお弁当にも憧れ100%ですからね。まったく、、写真の笑顔には、涙出ますよ。新三さんの言われることは、まったくその通りで。ほんまに。。
 昨日は、松竹座に行って夜昼通しで見てきました。秀逸は松緑の「蘭平物狂」若いうちに後ろ盾を亡くした彼を正直案じておりましたが、彼の年齢でないとできない役柄の躍動感、子を思う父の心情、素晴らしく見ごたえがありましたよ。それにしても捕り方さんたちのアクロバティックな動きときたら、最高でございました。歌舞伎はまさに、あの人たちによって支えられておりますな。
名前: かおりん #- : 2011/05/16 00:04 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:返事が遅くなった!

かおりん、お久しぶりでした。
管理職が夜中に携帯からコメント、大丈夫?(笑)
ホントに、相撲はね、八百長にケチをつけるヤツが悪い。
相撲も歌舞伎も興行だってことを弁えて欲しいよ。

蘭平、松緑襲名のときに観たけどひどかったぞ。
いくらかでも良くなっているのであれば、
ヤツはヤツなりに精進しているってことだな。
それでなければ、ただのバカだけどさ。
名前: 新三 #brXp5Gdo : 2011/05/17 11:06 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/744-4a7b7760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |