新たな決意


今年の目標は、「本気」ということになっていました。
あ、いや、過去形ではなく、それはそれで継続中です。
年が明けて目標だの誓いだのと言ってから1ヶ月ちょっと経つと、
あたしがこの世に生を受けた記念の国民的平日がやってきます。
お袋の介護やらお袋の介護やらで何かと自由の利かない日々ですが、
誕生日にちょっと考えたことがあるのでそれを書き記しておきます。

昨年一年間に読んだ短歌で、最も印象に残っているのがこれです。

【馬を洗はば馬の魂冴ゆるまで人恋はば人あやむるこころ】

馬を洗うなら、その魂が透けて見えるほどまでに徹底的に洗えと。
人に恋をするのなら、相手を殺してしまうほど徹底的に惚れろと。
エロティシズムの薫り立ち昇るこの一首、今では大のお気に入りです。
馬を洗うことと人を恋することをこうやって並べて、詩になるんですね。
馬の魂が冴えるまで…だけでも到底思いつかないような表現ですが、
人を恋するなら手にかけて殺してしまうほどにというその激情ぶり。
そしてそれをかくも見事に歌として仕上げる非凡な発想と技術。
この一首を知って、「ああ、すごい人がいるもんだなあ…」と感じました。
情けない話ですが、ただ漠然と「すごいなあ…」と感じたんです。

なにも、短歌が詠みたいとか馬を洗いたいとか、そういうことではありません。
相手をあやめるほど徹底的に人を好きになれたら、とても素敵だなと思うんです。
それは年頭の目標である「本気」に通じるところがあるからなので、
「本気」を「徹底的」と言い換えても何らの齟齬を感じるものではありません。

いつも「本気」で「徹底的」でいるツモリではいるんですよ、あたし。
ですが、いつしか「ある程度」でいることに慣れてしまっているかもしれません。
ホントは、まだその先の「本気」や「徹底的」があるかもしれないのに、です。


お袋と一緒に寝ていて、昨晩もあまり眠ることができませんでした。
先ほどデイサービスに送り出したので、少しベッドで横になろうと思っています。

馬を洗う夢を見たいものです。
人に恋をする夢を見たいものです。
そして何より、そういう人生を生きるという意志を持ちたいものです。
2012 / 02 / 13 ( Mon ) 09:53:24 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<めんどくせー話 | ホーム | 髪、切ったー♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/779-04c23e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |