あなたのお気に入りの店


久々に東京に出てくるという友人が、こんなメールをよこしました。

「あなたのお気に入りのところに連れていってくださいね。」

「『俺のお気に入り』って、いったいどこなんだろう?」

そりゃ、あちこちにいろいろなお気に入りを持ってますよ。
でも彼女の滞在の都合で、酌み交わすチャンスはただ一回だけ。
さて、どこへお連れすればいいものやら…。
と考えてみたのですが、結論は意外にあっさりと出ました。

そう、答えは「じんちゃん」です。
彼女の本来の上京目的である「学会」が終わる頃合いを見計らって合流、
本郷三丁目へ向かってじんちゃんに到着したのは17:25頃でした。
行列がないので「一番乗り、やりぃ~!」と思ったらさにあらず、
既に一回転目のお客さんがやらかしていたのには驚きました。
仕方がないので二回転目の先頭に並び、立ち話で近況報告などを交わします。
18時になると一組のお客さんが店を出て、あたしたちが入店できることに。
本来の開店時間に二回転目の先頭で入るってのは、不思議な感じですね。

二回転目なので、既にないメニューもあります。
そんな中でも、これだけのものを食べてきましたのん。

煮込み+玉子

じんちゃんは豚モツ屋なのですが、ハチノス(牛の第二胃)が入っています。
ハチノス、好きなんですよねえ、あたし。

DSCN0308.jpg

タンパク質だらけのメニューの中にあって、貴重なタンスイカブツ。
黒こしょうをビシビシ利かせた、大人の味です。

DSCN0309.jpg

モツ焼きの口直し用にちびちび齧って、最後まで取っておきます。
手前にあるスライムベスがとても大切で、それは後ほど明かしましょう。

DSCN0310.jpg

この皿が置かれると、焼き物への期待感で胸が高鳴ります。

DSCN0311.jpg

こんなに食べてから慌てて撮影したシロ、豚の小腸です。
この日のシロは、いつにもましてフレッシュだったように思います。

DSCN0312.jpg


焼きのハイライトの一つである天下無敵のテッポウ、豚の直腸です。
外カリ中フワの一大傑作で、あたしはこれより美味しいテッポウを知りません。


DSCN0313.jpg

カシラですが、文字通りの「頭」ではなく豚のコメカミの肉を指してこう呼びます。
これもあたしの好きな部位の一つなんですが、じんちゃんのカシラは肉質が均一です。
硬いところと軟らかいところが一串に刺さっているようなものではないんです。
適度な噛み応えと、噛んだ時に滲み出る肉汁がカシラの真骨頂ですね。

先ほどのスライムベスですが、こういう串にちょろっとつけて食べるんですよ。
スライムベスのためにキュウリを頼んでいるのかもしれません。

DSCN0314.jpg

ハイボールをバイスサワーに変え、これがナカ追加の二回目です。
ソトがほとんど入らん。

DSCN0315.jpg

すみません、どこの軟骨なのかがハッキリしないんですけど。
普通は豚の軟骨といえばバラ近くなんですが、じんちゃんのは違う気がするんです。
まあ、美味しいので細かいことは気にせず、ナンコツとだけしておきましょう。

DSCN0316.jpg

タンの語源はtongue、そのものズバリ「舌」ということです。
豚のタンは小さいので牛ほどの旨味はないのですが、じんちゃんのは別格。
たまらない旨さに、串から外れていたり撮影を忘れていたりするわけです。

DSCN0317.jpg

タンの語源がtongueならハツの語源はheart、言わずと知れた心臓でございます。
肝臓に比べると栄養価値の低い心臓ですが、歯応えと軽い味は抜群。
じんちゃんのハツには、ハツに必要とされるすべてが凝縮されています。

DSCN0318.jpg

アブラ…というんですが、これまたどこの脂なのか判然としません。
毒を食らわば皿まで、モツを食らわばアブラまで。
健康のことなんか気にしてたら、不健康になっちゃいますからね。

DSCN0319.jpg

テッポウが天下無敵なら、このツクネは唯我独尊です。
けっして奇を衒っている訳ではないのに、天下に無二のツクネです。
他の焼きは串打ちして仕込んであるのですが、ツクネは違います。
オーダーが入ってからミンチを串に打っていくのです。
ミンチが軟らかいので、仕込みが利かないんでしょうね。
食べたときにフワッと崩れる感じ、口を満たす汁と蒸気、最高です。

DSCN0321.jpg

最近よく飲む、桃割りです。
キンミヤ焼酎に桃エキスを垂らすのですが、桃エキス自体がそもそも正体不明。
でも、美味しい。
これを飲むお客さんはみんなペースが上がると、じんちゃんは言います。

この日はありつけませんでしたが、ガツ刺し(刺しといってもボイルしてある)、
レバ、とんび(豚の尾の煮込みで、とんび)など魅力的な品があふれています。
希少価値の高いハツモト(大動脈)やタン下(タンと下顎をつなぐ肉)は、
ファーストロットの一人目かせいぜい二人目ぐらいで終了してしまいます。
誰も注文しなければ残っている可能性はありますが、じんちゃんに一番乗りして
ハツモトやタン下を頼まない人はおそらくいないだろうと思うのです。
自分がどんなに早く行っても先客があれば一番乗りはかないません。
行列嫌いのあたしが行列を厭わないのは、最近ではじんちゃんだけです。


飲み食いした品の値段を記載しておきましょう。

・煮込み+玉子 350
・マカロニサラダ 200
・キュウリ 100
・串すべて 100
・ハイボール 350
・バイスサワー 380
・ナカ 250
・桃割り 350

二人で飲み食いした料金は、5000円に満たない額でした。


遠く姫路の先から来た友人も、大いに満足してくれてほっとしました。


じんちゃん、ありがとう。
じんちゃん、ご馳走様でした。
2012 / 05 / 29 ( Tue ) 12:25:02 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(4) | トップ↑
<<またしても、じんちゃん | ホーム | 転職>>
コメント
タイトル:

お・い・し・そ~!!!
なんでモントリオールに焼き鳥屋ってないんだろ?
丼屋とか焼き鳥、焼肉屋とかは、あってもよさそうなのになぁと思うのですが。
名前: 凌 #cDvBsRdY : 2012/05/29 12:31 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:お、お、おっ!

ブログでのやり取りは久しぶりだねー。

モントリオールには焼き鳥屋がないのか…。
この店は豚のモツを焼きて食わす店なんだけど、
内臓(フランス語のabats)は欧米圏の専売だろ。
内臓専門の店があってもいいような気がするけどね。

それはそうと、この店は相当なレベルだよ。
大勢で行くような店ではないけれど、
好きな人なら、わざわざ出向くに値するよ。

今回は、写真も意識的にアップショットばっか。(笑)
名前: 金井義衛 #brXp5Gdo : 2012/05/29 21:15 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うふふ

美味しさと、楽しさがよみがえってきます^^。おなかいっぱい、胸いっぱい!  
わたしの手、写ってました。あは^^
名前: かおる #- : 2012/05/30 23:35 :URL [ 編集] | トップ↑
タイトル:うわ!

名乗って出てやがる、バカタレめが。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ…
名前: 金井義衛 #brXp5Gdo : 2012/06/01 09:12 :URL [ 編集] | トップ↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/786-ee3b638f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |