リハビリテーション


<うそ寒や人のかたみのもの羽織り 山口青邨>

ぐっと冷えるようになりましたが、皆様にはお変わりありませんか?
あたしゃ鼻っ風邪を引いたようで、薄手のカーディガンなど羽織っています。
10月のアタマなんてのは半袖Tシャツに裸足と決まっているようなものですが、
今年はどうもそのような訳にはいかず、身の不摂生を省みているところです。

ブログの更新、とことん放置してました。
充電とか休養とか、そんな気の利いたものではなく、ただのサボりです。
なので、リハビリを兼ねてまた記事を上げてみようと思い立ちました。
風邪気味であることの憂さ晴らし…、と言えなくもないんですけど。

先週末、「ケーク・サレ」の専門店とやらに突撃してきました。

ケーク・サレ

もうね、サラダの量に圧倒されて、逃げ出したくなりましたね。
生野菜に味の濃いドレッシング、そして粉チーズのトッピングって…。
またくし形に切られたトマトが、「食堂感」を演出していますね。
パセリは添えなくていいのか、パセリはっ!

ケーク・サレのアップ

この皿の前に出たミネストローネは、ちゃんとした味がしてました。
で、メインのケーク・サレですが、味の差が分からないんですよ。
手前の赤いのが生ハムとパプリカ、真ん中の緑がバジルとクリームチーズ、
奥の黄色っぽいんがズッキーニとクリームチーズということでした。
生ハムやズッキーニはてっぺんに申し訳程度に乗っているだけでしたし、
それより何よりパプリカもバジルも個性が埋没してしまっています。
どれも同じような食感なので、香りが薄いと味の差が見えてきません。

デザートのケーク・スクレ

こちらはデザートとして供された、三種類のケーク・スクレです。
これまた味の差をはっきりつかむことができないラインナップでした。
手前の色の濃いのが塩キャラメルバナナ、真ん中がナッツで奥がオレンジ、かな?
こちらも没個性な感じが横溢していて、「何か違うよなぁ…。」と思いましたね。
添えてあるコンフィチュールも、何だかさっぱり分かりませんでした。
たぶんリンゴじゃないかなあ…という、恥ずかしながら、そんな程度の認識です。

結局は粉と卵とチーズ、キッシュのフィリングみたいなもんです。
あるいは卵豆腐の遠い親戚と言ってもおかしくはないでしょう。
ベースに味の強いものが多いので、野菜などが殺されてしまうのですね。
そこそこの期待を持っていただけに、残念な結果に終わってしまいました。

以前、人んちの集まりにお手製のケーク・サレを持参された方がありました。
あたしはその時初めてケーク・サレなるものを口にしたのですが、それは美味しかった。
今回の、人生二度目のケーク・サレは、なんつーかちょっとアレでした。
美味しいのがあれば、もう一度は挑戦してみたいものだと思っています。
お手製でも店舗紹介でも、どなたかあたしに挑戦状を叩きつけてください。

長くなりましたが、ちょっとだけ続きます。

ケーク・サレ屋を後にして、帰宅途中に発見したこれ。

汚い字

こんなに汚い字にお目にかかる機会は、滅多にあるものではありません。
そして別の看板の右下、隅っこの方に何やら添え書きがしてあります。

ポッキリ

え?950円でしょ?

ポッキソ?

よく見れば感じの「木」にマルをつけたようでもあり、最後が「ソ」のようでもあります。
でもね、この店、前からずっと行きたいと思っている店なんですよ。
こんな形でご挨拶することになるなんて、何と運命的な出会いなんでしょう。

近いうちに必ず行くから、皿を磨いて待っててちょうだい。
2011 / 10 / 03 ( Mon ) 11:00:56 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(5) | トップ↑
<<スマホ大作戦 | ホーム | 背番号、なな。>>
コメント
タイトル:

ぷw このお店インド料理だから
日本人じゃないのかもしれませんね、
このポスター書いた人w
最後の写真の円マークの場所も間違ってるし。
「どうぞ」が「どうだ」に見えて入ってみたくなりました。

ケークサレとかいう名前が気に入らないのですが、
特に一番上の真ん中の、店で出すレベルではないような気がする…^^;
ケーキ焼くの失敗して羊羹っぽくなったのに似てるかも?
絶対lebambooさんが焼いたものの方が美味しいだろうなぁ。
名前: 凌 #cDvBsRdY : 2011/10/03 11:18 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:げ、もうコメントついた!

そうね、インド人が書いたとしか思えない字です。
字というよりは、むしろ絵に近いかもしれません。
「お楽しみ下×い」だったりしてますしね。

ケーク・サレはまだまだ日本での認知度が低いので、
食べても美味しいのか不味いのか分かり難いんです。
そこに商売が成立する理由があるんでしょうね。
同行したカミさんは、「二度目はあり得ない」と言ってました。
あたしもまったく同感で、もうインド料理屋しか眼中にありません。
ケーク・サレよりカレーの方が合う、オッサン体質です!
名前: 金井義衛 #brXp5Gdo : 2011/10/03 11:53 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:

ケークサレの専門店って目黒でしょうか?
お食事会で食べたケークサレはそのお店で出してるレシピ本で作ったと聞いたんですが。。。
やっぱり商用に売るものより、こういう素朴なケーキは自分で作ったほうが美味しいってことですかね?

先日、久々にコチン行って来ましたよ。やっぱりここは美味しい!
名前: 晶 #uaIRrcRw : 2011/10/03 16:35 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こ、これは・・・

中目黒にある、宮殿の名前の店ですね。
もしや割引チケットでご利用されたのでしょうか?(←実はわたしも購入済み)
おまけに集まりで召し上がったケーク・サレは自分が焼いたモノのような気がしてきました・・・ひょえぇぇ(ФдФ)
参考にしたレシピの本物がイマイチって、どういうことだしょう??
もうツッコミどころがありすぎてなにがなんだかですわー( ̄▽ ̄;)
名前: elaathena #I678atB6 : 2011/10/03 20:12 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:こんちには。

横着するようで恐縮ですが、まとめてレスします。

まず、お二方ともお察しの通り、店はカフェ・ド・ヴェルサイユです。
あんまりいいことを書いていないので店名を控えたものの、
こうなってはもう隠しておく必要はありませんね。

結論から言えば、元祖であろうと唯一であろうと、
「物足りないものは物足りない」というのが印象です。
とくにパプリカ、色だけで香りがないのが不満です。
またミネストローネもバジルだったのに、ケーク・サレにも
バジルを使ったものが入っているのも減点対象です。
サラダを予め和えていないことも大量の粉チーズも、です。
コーヒーもいたって普通のものだったところからして、
いわゆる「フレンチ」ではないことは明白ですね。
「お好きなケーク・サレ一本のお土産つき」で、
ちゃんと金を払ったら2500円ぐらいらしいです。
ウチはポニッツのクーポンで1250円だかだったのですが、
あれに2500円は、ちょっと出せない感じです。
それなら高田馬場のラミティエのランチに2回行きます。
あるいは野方の秋元屋でベロベロになりたいと思います。

elaathenaさんがお持ち下さったのは、美味しかったです。
レシピが同じなら、材料か腕が違うのでしょう。
どうか、ご自分の舌でお確かめくださいますように。

でも、所詮はあたし個人の味覚の問題ですから…。
これから訪問されるなら、平常心で立ち向かって下さい。(笑)
訪問後は、ぜひとも感想をお聞かせ願いたいものです。

久しぶりのエントリが辛口で、あたしらしいかな。。。
名前: 金井義衛 #brXp5Gdo : 2011/10/04 11:51 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/764-8a895b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |